出来事

2015年6月 7日 (日)

今日の運動会

150607_003p
 今朝の最低気温2.5℃、いくら道東でも寒過ぎます。例年より暖かさが先行したので、ここらで一休みなのかもしれないです。気温は低かったものの、青空!!ヨッシャ、来いです。

 そんなヨッシャ、来いの気分で迎えた地区の小学校と自治会の合同運動会。全校生徒が35名と少人数校なので、自治会と合同で大人も参加する運動会を行っています。大人も子供も、トーさんもカーさんも必死に走ったり、演技したり、転んだり、ちょっと泣いたりの楽しい運動会でした。私もいくつかの競技に参加し、全力疾走と言う言葉を遠くに見た気がしましたが、しっかりと楽しみました。
 当番なのでお手伝いもしましたが、慣れた皆様に助けていただき無事に終えることが出来ました。楽しい運動会をありがとうございます。
 いくつになっても、運動会は楽しい!と実感した、今日でした。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
 自然と遊ぼう!R[アール]

|

2011年7月 4日 (月)

今日の山

110703_020  今日の東の端は、朝から雨、これでもかというくらいしっかり雨が降っています。雨も降らないと川も流れない、天候も自然の内、楽しみましょう・・・・・と言っても外遊びにはちょっと辛い雨です。

 川を「下って」ばかりなので、たまには山を「登って」みました。弟子屈の藻琴山に登ってきました。登り始めは晴れ、背中が太陽に刺されるような晴れでしたが、登ってゆくにつれ霧となりました。頂上では皆で記念写真を撮りましたが、藻琴山山頂1000mの標識と私たち以外は霧で真っ白でした。それでも下り始めると霧が晴れてきて、眼下に北海道二番目の広さの屈斜路湖が見えてきました。登った達成感(標高1000m歩くこと1時間弱だけど・・・)も良いですが、やっぱり眺望も良いほうがうれしいですね。

Miyamamata 葉っぱの白い部分は何かを塗ったり、かけられたりしたわけではありません。ミヤママタタビの葉です。そろそろピンク色に変わってゆく頃です。何のためにミヤママタタビの葉っぱは色づくか?植物を研究している方のお話を聞くと、花が葉の裏にあり目立たないので、虫にアピールするために葉が一役を担っているそうです。その助けられている花が写真の中央、白い花です。ミヤママタタビの葉、光合成だけでなく虫をおびき寄せもしています。がんばってます!!

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然とあそぼう!R[アール]

|

2011年4月22日 (金)

今日の白いエゾシカ

110419_002  「もう白いエゾシカ見たかい?」大変お世話になっている村のカーサンから、「見てなかったら、ホラ」と白いエゾシカの写真をいただきました。テレビでは何度か見ましたが、肉眼ではまだ見ていない白いエゾシカ、写真にはいろいろな姿が写されていました。何とか見てみたいですが、相手が野生動物のこと、うまい具合に出会うことはまだありません。吉兆の証、実際に見てみたいものです。
 以前訪れた滋賀県の立木観音、ここには弘法大師が白鹿に跨った像がありました(写真が見つからず、残念)。このお寺の起源に、霊木を見つけた弘法大師が白鹿に乗って急な川を渡り霊木のところまで行き・・・詳しくはこちらをクリックしてください。きっと昔から、珍しい白い鹿には何かの力があると考えられていたのでしょう。なおさら、見てみたいです。

 ただ今、鶴居村は村議会選挙活動の真っ最中です。前回、前々回と無投票の選挙だったために選挙運動は12年ぶりだそうです。そのためかとても力が入っているそうです。
 会議や集会に参加したときにお会いしたとても真面目な顔、きっと笑わないだろうと思ってみていた現職の議員さん、選挙カーで手を振っているときは満面の笑顔、とてもいい笑顔でした。やっぱり笑顔っていいですね。
 投票日は24日、村議という一番近いところで活躍していただく議員さんを決める選挙、しっかりと考えて投票したいと思います。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然とあそぼう!R[アール]

|

2011年4月 5日 (火)

