旅行・地域

2020年7月11日 (土)

今日のオシドリ

200706-0121 オシドリを探せ!写真の中にオシドリの母親とヒナが写っています。全部で何羽いるでしょうか。答えはこの記事の終わりにあります。

 上の写真をクリックして大きくすると分かりますが、オシドリの母親、メスの特徴は目の周りが白く囲まれて、白いアイラインが後頭部に長く引かれているようです。涼しい目という感じです。
 オシドリ夫婦とか言いますが、オシドリはツガイを作る時期と繁殖期以外は一緒に暮らさず、せいぜい1年の内4,5か月しか一緒に暮らさず、毎年相手を変えています・・・偶然同じ奴とツガうこともあるだろうけど。メスはご覧のように地味な保護色ですが、雄は繁殖期になると目立つ色合いとなります。あまりにも目立ち、その時ツガイが一緒なので「オシドリは夫婦仲が良い!」と思われたのカモしれません(カモ科だけに)。

 オシドリを探せ!答え合わせです。

 

 

 

 

200706-0122 赤丸が母親、青丸がヒナたちです。枯れ枝の近くにいるのヒナと母親と重なっているヒナが分かりにくいですね。母親の保護色だけでなく、ヒナたちが分かりづらいのは、彼らが生き残ってゆくための術なのでしょう。卵は一度に10個前後産むようですが、この時ヒナは6羽。事情は分かりませんが、色々あったのかもしれませんし、これからも色々あるのでしょう。自然の中で生きて行くのは厳しいものと、大きくなるにつれて数が減るオシドリやその他のカモを見ながら思います。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2020年7月 8日 (水)

今日の庭の花

 つい先日までにぎわっていたエゾキスゲは時期が過ぎ、花もほんの少し残るだけで、周りに他の雑草に覆われて始めています。他の植物よりも早く咲いて、これからは根に栄養を貯めるのでしょう。

 今日は朝から霧のような、雨のような。植物にとっては恵みの雨。しっとり水滴がついていました。只今庭に咲いている花を三種。名前は後から。

20200708-0051 蕾はピンクでしたが、花になると薄くなり白い花です。

200708-0041 北海道と言えば!

200708-0021 同じく北海道の歌にも出て来る!

 

 

 1枚目は、シャクナゲです。シャクナゲはピンクの花ですが、こちらのハクサンシャクナゲはご覧のように白い花を咲かせます。7,8年前、釧路の友人が暫く留守にしていた初冬の我が家に「良かったら育ててあげて」と置いて行ったものです。家に戻った時は地面が凍り始めていましたが、何とか穴を掘り春になれば定着するよな!と声を掛けながら見守った樹です。毎年ちゃんと花を咲かせています。

 2枚目は、ジャガイモの花。アンデスから右回りに地球を回って北海道へ。今では世界中で食べられている野菜です。意外と知られていませんが、ナスの仲間です。(ナス科ナス属)

 3枚目は、ハマナスです。ガイドを始めた頃、ハマナスだと説明したところ、「正式名称はハマナシ!!牧野富太郎先生がハマナシとおっしゃっている!!」と力説というか、説教されビビった覚えがあります。仕舞いには、「森繁久彌が知床旅情など唄って間違いを広めた!!」と森繁さんまで槍玉に上がっていました。ハマナスを見るたびにその時のことを思い出します。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2020年7月 6日 (月)

今日の青空

200706-047 朝早くには雨が降っていましたが、徐々に晴れて行き、思わず笑ってしまいたくなるような青空です。

200706-013 川の中にも空があります。風の無い川下り、ついつい漕ぐ手が止まります。

200706-0211 赤帽さんと黄帽さん、黄帽さんでトンボが一休み。どうぞどうぞ、ゆっくりしていってください。

200706-0531 展望台に上がると、緑の中で川が蛇行を繰り返し、それを青空が見守っているかのようです。

 夕方から霧が出てきましたが、今日の青空を思い出して、ビール、ビール!!

