出来事

2021年7月23日 (金)

今日の通行止め解除

210715-0051 数日前に見つけたこちらの花、人通りはほとんどない場所での見慣れぬ花なので調べたり、問い合わせたりしてみると、「カンパニュラ ラティホリア」ではないかと言うことですが、園芸種が根付いたのかな?ご存じの方、教えてください。

 2017年12月から工事で釧路湿原道路(釧路市道鶴野広里線)の一部、でもその一部が通れないと湿原を横断できず大回りしないといけない一部が通行止めとなっていましたが、7月21日に3年8か月ぶりに通行止めが解除となりました。
210722-0021 昨日初めて通ると、そのうち道東道の一部となる道が跨いでいました。210722-0041 まっすぐな新釧路川を渡ると、遠くに迂回していた釧路外環状道路が見えています。

 久しぶり走ってみると、道路わきの樹が大きくなり壁ができたように思えます。さて道路のどの部分を修理工事をしていたのか、3年8か月の間どんな工事をしていたのか?アスファルトが張り替えられてようでもないけど・・・分からんものです。でも随分と時間短縮、移動距離の短縮ができたので、うれしいです。

↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然と遊ぼう!R[アール]

|

2021年5月27日 (木)

今日のババノテ

 ご近所さんより、「根室にババノテと呼ばれる、旨い貝があるので買ってこようか」と連絡がありました。美味しいのならば、ぜひともです。なんでも、揚げられた港で消費されるので市場には出回らないとか。
210525-025 開いた殻の間から見ると、ホタテに近い貝のようです。そして、貝殻に手の模様が・・・馬場さんの手では無いようです(アポ)。

210525-036 蒸すとこんな具合です。ホタテよりも貝柱の背が高いです。お味は、ホタテと同じようですが、野性味を感じました。また歯応えもあって、海の恵みを喰っているという気分でした。それもそのはず、同じイタヤガイ科の近い仲間の貝です。ホタテは養殖の際、海に吊るしたりしますが、ババノテは10mくらいの深さの砂地で育っているので、磯の香りが一杯、我が家に到着した時には貝殻に付着物も一杯でした。きっと養殖ではない野生のホタテもこんな味で香り歯応えなのだと想像します。気分は縄文人です。
 ババノテは根室での地方名、本名はエゾキンチャクガイ。ホタテより厚みが有ります。

 同じ夜、先日登場したミツバもいただきました。
210525-016 庭に自然に育ってきた物。収穫して、5分後にはお料理に・・・
210525-028 お麩に味付けして焼いた物を大量のミツバと卵とじ、ご飯と一緒にもいいですが、いつものようにお酒が進みます。ミツバの香りが一杯です。気分は気の利いた居酒屋です。

210525-022 こちらも、庭のR[アール]農園のニラ。冬の寒さを乗り越えて、雪の下から凍った地面が緩んで育ちました。こちらもスーパーより強い味、香りです。茹でて醤油とごま油で頂きました。写真は撮り忘れましたが、こちらも進む進むでした。

 

 お話は変わって、昨日のスーパームーン皆既月食。そんなに寒くない夜だったので、出たり入ったりしながら眺めたり、写真を撮ったり天体ショーを楽しみました。
20210526-0101 皆既食が始まる30分くらい前

20210526-0241 皆既食寸前

20210526-0601 皆既食が終わって約1時間

20210526-0831 元通りの満月、スーパームーンに。

 月から見たら、太陽が地球隠れてしまっているのだろう。月から見た太陽は、地球よりずっと小さな星なんだ。そんなことを壮大なことを想った、恒星と惑星と衛星が一列に並んだ夜でした。もちろん、月見で一杯。

 次の皆既月食は来年の11月8日!!(スーパームーンではありません)

↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然と遊ぼう!R[アール]

|

2021年4月 7日 (水)

今日の山

20210405-0041 家の近所、散歩途中に牧草地の向こうに見えた摩周岳(857m)、直線距離で距離で約50kmほどの所にある山です。

20210405-0021 その隣右隣に見えた、斜里岳(1547m)、直線距離で約77kmの所にある山です。77kmの間に遮るものが無いので、頂上付近に積もった雪もはっきり見えます。

