音楽

2019年7月 2日 (火)

今日のイソツツジ

20190623-0061 湿原で出会ったイソツツジ、この季節に咲きます。小さな花が30くらいついてひとつの塊として、湿原の緑の中でポテっと咲いています。名前はエゾツツジを誤ったか転訛したとか、確かに磯ではない内陸で咲いています。でも、エゾツツジは全く別の赤い花と言うのがややこしいです。イソツツジは北海道や東北の北部に咲きます。この花も湿原に夏を告げる花であることは間違いないです。

 夏を告げるといいつつ、5月と比べて6月の方が寒かった気がします。5月と6月の気温の記録を見ると、平均最低気温は4.5℃から9.3℃と上がったり、平均気温は11.7℃から13.6℃と少しだけ上がり、平均最高気温は19.0℃から18.7℃と下がっていました。最高気温が下がってしまうとは、確かに今年の5月は特別に暑かったのだけどと汗をかいた日々を思い出してる文月の始まりです。

190630-0071 先日、浦幌で行なわれたパーカッショニスト・山北のりひこのライブを観に行きました。初めて会ったのは20年近く前、ライブに出掛けたり、釧路のライブを手伝ったり、そのうち彼が奄美に引っ越して今回久しぶり会いました。力強く、そして優しい演奏や唄、更に深みが増したのは日々の精進のせいなのか!!

190630-0021 足に着けた木製の鈴も軽やかにリズムを刻みます。

190630-014 観客皆でリズムを取り、笑い、唄い、一体になったライブ会場、もうちょっとで踊りそうになりました・・・踊れないけど。写真は演奏した楽器の数々。全て手作りの楽器です。
 急に思い立ち、少し遠くではあったものの参加できて良かったライブ!身体中で楽しみました。機会があれば、ぜひライブにご参加ください。

 山北のりひこの新曲「奇跡のしま」

・奄美の「ジュラシックビーチ」嘉徳HP
https://amamiworldheritage.org/…/save-katoku-beach-juras…/ja
この曲の舞台となった浜です。美しい写真たくさん!!

・ただ今北海道ツアー中
https://ameblo.jp/tsuchinoue/entry-12479658529.html

 

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2019年3月13日 (水)

今日の軒下

190313_0051
 一昨日(11日)の夜から振り始めた雪は、昨日(12日)の朝には20cm積もっていました。この時期らしい湿った雪で、軽い雪なら一押しで出来る除雪が2回に、3回に分けてやら無くてはならない湿った雪でした。今シーズンはたいした雪カキ作業をしていませんでしたが、ここに来てどっと来たようです。出来ればこれが今シーズン最後であって欲しい・・・でもまた来るのだろうな~。
 まだまだ屋根に残った雪が解けて落ち続ける、軒下でした。

190313_007
 ラジオ少年だった高校の頃、ラジオから流れてきた「GODIEGO」の”DEAD END”、曲のメッセージや日本のロックについて詳しいことは分からないものの「カッコいい!!カッコいいぞ!!」となけなしの小遣いでLPを買って毎日聴き続け、友人達に「GODIEGOはいいぞ!カッコいいぞ!」といい続けました。その後、モンキーマジック、ガンダーラ、銀河鉄道999、ビューティフルネームが大ヒットだけど、違う、そうじゃない”DEAD END”のような退廃的でありながらも美しい曲が聴きたい、と勝手なことを思いながら聴いていたLPは今も実家のどこかにあるはず。そんなことをふと思い出し、改めてCDで入手しました。40年前の高校生の時、これを聴いていたのだと懐かしさと共にやっぱりカッコいいぜ!!と思うのでした。

 
 
  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2018年11月23日 (金)

今日のアルゼンチンタンゴ

181118_0271
 昭和の終わり近く、勤めていた会社の企画で社交ダンスの講習会に参加(強制でした)したことがありました。その際講師の方に、「彼(私です)のような方がいると和みますね」と講評いただいたことがあります。よくよく考えるとあんまりじゃないか!!

 霜柱が伸びたり 初雪が降る 少し前。いろんな繋がりや偶然から、アルゼンチンタンゴの体験会に参加しました。当然事ながら、2時間程度で踊れるわけもなく、後で頂いた写真には、動かざること棒杭の如しでしなやかさが微塵にもない私が写ってしました。そんな私ですが、音楽に身を委ねて、パートナーをリードしながら踊れたら楽しいのだろうな、と言うことをぼんやりと思いました。音楽を聴く楽しさや演奏する楽しさと同じくらいで、踊ることが出来たら楽しいのかな?とか思います。

 写真は、大阪からいらした先生と地元で講習会を開いている先生のダンス。殺風景なスタジオですが、お二人が踊られると、地球の裏ブレノスアイレスのダンスフロアになったかのような優雅さ、楽しさ、美しさ、そしてパッションでした。素晴らしかったです。

181118_0273
 どうして、あんなふうに軽やかにステップが出来るのだろう。

 いつもの私には縁遠い、踊るということ、新しいことをやってみるのも楽しかったです。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2018年11月21日 (水)