今日のエゾアカガエル

Tan  写真は先日家の前を飛んでいったタンチョウ一家。本題のエゾアカガエルの写真を今日は取れなかったので、タンチョウさんの写真となりました。
 今日エゾアカガエルが鳴きだしました。春を喜んでいるようです。
 そこで思い出しました。先月の11日、湿原の周りを歩いているときにもエゾアカガエルが少しですが鳴いていました。プラスの気温が続きいつもより早く出てきている・・・・にしては早いぞと思っていました。そう3月11日午後2時ごろのことです。その後震災やそれによる災害に気を取られて、全く忘れてしまっていましたが、今日エゾアカガエルの声を聞き思い出しました。エゾアカガエルは何かを感じていたのかも知れません。
 同じく3月11日の丁度釧路が揺れた頃、私は車に乗っていて地震には気付かなかったのですが、昼間には見慣れないエゾシカ30頭ほどの群れが、自動車道路を渡ろうか、渡るまいかと右往左往していました。そのときも、昼間なのに珍しいなー、くらいしか思わなかったのですが、何かを感じていたのかも知れないです。
 動物の予知能力というものは、きっとあると思う出来事でした。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然とあそぼう!R[アール]

|

2011年4月 1日 (金)

今日の桜

Ap ここしばらくの間暖かい日が続きました(3月の鶴居の気象データ)。そのせいで私の暮らしている地域では、桜が咲き出しました。 例年であればこの季節はまだつぼみが固いのですが、一気に春がやってきたようです。近くにある桜はみな六分から七分咲きとなり、ご近所の方といきなりの桜に驚きながら、今年の色はずいぶんといい色だと話ながら見上げていました。

 という、4月1日のお話でした。
 道東の平均桜開花は5月20日ごろ、先ほど桜のつぼみを見てきましたが、まだまだ硬く咲きそうにはありません。でも、必ず咲きます。道東の春は雪が解け始め「春かな」と思ってから、桜が咲くまでずいぶんと時間が掛かりますが、必ず桜が咲き、どんどんと暖かくなり夏がやってきます。
 昨年の暖かかった日の桜の写真でした。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然とあそぼう!R[アール]

|

2011年3月11日 (金)

今日の鶴居

 全国放送で釧路の津波の映像が流れているので、たくさんの方々より「大丈夫?」とご連絡いただきました。釧路の津波の状況はテレビで報道されていること以外は分かりませんが、私たちは全く問題なく自宅で過ごしています。時々小さな地震がある程度です。ご連絡いただいた方、ありがとうございます。

 今回の地震や津波で被災された方々のお見舞いを申し上げます。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然とあそぼう!R[アール]

(追記) 
  地震発生直後より、今の自分に何が出来るか考え、参考になるサイトなどを検索しました。一番しっくりと来るサイトを見つけましたので、皆様のお役に立てればと思いお知らせします。
http://gigazine.net/news/20110312_how_to_help_your_loved_ones_from_afar/

|

2011年2月28日 (月)

今日のどんころ

110225_004  道東を離れて南富良野へ。南富良野の山の奥、谷の合間にあるどんころ野外学校(楽しいプログラムもたくさん!!)を舞台に3日間、雪まみれ、滑り放題の3日間を過ごしてきました。
 初日はカーリング、ほとんどの方が初めてでしたが、ストーンの出し方、ちょっとした戦術を教えてもらって、いざゲームへ。初めてのこと、上手く行かないこともありますが、それはそれ結果オーライで何とかゲーム(短縮変形ですが)となりました。氷の上ですが、熱い戦いと・・・・・なりました。(ゲームに熱中して写真は片付け終ってからでした。うーん、お見せしたかった)

Inu  二日目は犬ぞりです。ソリの乗り方、犬との付き合い方を教えてもらい、いざ森の中へ。犬が賢いのか、乗り手が良いのか、犬たちとソリを繋いでいるリードが絡まることもなく、順調に走ります。片道8km、行った先でランチにミニ・スノーシューハイクを楽しみ、また8kmを犬ゾリで走り戻ってきました。道中は誰にも会うこと無い、ほぼプライベートな森、鳥の声や風の音、時には音もなく降る雪。動の犬ゾリに静かな森、一日中森の中で楽しみました。写真は「どんころ犬ゾリ隊」左より、ちゅら、マルタ、ザス。写真以外に9名の隊員、ありがとう!!