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2020年7月 5日 (日)

今日のホザキシモツケ

200705-003  久しぶりの青空です。薄い雲はあるけれど、夏らしい青い空です。本日の最高気温22.8℃、少々暑いくらいですが、心地よいです。

200703-0231 湿原の夏の花、ホザキシモツケが咲き始めました。一番に咲いた花、まだまだ蕾の物、夏の間次々に咲き、緑の葉と桃色の花を楽しませてくれます。

200703-019 ケバケバした姿から、一部地域ではデンブ花、桜デンブに似ているからだそうですが、当たり前のことながら、甘くはありません。また、このケバケバしたのは、花弁の倍ほどの長さで50本もあるオシベです。メシベは花弁の中で短く5本あります。
 ずいぶん前に実際本数を確認したメシベ、今日確認してみようと目を凝らしてみると・・・・なんとか5本確認できました。

 気温が上がって行くにしたがって、ホザキシモツケが湿原に増えてきます。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2020年7月 3日 (金)

今日の空蝉

200703-0121 賑やかだったエゾハルゼミの大合唱も落ち着いたようです。ふと、物置の扉(先日修理した扉とは別の扉)を見るとセミの抜け殻です。これの中身もその辺の樹にとまって、ヤイヤイと言っていたのだと思います。しばらく前に読んだ本にありましたが、従来セミは成長になってから1週間から10日で死ぬというように思われていましたが、ここ20年くらいの研究によって、種にもよりますがアブラゼミなどは1か月近く生きることが分かったそうです。・・・20年ってつい最近!、つい最近まで知られていなかったようです。といっても1か月でも儚いものです・・・でも幼虫としては、これまた種によって異なりますが3年から17年土の中で暮らしているそうな。そう考えると、昆虫の中では蝉は長生きのようです。空蝉を眺めつつ、生について考えるのでした。 ・・・・ちょっと自分を作り過ぎ!!

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2020年7月 1日 (水)

今日のキツツキ

 

 もののけが住む森で、このような音がよく聞こえます・・・アニメーション映画「もののけ姫」の木霊(コダマ)の音のイメージは、このキツツキの樹をつつく音だったと思います。
 巣にしたり、エサを獲るために樹をつつきますが、この音は大きな音を出して自分の存在をアピールするためのつつき・ドラミングと言われています。枯れて中が空洞の樹や家の板壁やアンテナなどもつついています。以前にも書きましたが、我が家の板壁、アンテナつつかれています。いつもは3月から5月頃にドラミングをしているのですが、この時期にどうしたのでしょうか。少し遅れて縄張り主張やら、メスにアピールなのか、実際のところはご本人聞いてみないとわかりませんが、何かアピールをしたかったようです。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2020年6月28日 (日)

今日のドア

S200529-001  しばらく前、樹の葉が茂る前だから、そこそこ前です。15年前に建てた物置、本体は問題無かったのですが、開き戸が歪んできたので修理しました。片側を蝶番で留める開き戸は、また歪むだろうとと吊り戸にしてみました。開閉はスムーズ・・・だいたい大丈夫です。

 こちらの物置を建てたときは、家を建てた際に出た建材の残りを使ってなんちゃって2X4、設計図は出たとこ勝負という作り方ではありましたが、しっかりと使えています。また何かを作りたいぞ!と時々無性に何かを作りたくなる、そんなこの頃。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2020年6月26日 (金)

今日のミヤマクワガタ

20200617-008 窓の向こう側から視線を感じたので見上げてみると、立派な顎を持ったミヤマクワガタが部屋を覗いていました。
 15年前にここに家を建てる前は、ほぼ30年間手が入っていない元牧草地のうっそうと樹が茂ったところでした。庭の先、今は借景としているこんな感じのところでした。クワガタやその他の昆虫や虫たちもたくさん、ご近所付き合いです。家の中の本棚の下で、ゴソゴソと音がしたので覗き込むと、ミヤマクワガタがホコリと共に出てきたこともあります。

