旅行・地域

2020年9月17日 (木)

今日の収穫

 この十日ほどの間に、真夏日があったり、例年より早くに最低気温が10℃以下(もちろんプラスです)になったり、パキっと晴れない日が続き、「何を着たらいいのだろう?」と迷ったりしています。
 でも、ビニールハウスの中はまだまだ夏のまま、

200915-012 黄色いのやら、

200915-0111 赤いのやら、

200917-0141 これから食べ頃になるヤツやら、新鮮野菜、朝採りというか採られたトマトたちが採られたことに気付く前に食べています。茎についたまま熟したトマトは、甘くて味がしっかりしています。

200916-002 台所に置いてあるとちょいと摘まんだりして、美味しくいただいています。それにしても、トマトの種類色々あるものです。トマト、楽しませてくれます。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2020年9月15日 (火)

今日のツルウメモドキ

200915-00111  ツルウメモドキです。実りが良いというのか、一所にこれだけ実がついているのは珍しいように思います。バックの緑と青い空が、ツルウメモドキの赤と黄色を際立たせています。
 ツルウメモドキは自立できないので、他の樹木に巻き付き陽の当たるところを目指します。時には巻き付きが強すぎて、巻き付いていた樹木を絞め殺して樹を枯らしてしまうこともあるので、庭木にツルウメモドキを見つけると早めに刈ってやらないといけません。こちらの写真は電柱を支えている支線のワイヤーに巻き付いています。絞め殺して倒れることはありませんが、あまり巻き付くと数年後には電線の保守作業で刈られてしまうかも。ツルウメモドキの今後に注目したいと思います。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2020年9月13日 (日)

今日の菱

200913-009 塘路湖でカヌーを漕いでいると、水草のヒシがちぎれて流れていたのでカヌーの上で植物観察です。ずいぶんと涼しくなりヒシも枯れて沈みつつあるので、葉も鮮やかな緑から黄色になっています。
 暑かった頃、ヒシの花が咲いていたブログです→→→「今日のリョウ」8月6日
 ブログの写真は水の上から、上の写真は水から引き揚げ下から見ています。

 実がふたつと実になりはじめがひとつついています。分かりにくいので・・・・
200913-0092 赤丸が実で、青丸が実になりかけです。
 このヒシの実ができると、ヒシクイが食べにやってきます。尖った部分にはさらに細い針のような硬い毛がついていて、食べに来たヒシクイの毛に絡みつきます。そしてヒシクイが移動すると、実である種も拡散されるわけです。ある程度はヒシクイに食べられますが、ヒシクイによって種がばら撒いてもらえるという、ヒシとヒシクイの持ちつ持たれつの関係があるようです。

 実は尖った立体的な形をしています。これと同じような形を鉄や焼き物で作って、忍者は持ち歩き逃げるときには撒いて逃げて、追手の足止めに使うマキビシ(撒き菱)としてそうです。草鞋や足袋で踏んだら、走ることも歩くことも出来なさそうです。

 菱話をもう一つ。
 雛祭りで食べる菱餅。元々はこの実の中にあるデンプンで作ったそうです。菱の実はたくさん付けることから「子孫繁栄」に繋がると考えられたようです。(いつものように諸説あるようです)

 ちぎれた菱を引き上げて、あれこれでした。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2020年9月11日 (金)

今日の滝三題

 釧路湿原を離れて、滝巡りに出掛けました。

200911-012 オンネトーの湯の滝です。冬に来ると湯気がモウモウと立ち上がっているところです。今は温かい水が流れています。
 なんでも、微生物がマンガン鉱物を生成するのを陸上で見ることが出来る世界で唯一のところらしいです。駐車場に車を停めて、30分歩けば到着できます。(地図をちゃんとご覧になって歩いてください)
 微生物がマンガン鉱物を生成というのは・・・・
200911-006ということだそうです。地球が出来て暫くした35億年前、生物の生命維持に不可欠な酸素がどのように出来たかが解明される・・・・壮大過ぎます。
200911-008 そんな滝のそばで、トリカブト群生していました。 

200911-020 白藤の滝です。雌阿寒岳の中腹から流れ出た水が国道241号線を潜り、白藤の滝となります。勢いよく流れ落ちる水の白さ、放物線を描く水の形から白藤と名付けられたようです。この水は、白水川、足寄川、利別川、十勝川と名前を変えて太平洋に流れ出ます。

200911-032 阿寒湖から流れ出る阿寒川の始まりにある滝です。紅葉の頃はカメラマンの三脚が林立します。滝の名前は無いようですが、滝見橋から見える滝とい言ったところでしょうか。

 とここまで書いて、デジャブを感じました。
 2013年10月15日 今日の三滝
 おおよそ同じことを書いています。2000回も書いていると、こんなことありますから~。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2020年9月 9日 (水)

今日の釧路湿原

 釧路湿原の空です。

200908-0021 秋らしいうろこ雲、正式名称は巻積雲。台風の影響で南から入った暖かい湿った空気のお陰で昨日は真夏日でした。鶴居の9月の最高気温を更新した、32.0℃でした。ちなみに最も遅い真夏日は9月10日、昨年2019年に記録しています。

 しばらくして焼けると、
200908-0201 夕焼けに焼けた雲、暑かったことを忘れそうになるくらいの美しい色でした。

200909-0021 雲を見て、ああだ、こうだと妄想します。あの雲があれで、あれがこれで、まとめる能力があれば物語が作れそうです。

200909-0131 海霧が入ってきた釧路湿原、細岡展望台より。阿寒の山々は見えないけれど、霧と釧路湿原は絵になります。

200908-0091 昨日の日没30分前。雲に隠れた太陽がうれしくなるような、暑い日でした。

 昨日、今日の釧路湿原や湿原の空、色々でした。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2020年9月 7日 (月)

