タンチョウ

2022年6月30日 (木)

今日の親子

 川を下り、カーブを曲がるとタンチョウが歩いていました。前回会った時は、我々を見掛けて、ゆるりゆるりと繁みに隠れて行ったことがあるので、ヒナを連れているのかと思っていましたが、

001_20220630182701連れていました!親鳥を見つけた時に反対岸に寄って、さっさと通り過ぎた時に撮る事が出来た1枚です。ツガイの右側にヒナの首から上が見えています。卵から孵って、3~4週間でしょう、ヒナらしい赤みかかった薄茶色です。通り過ぎて振り返ると、元の位置にいました。我々に多少は警戒したようですが、その場から離れることは無かったようです。これから暑かったり、雨に降られたり、キツネに睨まれたり、飛ぶことを覚えたりと大変だけど、とーちゃん、かーちゃんの言う事聞いて、元気に大きくなるんだよ~。冬には給餌場で会えるかな。

 川下りをする皆さま、タンチョウだけではありませんが、鳥や動物を見つけたら、無闇に近付いたりしないでください。鳥や動物には、近付かれることは怖い出来事です。また、ヒナを連れている、逃げる親とヒナの間が空き、ヒナが他の動物に狙われる機会となります。離れた場所を素早く通り過ぎましょう。

 近所で見つけた初物。
S220630-004 今シーズン初めてホザキシモツケを見つけました。いよいよ夏本番・・・なのか?本日の最高気温22.2℃の鶴居村です。

↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然と遊ぼう!R[アール]

|

2022年6月20日 (月)

今日のタンチョウ

 昨年も行っていた、デントコーン畑にやって来るタンチョウの追い払い事業のお手伝いを、5月から6月前半まで行っていました。

1002_20220620182601 デントコーン畑、この薄いビニールシートの下にコーンの種が播かれていますが、ご覧の通りタンチョウは食べに来ています。証拠は掴んだ!というか、畑にいるし~。

1003_20220620182601 追払います。ワー!ナンダ!ナンダ!と逃げて行く奴。

1001_20220620182601 すぐそばで着地して、ココマデオイデという奴。

001_20220620182601 ひつこく追う私。

002_20220620182601 飛んで逃げるも、

003_20220620182601戻ってきたり。
 それでも、どうやらエサはあるものの、ここに来てはいけないようだ、と思うようになったのか、徐々に畑にやってくるタンチョウは減りました。
 注:上記写真は連続したものではありません。追払い期間に写した写真を順不同に並べています。

 この村の事業は、
・タンチョウを本来の生息地である湿原へ向かわせるため
・デントコーン(牛の飼料)への被害を減らすため
・被害を受けることで、タンチョウの悪いイメージをなくすため
など、タンチョウと村民上手くやって行くよう行われています。

 ガイド中にタンチョウを見つけても、警戒されないように離れたところで観察しましょう!と近づかないようにしている私ですが、この季節には心を鬼にして、あっちへ行け~い!とやっています。

 鶴居村、鶴が居る村でありますが、鶴が居るように・暮らしやすいようにしている村でもあります。

↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然と遊ぼう!R[アール]

|

2022年6月 2日 (木)

今日の初夏

 本日の最高気温17.6℃、最低気温8.7℃(19時現在)と、初夏らしくない気温ですが、随分暖かくなりました・・・日中は暖かです。

 数日前の釧路湿原です。

2001_20220602190901 お馴染み東側の細岡展望台です。雨のせいで水量が増えています。緑も増えてきていて、その中を蛇行する釧路川に青空が映っています。阿寒の山々には雲が少しかかっていますが、どこにあるかは分かります。空気がすっきとしています。

 反対側、西側から見ると・・・
001_20220602190901釧路湿原、でっかいど~!地球の丸さが分かるぞ~!というのは大袈裟ですが、緑がどんどん増えてきました。たくさん降った雨を吸い上げて、また緑がワシワシと増えます。

 そんな中に・・・
002_20220602190901拡大しないと分かりませんが、真ん中の白い点ふたつ、タンチョウのツガイです。果たして足元にはまだ小さなヒナがいるのかな?ゆっくりゆっくりと移動しているようにも見えます。
 プライベートで展望台に行くといつも以上、必要以上に双眼鏡であれやこれやを見たり、探したりです。

 広がる緑は樹木が水を吸い上げて、葉っぱが広がります。これだけの葉っぱを拡げるには一体どれくらいの水が吸い上げられているのか、途方もない水が動力も無く持ち上げられていることに、広大な風景を見ながら圧倒されてしまいます。

↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然と遊ぼう!R[アール]

|

2022年5月27日 (金)

今日のタンチョウ

T220527-0061 画像、中央左端に小さくタンチョウです。ここしばらくデントコーン畑で見掛けることが多いので(今年も行っています)、水辺の鳥が水辺にいると嬉しくなります。
 一羽で行動しており、近くにパートナーがいる様子もなかったので、パートナーは少し離れたところで幼鳥の面倒を見ているのかもしれません。または、個人行動が好きなだけかもしれません。子育て中であるのなら、無事に育つことを願います。