今日の初雪

 速報です!今日ようやく初雪が降りました。

181121_0141_3 降り始めは10時過ぎ、チラチラ降っていた雪がだんだんと雪粒が大きくなりました。

181121_0261 あっと言う間に、こんな感じです。

181121_0251 夕方の庭の風景です。薄っすらとですが、間違いなく雪景色です。

 釧路気象台の初雪の平均日は11月10日、データはありませんが鶴居村もおおよそそのくらいなので(たぶん!)11日遅れといったところです。
 この雪は数日中に解けて、根雪となるのはまだまだ先ですが、ようやくやってきた初雪に少しホッとして、冬支度です。

Bo
 昨夜、今話題になっている映画「ボヘミアンラプソディ」を観に行きました。2時間13分と長めの映画ですが、間延びすることも無く音楽に浸りながら楽しめました。
 ボヘミアンラプソディが流行ったのは40数年前。6分の長い曲がカットされずに流れるか、否かをラジオ少年だった私は色んな番組を聴きながら楽しみにしていました。でも、色物を楽しむようでした。ところが、どちらかと言うとおとなしい同級生のM君がQueenの素晴らしさを話し、持っているアルバムを録音したカセットを譲ってくれてしっかりと聴き、おおボヘミアンラプソディだけではないぞ~と思い、カセットを繰り返し聴きました。そんなことを思い出しながら見た昨日の映画でした。
 Queenが好きだった方はもちろん、Queenの曲を聴いたこのある方、そうでない方もぜひご覧になってください、お勧めします。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]
 
 

|

2017年10月16日 (月)

今日の駆け足

 先日のブログ の続きです。そのまま、西へ西へ。

171009_015
 飛行機に乗って、西へ南へ。

S171010_003
 紅葉はまだまだ早いようです。もちろん、緑の葉も美しい。

171013_001
 たまたま通りかかった、ほぼ半世紀前に卒園した幼稚園前。目の前にあった市場は、整備されて通りなっていました。この市場の魚屋さんで、イワシをひと箱ひっくり返したことを何十年ぶりに思い出しました。

S171010_010_2
 実るほど頭を垂れていた稲穂です。稲作が行われていない東の端では珍しい風景、しばし見とれていました。

S171013_0041
 高校の先輩のライブへ。グランドで泥まみれになって練習していた頃とは打って変わって、繊細なウクレレに歌声、大阪ですがハワイアン・ナイト、楽しかったです。

 駆け足の旅でしたが、冬に近付いている東の端から、少し季節を戻して秋を楽しみました。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2017年7月17日 (月)

今日の顔

005
 川下り中に出会った親子、当たり前だけど同じ顔しています。この後、親子同時に「カヌーが行ったから、続きを食べよう」と頭を草に突っ込んでいました。彼らもきっと暑さがひと段落して、ほっとしているのでしょう。でも、まだ7月です。

 連休中の色々。

003
 ご近所の釣り師から頂いた、ヤマベ。サクラマス の海に下らなかったものです。てんぷらにして、日本酒で頂きました。柔らかく、しっかりした味の魚です。

002
 連休前半まで続いた、暑い日々。16日には少し雨が降って、落ち着きました。雨が付いた蜘蛛の巣は綺麗だけど、蜘蛛にとっては嫌な雨です。

004
 川下り途中に出会うことが多いノロッコ号。時にはちょっと違った場所から眺めるのも、いい感じです。この場所ではゆっくりとは走っていませんでしたが、お互い目が合えば、手を振り合います。

 連休中に出会った、色々でした。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2016年6月27日 (月)

今日の紀信

160627_0051
 どんなもんじゃい!と私が威張ることも無いのですが、正々堂々と青空、晴れです。雨雨雨、ちょっと晴れ、雨雨・・・・・・という天気が続いていたので、青空がうれしいです。久しぶりの20℃越えでした。

Jy
 行きたいと思いながら遅れ遅れになり、会期の終わり間際に出掛けました「篠山紀信展 写真力」、帯広美術館。馴れた帯広への道130km、車で2時間でした。

 篠山紀信が素晴らしい写真家であることは当たり前ですが、美術館での展示は大迫力でした。今まで写真集やネット上で見たことある写真がまったく違って見えました。また、展示の仕方、見せ方も(写真の組み方というのかな)素晴らしかったです。
 写真展の様子、新聞社のサイトです→→→http://goo.gl/OM1mwc  
 数年前の東京での様子です→→→http://goo.gl/CPSQkU