110227_007  3日目の最終日、どんころ野外学校より目の前の山へ、スノーシューハイクに出掛けました。川を越えて、様々な樹を見ながら山をゆっくりと登ります。疲れたら一休み、少し甘くした暖かな紅茶が身体に沁み渡ります。動物の足跡を見ながら、動物たちの行動を考えたり動物の気持ちになってみたり。昨日の犬ゾリとは違ったスピードでたくさんの樹の中を行きます。登った後は下りです。重力に手繰り寄せられ、滑り下りたり、お尻で滑ったり、雪まみれになって身体中で雪を楽しんだスノーハイクでした。

 そんなこんなの三日間、書ききれなかったハプニングや笑い転げたお話の数々、楽しく過ごしました。今年は参加されなかった方、初めてここを覗いた方、来年もやりますので、ぜひご参加ください。お待ちしています。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然とあそぼう!R[アール]

|

2011年2月18日 (金)

今日のはやぶさ

110218_002  小惑星イトカワを探査して、はるばる60億kmを旅をして地球に戻って来た、惑星探査機「はやぶさ」が、釧路市こども遊学館にて公開されています。公開されているのは、惑星の成分を持ち帰ったカプセルやパラシュートの実物です。なお、実物の写真撮影は禁止されているので、左の写真は撮影用のレプリカです。7年もの旅の間には、数々のトラブルもあったそうですが、なんとか無事に戻ってくることが出来ました。素晴らしい技術、そして関係者の信念があってのことと思います。そんな長い旅をした実物を見て、心は一気に宇宙へ旅立ちそうでした。

 小惑星イトカワ、今まで名前を聞きはやぶさが撮影したその姿を見たりして、球ではなく細長い形と知っていましたが、長さは約500mほどの大きさと始めて知りました。そんな小さなところへよくも行き着き、イトカワほどではないにせよ小さな地球の戻って来たものです。改めて感心しました。

 そんなことを思いながら外へ出てみると、昨日から降っていた雪は夕方には止み、曇りの空には満月が昇っていました。あの満月よりももっと遠い小惑星イトカワに行って戻って来たはやぶさ。素晴らしい物を実際に見たと、少々興奮気味です。
 これからも、はやぶさは各所で公開されるそうです。ぜひご覧になってみてください。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然とあそぼう!R[アール]

|

2011年2月 9日 (水)

今日の日高山脈

110210_001  日高山脈のほぼ北端辺り、山脈の東側の芽室より眺めた風景です。
 東の端から西へ、十勝方面へ行きました。鶴居から海沿いに国道38号線を西へ西へ。釧路市から白糠町に入り再び釧路市へ、白糠町を挟んだ釧路市の形を思い出しながら浦幌町へ。浦幌の山を抜けて豊頃町に入る頃に日高山脈の白い山々が見えてきます。まぶしい青空の中にすっきりと白い山々、まっすぐの道、規則正しく並んだ防風林。春のような気持ち良い陽射しの中で車を停めて、ゆっくりと風景を楽しみました。

 年々深刻さを増す、エゾシカの食害。原因は様々なのでしょうが(この件はまたいつか)、エゾシカを減らすために、ハンターと自衛隊が連携しての捕獲作戦が、昨日と今日白糠で実施されました。その結果昨日ゼロ、本日3頭だったそうな。始まったばかりの作戦なので、慣れないこと思わぬこと様々あったようです。
 今回の作戦はさて置き、北海道特に道東では大きな問題となっているエゾシカに増加、そして食害。歪んだ自然のバランスを何とか出来ないものかと思います。

 今日はたくさんの再会がありました。久しぶりの顔顔、皆元気で良い顔をしていたこと、とてもうれしくなりました。
 で、家に戻って、読まずに出掛けた朝刊を見てみると、その顔のひとつが朝刊に出ていて、ビックリ!!活躍の様子を見て、さらにうれしくなりました。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然とあそぼう!R[アール]

|

2011年1月29日 (土)

今日の流氷

110129_021  オホーツク海側、斜里町へ行きました。海に出てみると、一面流氷!!接岸初日は10日ほど前でしたが、私が今シーズ見るのは初めてでした。幾度も見ていますが、青い海一面アムール川の氷で埋め尽くされている光景は、不思議であり感動的です。風はほとんど無かったのですが、北風が吹けば氷はどんどんと陸地に流されて、音を立てて陸地に乗り上げることでしょう。また、南風が吹くと一気に北へ流されれてしまいます。見る場所、気象状況によってずいぶんと違う流氷、今年も色々な形を見れるかな?いよいよ冬も本番です。
 海上保安庁の流氷情報です←←←クリックしてみてください。

 先日聞いたラジオでのこと。流氷を見に行く観光船の乗組員さんの困ることとは??流氷と氷山を混同している方が多く、想像(氷山のイメージ)と違っていた方に流氷と氷山の違いを説明することだそうです。映画タイタニックの影響か。はたまた地球温暖化についての番組などで流されている、崩れる氷山の影響でしょうか。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然とあそぼう!R[アール]

|

より以前の記事一覧