 ほぼ北、真北から少し東にこちらの摩周岳と斜里岳が見えます。良くブログに登場する雄阿寒岳・雌阿寒岳からほぼ90°右に回ったところです。
20210405-0081 高さは随分と違いますが、遠近感でほぼ同じような高さで並んでいるようにに見えます。
 もう少し暖かくなると、湿度が上がり霞んではっきりと見えなくなる日が多いですが、この日はくっきりと見ることが出来ました。良い風景は心が和み、小さなことですが得した気分です。

↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然と遊ぼう!R[アール]

|

2020年8月22日 (土)

今日の暈

200822-0121 午前中、釧路川を下っていると、何かに見られているような気配が・・・、空を見上げると大きな目玉がこちらを見ていました。太陽の周りに虹がかかったような、暈(かさ)、ハロとも呼ばれます。太陽に薄い暈がかかることはそう珍しくありませんが、ここまではっきりと、そして長い時間(2時間ほど)かかっているのは、珍しいように思います。
 暈ができるのは、雲を作っている氷晶が六角柱で、プリズムのようになって、反射して・・・だいたいそんな風に出来ています。科学が発達した現代では暈のでき方も、出来やすい気象状況も分かっていますが、昔々は不思議な出来事、大切な太陽がいつもの違って見えること、吉兆を占ったりしたのかもしれません。大きな目玉に睨まれながら、きっと守られてる、良いことが起きるぞ!と能天気に眺めて川を流れていました。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2020年7月25日 (土)

今日のノロッコ号

200724-0041 今期はご存じの通りいろいろな事情があり、例年ならゴールデンウィークから運行される「くしろ湿原ノロッコ号」、ようやく先週から走り始めました。
 今日は今期初めて、川下り中にノロッコ号に遭遇しました。おもしろいのは、列車で行く人とカヌーで行く私たち、移動手段は異なり、目線も違うけど釧路湿原や釧路川を眺めている、見知らぬ同士笑顔で手を振り合うという「Love & Peace」な時間が生まれることです。
 今年は乗車人数も制限していますが、ノロッコ号からの風景もカヌーや展望台、車道からは違うもの、機会があれば乗ってみるのもお勧めです。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2019年7月21日 (日)

今日のヒシ

190720-0021 昨日の朝、海霧(ジリ)でしっとりとした塘路湖でヒシ(菱)の花が咲いていました。日照不足が全国的に取り上げられていますが、ここ道東も曇の日が続いていますが、例年と同じ時期にヒシは咲き出しました。果たして今年のヒシの咲き具合、実の成りはいかがでしょうか。

 このヒシは塘路湖にも多く自生しています。キャンプ場から塘路湖へカヌーを漕ぎ出す浜のすぐ前にも、たくさん茂っています。でも、そのヒシの上をそのままカヌーを漕いで行く、パドルを引っ掛けながら漕いで行く方が多いです。見掛けたら声をかけるようにしていますが、気がついてくれる方、無視する方、「なんだと~」と凄む方(コワイヨ-)色々いらっしゃいます。静かに暮らしている植物、静かに眺めたいと思います。

===昨日のブラタモリ===
 色々なところで、ブラタモリで釧路湿原をやる!と話したので、多くの方から見たよ~と連絡いただきました。好きになり仕事場と選らんだ場所を多くの方に見ていただけて、知っていただけてとてもうれしいです、ありがとうございます。
 観た感想を少し、
・案内役の新庄さん、取材などに慣れていらっしゃることもありますが、タモリさん相手でも話し口調は普段と変わらないもの。お人柄だなと改めて感心。
・いぼり(福岡の言葉でぬかるみにはまること)体験の希望者が増えるのではないかと心配、でもそれも面白いかもとか妄想。
・ほんの少しだけ映った前後が繋がらない茅沼駅。きっと目当てのものがいなかったのでしょう。
・初めて聞いた、知らなかったことがなくて、ちょっと安心。
 もう一度見直すと何か見えてくるかな?そんな、こんな。

 来週のブラタモリは阿寒と摩周、続けてどうぞ!!

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2019年4月24日 (水)

今日の釧路川

 いよいよゴールデンウィーク!!R[アール]も川下りを始めます。R[アール]が冬に川下りをしていないわけ。

 その前に春を先取りに!!
190418-0161 中札内村辺りの上空から南向き。日高山脈は北海道の背骨のようであり、襟裳岬で海に没してる尾骨のようです。
 Peach航空を使って、釧路空港←→関西空港を往復しました。1ヶ月くらい前に知ったバーゲンセールで往復7000円弱!!