20200617-005 家の外に回ると、窓の上に這い上がろうとしていましたが、窓枠に爪が掛からず、わちゃわちゃしています。窓の中を覗いていたわけではない!と言っていたのだとか。今後ともよろしくお願いいたします。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2020年6月23日 (火)

今日の散歩

200622-0071
 只今庭で絶賛咲き誇っている、エゾキスゲ。年々株が大きくなり、広がっています。この花を見ると、いよいよ夏だと思います。

200622-0221
 人の手が入った湿地のタンチョウ一羽。一体何を思うのか。一羽なのは、相方がヒナの面倒を見ているのでしょうか。ゆっくり、ゆっくりと歩いていました。

200622-0171
 エゾスカシユリです。花弁の根元(言い方がおかしいかな?だいたい分かっていただけるかと)が細くなっているのが、透かし彫りのようなのでこの名がついたとか。(諸説あるようです)

200622-0231
 今日も近所の牧草地で刈り取り作業が行われていました。刈りながら草を筋状に集めています。
 で、ここで気が付きました。7haの牧草地で1年間どれくらいのミルクが生産されるか、と先日クイズを出したままでした。牛一頭が1年間で、おおよそ1ha分のおおよそ牧草を食べるそうです。7haですから7頭分の牧草地となります。牛は一日に20Lから30Lのミルクを出すので、25L×365日×7頭=63875L が生産されるというのはあくまでも机の上の計算。実際は穀物も食べているし、水も飲むし、調子が悪い時もあるでしょうから実際は違うかと思いますが、計算上はこれくらいのようです。

200622-0271
 カラフトイバラも咲いています。ハマナスとよく似ていますが、ハマナスよりも花は小振りの同じバラ科の花です。しっかりと香っていました。

 散歩途中で見た、いろいろでした。で、先ほど村内放送で、我が家の近所の道道53号線をヒグマが渡ったそうです。時々見かけられる、同じ奴なのかな?この季節にエサ場を変えるそうです。警戒中の人に見つかりませんように。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2020年6月21日 (日)

今日のヒナ

200608-0061  散歩をしていると、頭上でスズメが賑やかに鳴いています。矢羽根付ポール(本名です)に止まって、まるで慌ててるかのように鳴き続けています。何事かと思いみていると、小さな別の声も・・・・辺りを見回すと、

200619-0041 道路の真ん中にスズメのヒナが佇んでいます。ピーピーと声は小さいですが、しっかりと鳴いています。スズメを含め野鳥たちは状況によって、人工物を利用して巣を作ることがあります。一枚目の矢羽根付ポールの写真右に赤い矢印を描きましたが、そのポールの空洞を使ってよく巣を作ります。どうやら道路にいたヒナはパイプの空洞の巣で産まれ育って・・・飛び損ねたか、落ちてしまったようです。痛ててと言ったかは分かりませんが、落ちて親が心配してるところに私が通り掛かったようです。鳥のヒナが落ちていても拾うのは、親鳥にとっては誘拐!とよく言いますので、そのまま見知らぬふりをして、とも思いましたが、道の真ん中です。車が通ります。そのままには出来ないので、人間(別の動物)の匂いが付くのはよくないと言いますので、フキの葉っぱを取ってきてなんとか乗せて道の端まで移動させました。後は親が何とかするはずです。

 さて、このヒナは一体どうしたのか。慌てていた親が降りてきて何とかしたのか。キツネもいます猫もいます、もちろんキツネや猫にも暮らしがあります。雨も降ります。巣を襲われることもありますが、巣から離れるとさらに危険が一杯です。野生動物が生きるといういことは、そんなことにも抗うことなのだと思いながら散歩を続けました。

 先に書きました「ヒナを拾うのは、親鳥にとっては誘拐」につきましては、日本野鳥の会のサイトに詳しくありますので、ご覧ください。→→→https://www.birdfan.net/about/faq/find_hina.html

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

より以前の記事一覧