タンチョウ

2018年11月 2日 (金)

今日の雌阿寒岳

20181102_0061
 先月30日に「雌阿寒岳に今シーズン初冠雪」の報がありましたが、天気は良いものの数日の間雌阿寒岳は雲に隠れていたので、どんな風に白くなっているのかと思っていると今日はお山が見えています。
 もっと白くなっているかと思いましたが、ほんの少し雪があるかな?程度でした。今年は雪がゆっくりなようですが、果たしてどんな冬になるでしょうか。

 一番に左のピークが阿寒富士です。その右側に続くいくつもピークがあるのが雌阿寒岳、上から見るとこんな感じです。
Meakan_2

 写真の上が北西です。ちょうど鶴居村から見た図を上空から見ています。Googleマップ、便利です。阿寒富士1476m、雌阿寒岳1499mです。

 最初の雌阿寒岳の写真を撮ろうとしたとき、手前の牧草地にタンチョウが二羽いるのが見えました。今日のメインは雌阿寒だからね~、とタンチョウを気にせずに撮りましたが、なんとなく左端に写っています。何気なく撮った写真に入り込むタンチョウ、さすが鶴居村です。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]
 

|

2018年10月30日 (火)

今日の川下り

181026_0081

 先日の夫婦 とは場所も違い、見た感じが若いようなので別の夫婦のようです。オジロワシの夫婦はメスの方が大きいことが多いので、右側がメスのようです。先のブログ で、身体は大きくとも、オスが高い所にいるのは、メスがオスを立てているのか?などと書きましたが、この夫婦もオスが高い所にいます。オスを立てているのか、ただ単に重い方が根元にいるとが安定しているからなのか、今後の観察の課題です。

181026_0121
 タンチョウを見つけ彼らを避けて反対の岸側に寄ったのですが、我々を見ずに何かを気にしている様子。そのうち「コォーッ!!」と鋭い声を発しました。それと同時に飛び出し走り出したキタキツネ、写真右端で走って逃げています。キタキツネがタンチョウを狙ったのか、ただの行き違いの際にタンチョウに脅かされたのか?キタキツネもつらいよ、です。

181026_0111
 恋の季節で大忙しのエゾシカのオスです。この1週間、いつも以上にラッティング・コールが騒がしいエゾシカ。夜には、メスにアピールしたり、別のオスと縄張り争いをして、別世界のように「クォーーーン!、クォーーーン!」と鳴いて・・・叫んでいます。
 こちらのオスは、恋もお腹が減るからね、と食事中でした。折れた左の角は、縄張り争いのせいなのか?エゾシカもつらいよ、です。

181026_0011
 鳴かなければ気が付かなかったオジロワシ。横を通り過ぎる私達へのアピールなのか、通り過ぎた後も暫く鳴いていました。続けて鳴くのを聞いていると、オジロワシもつらいのか?・・・・・ちょっと無理矢理でした。

 そんな川下りで出合った、湿原の愉快な仲間たちでした。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]
 

|

2018年9月21日 (金)

今日の夕焼け

180921_0091
 午後の川下り終了後、片付けをしていると夕焼けがきれいでした。風も無かったので、川も夕焼けしています。

180921_0161
 ヤチハンノキの林に透けた夕焼けもステンドグラスのようでした。川に映ったヤチハンノキのスリットから漏れる夕焼けも、実像とは違った美しさでした。

 うーーん、コンパクトデジカメの手持ちでは、これが限度かな~。肉眼で見た風景はこの数十倍美しかったです。

 写真を撮っていると頭上を飛んで行くタンチョウ2羽。何を思っているのか、2羽で鳴き合いながら飛んでゆきました。何か揉めてたのかな。

 そんな、薄暗くなった細岡でした。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]
 

|

2018年9月 2日 (日)

今日の親子

Turu
 8月前半に書いたブログ では、二羽のヒナが育っている、家族四羽とかいていましたが、その後連れているヒナは一羽となりました。会う度に、もう一羽のヒナ、離れたところにいるのではと観察していましたが、三羽の家族で今は過ごしています。病気や外敵によるもの、雨が続いたのが良くなかったのか。タンチョウにとっては外敵でも、その動物や鳥にすれば生きてゆく為のこと、天気も自然の一部でままならぬもの、今更ながら生きて行くのは大変なことなのだと思います。この三羽の家族、元気で過ごせますように!!

Turu_2
 タンチョウにとって自然の中の危険だけではありません。上記の家族は湿原の中、車が通るところとはずいぶんと離れているので、交通事故ではないでしょうが、交通事故も増えているようです。写真のような注意の標識や看板がでているところでは、よくタンチョウを見かけるところです。十分注意して運転しましょう。また、標識や看板以外のところにもいますのご注意を!!もちろん、タンチョウだけではありません、エゾシカもキタキツネもリスも道路を渡っていたり飛び出したりです。そう、霊長類にもお気をつけ下さい。

 一週間ほど前から、鳥や動物の動きが変わってきたようです。いつもは見ないところで見かけたり、川や湖のマガモやオシドリの顔ぶれが変わったり。季節が動いてゆきます。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2018年8月24日 (金)

今日の川

 台風の影響で朝からシトシト雨の今日(24日)でした。寒くはないけど、雨の今日。今夜から台風崩れの低気圧が来る予報、明日はどうなるのかな?です。

 ついついアップが遅れるこの季節、数日間の川の風景です。

180823_0011
 冬にはタンチョウの写真を撮りに来る人がたくさんの、雪裡川に掛る音羽橋です。朝早くに通ると川霧が湧いていました。冬とは違った幻想的な風景・・・肉眼で見たのはもっと違う!!