 心に残った作品について、いろいろです。↑↑上のサイトでも見ることができるものもあります。ぜひ、ご覧になってください。
・山口百恵18歳、色っぽいです。大原麗子、夏目雅子、宮沢りえ・・・皆きれいです。元々きれいな方から、さらに美しさを引き出すのが写真家なのでしょう。
・スポーツマンの肉体、時には笑顔、美しいです。
・1995年、貴乃花と曙が横綱だった時、国技館に相撲関係者一同(力士、行司、親方、呼出・・・・)の写真、手前から奥まで端から端まで焦点が合っています!!そして写っている1000人(くらいかな?)の皆しっかりとカメラを見ています。どうやったらこれだけ多くの人を集中させられるのか!
・若い頃の黒柳徹子、ちょっと浅野あつこに似ているような・・・・。
・1992年、出来立ての東京都庁をバックに、座頭市姿の勝新太郎、存在感あります!この写真の意図は、座頭市のきめゼリフ「嫌な、渡世(都政)だな」なのか?!
 写真を思い出して、あれこれを興奮気味に書いてしまっています。

 素晴らしい写真展でした。来年は横浜でも開催される様子、お近くの方はぜひ!!お勧めします。

 やっぱり、もうひとつ!
 一番心に残ったのは、Jonh&Youkoの写真。美術館の入り口にドーンと!いきなり見入ってしまいました。
 この写真がジャケットとなったアルバム(もちろんレコード!)の発売直後にJonhは撃たれてしまいました。1980年12月9日、高校卒業目前でした。事件のこと、自分のこと、当時の社会やいろんなことを思い出しました。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
 自然と遊ぼう!R[アール]

|

2016年5月18日 (水)

今日のルバーブ

160514_0031
 ルバーブの蕾です。小さな花がいっぱい集まっています。

160514_0011
 大きな葉っぱの真ん中で、花が咲き出し始めたのですが、茎をジャムにするので、盛大に花が咲かれると茎が貧弱になるそうで、花は切り取ってしまいます。畑の片隅で、もう5年くらい育っているルバーブ、茎のずいぶんと太くなっています。もうしばらくすると、酸っぱいジャムが楽しめます。

160517_010
 昨夜(5月17日)弟子屈にて、ガイド仲間で宿主、はたまたミュージシャンの小川清史とブルース・ハーピストの西村ヒロさんのユニット「Riders in the sky」のライブに出掛けました。ギターにベースにブルースハープ、時々ライブハウスのオーナーのカホン、楽器の数はシンプルだけどそれぞれの力強い演奏を楽しみました。なかでも、好きなブルース・ハープ、第一人者の演奏を間近で見ることが出来てとても楽しい夜でした。テクニック、パワーときには胸に染みる音、最高でした。

160518_003
 ハーピストの西村ヒロさんが書いた、教則本を本箱から引っ張り出して持参、サインしていただきました。「とにかく吹いて楽しんだらいいよ!!」、うーん楽しめるくらい吹けたらいいな~!!

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
 自然と遊ぼう!R[アール]

|

2016年4月22日 (金)

今日のカラス

20160422_007
 先日のブログ で、エゾシカの毛変りについて書きましたが、我が家の犬も毛変りをしていて、次々に毛が抜けます。すでに一匹分以上の毛が抜けたような気がします、一匹しか飼っていませんが。
 その小屋辺りをカラスが二羽うろついています。何をしているのかとよく見ると、犬の抜けた毛を集めて咥えています。カラス達は卵を温める巣作りの季節です。巣材に良いのでしょう、二羽で懸命に集めています。羊毛ではありませんが、獣毛100%ずいぶんと暖かい事だと思います。
 そんなカラスの役に立っているとは露知らず、我が家の犬は春の陽を浴びて無防備に昼寝をしています。

 このカラスを見ていて、浮かんだ曲はこちら→→https://goo.gl/vuT2rc あの名曲の元歌です。

 ところで、オオジシギのディスプレイ飛行を見てにぎやかな声を聞きました。ヒバリも鳴いています。アオジも鳴いています。なのにウグイスの初音はまだ聞こえていません。「聞いたよ~」と皆さん言っているのですが、私はまだ!ウグイスに嫌われたのか?避けられているのか?早く聞きたい、春の声です。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
 自然と遊ぼう!R[アール]

|

2015年7月23日 (木)

今日の川

150722_012
 雨が降ったり止んだりの川下りです。気温は高いので、ショボショボと降る雨は嫌にはなりません。「雨が降らないと川は流れない。天気も自然の内。」
 時おり川霧が立ちます。川霧の中を漕ぐと頭に浮かぶのは、The BeatlesのAcross the Universe。

 20年ほど前に自分のファルト・ボートで下った時も雨が降り、川霧の中を漕いだ時に頭に浮かんだ曲です。いくつかのバージョンがありますが、私が好きなのはこのBird version、水鳥と共に川に居る気持ちになります。

150722_0051_2
 河畔の樹を見上げると、オジロワシがどこかの国のエンブレムのように翼を広げています。雨に打たれて、濡れた羽根を乾かしているのでしょうか。ユルユルと吹く風に当たっていました。

 そんな風景の中、頭の中ではAcross the Universeの一節「Jai Guru Deva Om Nothing's gone change my world」歌詞の意味とはまったく関係なく、頭の中で繰り返します。

 雨の川下りも、良いです。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
 自然と遊ぼう!R[アール]

|

より以前の記事一覧