« 今日の釧路湿原 | トップページ | 今日のヤマゲラ »

2022年4月17日 (日)

今日のエゾジカ

 山の中を歩いていると、道を右から左に渡るエゾジカ
Jika40メートルほど道の奥に入って、振り返り私を観察しているようです。それ以上こっちに寄るなよの表情なのか?樹々にまみれて見えないよなと思っているのか?お尻の白い毛を見ると、逆立ってはいないのでさほど緊張していない様子です。
 鹿のお尻の白い毛を尾鏡といいます。驚いたりすると臀部の筋肉が緊張して、白毛の部分が逆立ち盛り上がります。これによって仲間の鹿に自分が感じた異常を知らせたり、移動(逃げる)時に後ろの仲間の目印になっているのだそうです。
 こちらのエゾシカ君、枝分かれしていない角を持っています。これは一昨年(2020年)春に生まれたもうすぐ2歳の男の子、寒い冬を一人だったのか、若鹿たちとだったのか、何とか乗り切ったようです。もうすぐ角は落ちて、夏の間にもう少し大きな角が生えてくるのでしょう。
 上で「樹々にまみれて見えないよな」と書きましたが、鹿たちは捕食者であったオオカミたちと同じように、赤色(長い波長)が見えづらく、自身の茶色っぽい色が良く見えていないため、しっかりと隠れているように思っているのだとか。なので「動いたらばれる!」と思っているのかもしれません。
 エゾシカによる食害の被害については一旦横に置いて、若いエゾシカ君元気で過ごすのだよ~!! なお、数日前にエゾシカステーキを食べたことは彼には内緒です。

↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然と遊ぼう!R[アール]

|

« 今日の釧路湿原 | トップページ | 今日のヤマゲラ »