180822_0081
 水もタップリ、気温も上がり緑が活き活きとしています。八月後半にしては、いい感じの緑です。

180822_0051
 雨の一日だった今日は、晴れた日を思い出します。川にも空がありました。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2018年8月 7日 (火)

今日の親子

Tan
 しばらく前にブログで「今日の親子?」 というのを書きましたが、こちらは間違いなく、両親とその子達です。

 川下りをしていて、カーブを曲がったそのすぐ先にいました。慌てて反対の岸側へ。親鳥がチラリと首を上げてこちらを見ましたが、特に気にすることもなく、エサである何かを食べ続けていました。親子4羽、懸命に食べ続ける物は一体何なのだろう?

 本日の最低気温8.5℃!!ひと月ぶりに気温が一桁になりました。避暑にいらっしゃる方、フリースもお忘れなく!!

 ところで、写した時には全く気づきませんでしたが、親子の右上を飛んでいるのは何??

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2018年7月15日 (日)

今日の親子

180714_0011
 川下りをしていて、タンチョウの親子に出会いました。雨の多いここしばらくですが、タンチョウのヒナ、元気に育っています。小さな身体には、濡れて気温が下がることで、体温の保つことが大変だと思いますが、元気に過ごして欲しいものです。

 先日のこと。私達の先を行くカヌー、前方に川辺にいるタンチョウを見つけ、もっとよく見たいと思ったのか、近付いてゆきました。近付かれたタンチョウは、「なんだ、なんだ。何かが来たぞ!」と川から離れてアシ原に入ってゆきました。もしどこかで、川辺以外の場所で見かけても決して近付かないようにしてください。近付いたことで、その場で水を飲んでいた、エサを探していた、食べていたなど、そこに居たかったのに離れなくてはなりません。また、移動することでヒナをつれている場合、親子が離れてしまうことがあり、ヒナにとっては危険です。近くで見たいからと思っても、無闇に近付かないようにお気をつけ下さい。

 今日は朝から雨。1日中降り続きそうです。昨日見かけた写真のヒナとご両親も雨の中。元気に無事過ごせますように。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2018年7月10日 (火)

今日の窓

Tan
 東の窓から外を見ると、先日から書いている牧草地 をタンチョウが歩いていました。一羽で来ているということは、相方がヒナの面倒をみているのかな?時おり聞こえるカップルの鳴き声の主ならば、相方もそう遠くは無いところにいるはずです。
20180704_0061
 エサを探し探し、歩いていました。

20180709_0121
 北の窓からです。「ぼくのこと書いていたでしょ!」はい、先日書きました 。用心しながら、庭をウロウロしていましたが、二階の窓を開けると「わー、あんなところに何か居る」と振り返り振り返り去ってゆきました。
20180709_0191
 少し顔がとがってきましたが、まだまだ子供の顔です。油断せずに大きくなれよ~。でも、畑に悪戯するなよ!!ご近所さんです。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2018年6月14日 (木)

今日のタンチョウ

 朝から台風の置き土産の北風が吹いています。6月中旬なのに、ちょっと寒いです。

180611_0031
 川下りしている時に出会ったタンチョウ、一人ぼっちです。昨年この近くで暮らしていたカップルは2羽を育てていました。テリトリーを奪われない限り、毎年同じカップルが同じ場所で暮らすことが多いようなので、昨年のカップルの片割れ君かと思います。この時期に一人でいるということは、片割れは子育てでヒナの面倒を見ている・・・・・のだと想像しています。
 昨年のヒナたちとは、今年の3月始めには別れているはずです。今年ここで暮らしているカップル、昨年のヒナだった若鳥、今年すくすくと育っているであろうヒナ君、みんな元気で暮らせますように。
 それにしても、こちらをチラリとしか見なかった写真のタンチョウ(雌雄は判らず)、私のことを覚えてくれたのかな??

 今日の日の出は午前3時42分。一年で最も早く日が昇る、この数日です。日没は午後7時03分です。15時間21分の間、日が出ていることになります。昼間の長~い6月です。数日で日の出はゆるゆると遅くなってゆきますが、日没は7月初めまで遅くなり最も遅いときは午後7時6分となります。太陽も地球も回っています。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2018年4月 4日 (水)

今日の鳥

001
 釧路湿原の東側でオジロワシ、オオワシがたくさん止まっている樹がありました。それぞれ2羽づつ居ます。そして、よく見てみると写真の左にはタンチョウもカップルで居ました。

 わかり易いように・・・・・

002
 クリックしていただくと、画像が大きくなります。

 赤丸が5つ。左から、タンチョウカップル、オオワシ(幼鳥かな)、オジロワシ、オオワシ、オジロワシです。

 ヨシ原で卵を温める準備をするタンチョウのカップル、道東に留まるオジロワシ、北へ渡るオジロワシとオオワシ。皆さんそれぞれの暮らしが始まっているようです。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

より以前の記事一覧