今日の薄荷

200904-0061 茎からそのまま紫の花、葉と葉の間に何段にも分かれて茎を巻いているように咲いています。ハッカ、ミントです。葉をちぎって手で揉むと、あのハッカのスッとした香りがします。

 ハッカを漢字で書くと薄荷です。中国から伝わった漢字を日本語読みしたそうですが、薄い荷とは??たくさんのハッカから抽出されるオイルは少しなので荷が薄くなるのでとか由来が書かれていますが、なんだか眉唾なお話です。もしご存じの方、そっと教えてください。
 また、茎に輪をはめたように咲く形は、お寺にある塔なので上にある相輪の形の元となったとか。漢方だけでなく世界各地の民間療法でもしようされているので、ありがたい植物を塔の先端に飾ったのだろうかと想像しています。

 30年前にモロッコを旅した時、食堂や屋台、ご家庭でも出てくるのはミントティーでした。たっぷりのミントの葉にお湯を注いで、たくさんの砂糖を入れて飲むミントティー、灼熱の地では心地よい飲み物だった覚えがあります。
 モロッコの都市を歌った「マラケッシュ」という歌には、♪ミントティー飲んだら 眠りなさい~♪とありますが、ミントの効能は血液循環促進、大脳皮質や延髄を興奮させるのだとか・・・寝れませんがなと思ったのでした。

==追記==
「「薄荷」とは、入り交じって群がり生える(薄)地下茎の草(荷)という意味」北見ハッカ記念館のサイトよりhttp://www.kitamihakka.jp/

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2020年9月 5日 (土)

今日の釧路川

200905-0061  青空、雲、霧も少しの全体的に良い天気で、川下り後は暑くなるような、今日1日でした。

 昨日と本日は公的機関のイベントのお手伝いとなり、いつもと違って、
200905-0021 大人数の参加者で川を下り、(私は撮影隊カヌー)

200904-0101 こんな葦をかき分け歩いたり、説明を聞いたりしました。

S200905-0021 カヌーの師匠(教えたっけ?とか言いますが)でもある先輩ガイドと久しぶりに一緒に仕事となりました。写真は厳しい反省会の後「お互い変わりまへんなぁ」と言っているとこです。

 たまには違ったスタイルの仕事も楽しいものだと思った、二日間でした。

 

===祝 2000回!!===
 今回の記事で、東の端から「こんにちは!!」が2000回目の記事となりました。2006年3月から書き出して14年半、自分の手の届くところ、目の届くところを書いてきました。三日坊主な私が続けてこれたのも、気負わずに好きなことを書き、それを読んでくれる方々居るからだと思います。これからも、クスっと笑ったり、へぇ~そんなんだと思ったり、時には考えていただけるようなことを書いてゆきたいと思います。
 今まで読んで頂いてありがとうございます。そして、これからもよろしくお願いいたします。 R[アール]氏原英和

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2020年9月 3日 (木)

今日の別寒辺牛川

200901-0011 天気が良かった長月初日、別寒辺牛川を下りました。この川を好きなのは、山の間を下り、

200901-0051 曲がりくねった川を下り、

200901-0071 広くなってゆったり流れる。2時間半くらいの間で、川の上流、中流、下流の風景が楽しめます。きっと1000年、2000年そんなに風景は変わっていないのでしょう。

200901-0091 川下りを終えて、片付けているとこんな看板が!ちゃんとカヌー乗降場として整備されている場所なのですが・・・そうなんだ川下りはあそびじゃないんだ!生き様なんだ!とか言ってみました。

 冗談はさて置き、別寒辺牛川、とても良い川です。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

 

|

2020年8月31日 (月)

今日のトリカブト

 本日(31日)の20時現在、今日の最低気温10.8℃、最高気温16.9℃となっています。夏からいきなり秋が深まったような気がします。でもまた気温が高くなる予報も出ています。猛暑の地域の方には羨ましがられますが、暑かったり、涼しかったり、寒かったり、身体がついてゆけません。

 夏の終わりの花です。
200831-0151  トリカブトです。
 殺人事件にトリカブトの毒が使われたこともあるので、良くないイメージがありますが奇麗な花です。漢方でも利用されますし、狩人はこの毒を使って獲物を得ていたそうです。また、トリカブトの毒である附子にまつわる狂言「附子」という演目もあるので、毒として知られるだけでなく、もっと身近にあったものなのかもしれません。

200831-0181 花、葉、茎、実、特に根に毒があります。花の蜜にも毒があるようですが、写真のアブには毒が効かないのでしょう。毒を含む花ですが、使い方によっては人の役に立つトリカブト、一般人は奇麗な花を観賞して楽しむのが良いようです。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2020年8月29日 (土)

今日のオジロワシ

20200719-0251 あまり歩きに行かないところ歩いていると、バサリと大きな音がしました。オジロワシが飛び立ったところです。こんなところに居るとは思わなかったのでボケ~と歩いていたのですが、近寄ってしまった私に驚いたのか、飛び去ってゆきました。スマン!

20200719-0271 翼を広げると約2mの大きさの鳥です。ハシブトガラスが翼を広げると1mくらいなので、ハシブトガラスが2羽並んでいるくらいの大きさです。
 魚を獲る鳥なので、魚が居る川の近く、海の近く、湖の近くにいると思っていましたが、何かエサがになるようなものがあったのか?もし動物が死んでいたのであれば、他のオジロワシやトビやカラスもいるだろうにと色々想いながら歩き続けました。「オマエノアタマデカンガエテワカルクライタンジュンチャウヨ」と声が聞こえたような気がしました。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

より以前の記事一覧