S190418-0021 既にずいぶんと散っていましたが、かろうじて残っていたソメイヨシノ。

S190422-0031 畑にはレンゲが咲き放題。でも、本名はゲンゲ。知らんかった!!

190419-0011 花は咲いていないけど、花見気分で学生街の昭和な居酒屋へ。狙って作った「昭和の居酒屋」で無く、時間が30年以上も止まったままの居酒屋。落ち着きます。

S190420-0061 昔からの仲間も元気でした。

S190422-0091 八重桜が花盛り。

 ほんのちょっと間、春を先取りしてきました。

 そして、釧路川へ!!

190424-0031 この冬は雪が少なかったので、ヨシがあまり倒れていません。月が昇れば、季節違いの月見で一杯、な風景。

190424-0061 前をちょっと失礼。マガモの夫婦のお気に入りの日向ぼっこスペース。

190424-0081 河畔林のヤナギはゆっくりと緑色になってきました。

 上空にはたくさんのオジロワシとアオサギが飛んでいました。
オジロワシ「お前達の居ない間、シベリアから俺の仲間たちが来ててよ~」
アオサギ「本州は狭いし東南アジアは遠いし~」
と話していたそうな。

 向かい風の川下りは大変でしたが、急がず、慌てず、きっといつかは到着するからと下った釧路川でした。
 R[アール]の川開きです。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2018年9月12日 (水)

今日の山

180911_0121
 天気が良ければ釧路市内から、摩周岳、斜里岳が見える。とお話すると、まさか~と言われますが、本当です!!天気の良かった昨日、しっかりと見えていました。

180911_0122
 左から、青丸:摩周岳、黄丸:西別岳、赤丸:斜里岳です。
 摩周湖の第一展望台から霧で見えないことがありますが、摩周岳(857m)見えています。摩周湖を隠す霧は、釧路の海から流れた海霧というのも納得です。こんなことも書いていました。
 知床の根本にある斜里岳(1547m)もご覧の通りです。

Mmm
 釧路市内から斜里岳、この間約90kmに遮るものが無い、北海道の東部です。

 「まさか~」と言った皆様、写真を見てご理解いただけたかと思います。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2018年9月 8日 (土)

今日の細岡

180908_0061
 ご存知の通り、9月6日(木)午前3時8分(ちょっと前)に胆振地方中東部地震が発生しました。震度3の揺れで目覚めたと同時に停電、一旦復旧したものの7日午前2時ごろまで、約23時間停電でした。覚えのある限り、23時間の停電は初めての経験だったと思います。

 今回の長時間の停電を経験して、我が家の備えは出来ていたかと振り返っています。また地域の避難所開設のお手伝いを少ししたので(と言ってもオール電化の家の方が避難所のプロパンで調理をしたり、スマホの充電、テレビが見れたので情報収集などのお手伝いでした)、それらの備えについても考えた、23時間でした。それも、これも今後の役に立てて行きたいと思います。

 そして、今日の昼頃に青空が出てきた細岡です。台風が通り過ぎたり、地震があったり、停電もありましたが、晴れれば青空になり、釧路川はいつものようにゆったりと流れています。

 せっかくだから、数日前の青空!!とても綺麗だったのでここで掲載!!
S180902_0051

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2015年6月 7日 (日)

今日の運動会

150607_003p
 今朝の最低気温2.5℃、いくら道東でも寒過ぎます。例年より暖かさが先行したので、ここらで一休みなのかもしれないです。気温は低かったものの、青空!!ヨッシャ、来いです。

 そんなヨッシャ、来いの気分で迎えた地区の小学校と自治会の合同運動会。全校生徒が35名と少人数校なので、自治会と合同で大人も参加する運動会を行っています。大人も子供も、トーさんもカーさんも必死に走ったり、演技したり、転んだり、ちょっと泣いたりの楽しい運動会でした。私もいくつかの競技に参加し、全力疾走と言う言葉を遠くに見た気がしましたが、しっかりと楽しみました。
 当番なのでお手伝いもしましたが、慣れた皆様に助けていただき無事に終えることが出来ました。楽しい運動会をありがとうございます。
 いくつになっても、運動会は楽しい!と実感した、今日でした。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
 自然と遊ぼう!R[アール]

|

より以前の記事一覧