 手前右下に見える白い花は・・・、
002_20220527184901ミツガシワです。小さな花が並んで総(ふさ)のようについています。

T220527-0151 強い風に葉っぱがひっくり返っていますが・・・。ただ今、温根内木道でミツガシワ、見頃です。

↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然と遊ぼう!R[アール]

|

2022年5月17日 (火)

今日のタンチョウのえさづくり

220516-0021 牧草地の緑はグングン広がって行きます。黄色いタンポポ、緑にマッチしています。こちらの牧草地の片隅で、

220516-0031昨日(16日)、近所の小学校のタンチョウえさ作りのお手伝いをしました。先週の金曜日の予定でしたが、天気が良く無く延期しましたが、良い天気に恵まれました。
 春から秋にかけてタンチョウは湿地など自然の中で暮らしていますが、冬は給餌場でえさを得ます。そのえさの一部を小学校の児童たちが、種まきから始めて作るのが、えさづくりプロジェクトです。

220516-0041 なんて、青空なんだ!!なんと15年前から続くこのタンチョウのえさづくりプロジェクト、始めた時には想像もしていなかったほど長い間携わることになりました。そうなんだ、作業している小学生が生まれる前からやっているんだ。
 この企画は、小学校と私も関わっているタンチョウ・コミニティの共同で行っていますが、畑を使わせてくれる農家さん、下準備をしてくれる父兄やご近所さんの協力によって続けることが出来ています。
 6年生ともなると、年一の作業とはいえ5回経験しています。低学年の子供たちに、こうやるといいよ、そこ引っ張ってと先輩らしく教えながら作業し、転任していらした先生にも指導する児童もいました。素晴らしい!!
 学年を越えて何かをすることが少ないと思いますが、小さな26数名の小学校ならではの風景です。

 夏の草取り、秋の収穫&干す作業、干したコーンのほぐし作業、出来るだけ参加したいと思います。

↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然と遊ぼう!R[アール]

|

2022年5月11日 (水)

今日の桜

1003_20220511180901  先日のブログにて♪我が家の桜はまだかいな♪といっていましたが、咲きました!

1004_20220511180901 陽当たりの具合や、同じ樹でも上と下とでは異なりますが、満開手前です。明日、明後日が最高の見ごろとなるのかもしれません。

1002_20220511180901 5枚の花弁、桜色、見ていてうれしくなる形と色、花の姿です。
 昨日は夏日に一息足りなかったところですが、今日も20℃越えです。でも、朝夕は冷えるので、まだまだ桜を楽しめそうです。今週末に今シーズン最後の花見、いかがですか~!!

 

 GWの後半から昨夜まで横浜へ。
001_20220511180901 横浜桜木町の日本丸。展帆してなくても、セールがセットされていると嬉しくなります。

002_20220511180901 シン・ウルトラマンにはカラータイマーがないのか???これでも実物の6分の1だとか・・・というか実物って。地球の、宇宙の平和のためによろしくお願いいたします。

 横浜に行ったのは、甥っ子の結婚式に出席するためでした。
2001 若い二人の門出を心から祝福しました。荘厳な結婚式、2人で作り出席者皆が参加した、楽しい素敵な披露宴でした。新しい家族や親せきが増えて、人と人の輪が広がります。これからの2人に幸多かれ!!
 それにしても、こんな時にも鶴に目が行くのは我が職業のせいなのか。たくさんの鶴が舞い祝福していました。

3001  最終日には電車の窓から、雪を被った白い富士山がチラリと見えました。富士山が見られると嬉しくなるのも、桜が咲いて嬉しくなるのも日本人だからでしょうか。

↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然と遊ぼう!R[アール]

|

2022年4月15日 (金)

今日の釧路湿原

 なんだか冬日が続き、寒さがぶり返しています。

 いつものように今日では無く、数日前の釧路湿原です。
W220411-0221 靄がかかって、阿寒の山々が見えません。でも、釧路湿原は向こう側(鶴居村)まで見えています。湿原の中から、様々な音が聞こえてきます。ヤマゲラの特徴ある鳴き声、アカゲラなのかドラミング、エゾアカガエルの鳴き声、タンチョウの鳴き声も!フィールドスコープで探してみると・・・、
S220411-028遠く遠く、ここにいました。鳴き合っていたので、カップルです。この時期だと卵を温めているタンチョウも居ますが、この2羽は歩き回っているので、まだ卵を産んでいないようです。ヨシのベットを作って、これから産卵なのでしょう。冬の間、給餌場で見ていたカップルかもしれません。

 色々な鳴き声と先ほど書きましたが、一昨日(13日)の夜、自宅庭にて今年最初のオオジシギのディスプレイフライトの音(リンク先は借り物です)が聞こえました。例年よりもずいぶんと早いです。

 岩保木水門へも行きました。
W220411-049 威風堂々!こちらの水門が出来たのは1931年、9年後には100年を迎えます。

W220411-0422 そしてこの場所は他の展望台よりも釧路湿原を近くに感じられるところ、地球の大きさを感じられるところ・・・と言うのは大袈裟かな。他の展望台とは趣の違った展望地です。お勧めいたします。
 少し靄が晴れてきたかな・・・薄っすら、薄っすらと阿寒の山々が見えています。

↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然と遊ぼう!R[アール]

|

2022年4月11日 (月)

今日の塘路湖

W220411-0081 川下りのスタート地点、塘路湖の南側の砂浜です。残った雪では無く、形からして冬の間に岸辺に乗り上げ、幾重にも重なった氷です。見渡したかりぎでは、湖面には氷は無く、見える範囲の浜には氷が無いようです。南側の浜なので、北側を向いていることから、今季の塘路湖最後の氷(R[アール]調べ)と認定しました。塘路湖も春、いよいよ川下りのシーズンが始まります。今年も湖で、釧路川でたくさんの方々と出会いたいとお待ちしています。

 この季節はうれしくなって、また福寿草が続きます。
W220411-0361 群生地を見つけました。・・・でもこれは国道391号線の法面、たくさんの車がすぐそばを行き交っています。わき見運転はいけませんが、視線をずらすとこんな風景がありました。ただ残念なのはゴミの散乱です。福寿草が咲いている、咲いていないに関わらず、ゴミのポイ捨て禁止!これは当たり前のこと!!
W220411-0331 とかなんとか憤っていましたが、ふと足元を見ると、福寿草と蕗の薹のコンビネーション!!心が和みます。

 前回の金鶴クイズの正解発表!!
 金鶴→丹頂→〇〇〇〇の片仮名4文字(会社名)は「マンダム」です。化粧品メーカーのマンダムの始まりは「金鶴香水株式会社」、その後「丹頂株式会社」そして「株式会社マンダム」となっています。金鶴香水株式会社を立ち上げた方が、その前に勤めていた会社で「鶴香水」や「金鶴香水」という商品を扱いヒットしたことから金鶴を冠する社名にして、その後扱った「丹頂チック」「丹頂ヘヤトニック」など名前に丹頂が付く商品が多くなったことから社名を丹頂に変更、そして1970年代前半に、顎に手を当てて「ウーム、マンダム」のCMでお馴染みマンダムブランドがヒットしたことから、社名をマンダムとしたそうです。株式会社マンダム社史より 

 鶴居のタンチョウから随分と離れたお話ですが、語源やら名前の由来が好きなもので~。今後何かに役立ててください。

↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然と遊ぼう!R[アール] 

|

2022年4月 9日 (土)

今日の白鳥

T220409-0481 雪解けの時や大雨が降った時に出来る沼、ただ今白鳥たちの保養施設となっています。南から北へ帰るハクチョウが、釧路湿原で羽を休めているのでしょう。暖かくなると共にハクチョウの数が多くなったように思います。

T220409-0041 別グループのハクチョウが、この沼にも先客か、と言いながら(タブン)沼の上を通過してゆきました。混み合っているのかもしれません。

T220409-0111 飛んで行ったハクチョウたちを追い掛けるようにして飛んで行ったアオサギ、南の方から湿原に戻って来たようです。釧路湿原も鳥たちの入れ替わりがあり、忙しそうです。

Zzz
BSP 美の壺「めでたきかな 鶴」

 昨日BSPの番組「美の壺」は、タンチョウに纏わるお話でした。写真家であり、鶴居村の先輩ガイドも出演され、鶴居のタンチョウの風景がたくさん紹介されていました。また、平安時代に作られた、国宝「金鶴及銀樹枝」という金で彫金された鶴が、銀で作られた樹の枝にとまっている工芸品を、人間国宝の方が復元する話もありました。樹にとまった丹頂・・・タンチョウに詳しい方であれば「タンチョウは樹にとまれないはず??」と思われたかと思いますが、中国の伝承では長寿で吉祥の証である丹頂は長生きすると樹にとまれるようになるのだとか、面白い伝承です。長生きして得た新しい能力が、樹にとまれるということとは、もう少し特別な能力であってもいいのに・・・。
 見逃した方、再放送が決まりましたら、お知らせします。

 金鶴という言葉が出てきたので、金鶴クイズです。
 金鶴→丹頂→〇〇〇〇。この〇〇〇〇に入る片仮名4文字は何でしょうか? ヒント、有名企業です。正解は次回のブログにて!

↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然と遊ぼう!R[アール]

|

2022年3月25日 (金)

今日の釧路湿原

20220325-0041 連続真冬日はまだまだ続いていますが、陽が昇るにつれて気温も上がり、10時頃には8℃を越えて今シーズンの最高気温です。そしてこの青空、これは出掛けないと!朝の予定はひとまず置いておいて、湿原を見下ろせる高台へ散歩に出掛けました。

20220325-0171 ずいぶんと雪は解けて、湿原内の小さな流れもはっきりとしてきました。雪の下から谷地坊主も頭を出しています。いろんなことが動き出しそうな、春の湿原です。給餌場からは随分と離れていますが、営巣地に落ち着いたタンチョウの鳴き声がずっと奥から聞こえました。
 緑が出てくるのはまだもう少し先ですが、ゆっくりとしっかりと暖かくなってきています。

↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然と遊ぼう!R[アール]

|

より以前の記事一覧