動物

2019年1月 5日 (土)

今日の足跡

190104_0201
 スノーハイキングで雪原の上を歩いている時に出会った、足跡です。雪が降ったすぐ後だったので、くっきりはっきり残っていました。
 足跡の主はウサギさんです。後ろ足に比べると小さな前足が前後に並び、その向こう側に大きな後足が並んでいます。その後ろ足で大きく跳躍、前足を着いて、後足を持ってきて、再び跳躍を繰り返しています・・・・・説明が伝わっているでしょうか???
 大きな跳躍を繰り返してきて、その後跳躍の幅が狭くなっているのは、急がなくてもよくなった?急いでも間に合わないことを悟ったのか?いずれにしてもその後等間隔で足跡が続いているのは、リラックスしているのかな?・・・・・とそんなことを想像して、足跡を残した動物になったつもりで、雪の上を歩き、動物の姿は見えなくても、イメージの中ではたくさんの動物に会っている・・・・・妄想しています。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2018年12月31日 (月)

今日の引継ぎ

181231_0051
 先ほど干支の引継ぎ式を無事に終えました。2人の間で「干支の順ではブービーとブービーメーカーですな~ハハハハ」という会話があったとか、無かったとか。

 2018年の1年間、いかがお過ごしだったでしょうか。
 私の1年は思わぬ出会いもあり、悲しい別れもあり、嬉しい再会もあり、年相応に様々なことがあった年でした。でも、身体だけは元気に過ごせたのではないかと思っています。

 今年もたくさんの出会いや、多くのことを経験しました。去年よりはちょっとは成長したと信じて、2019年もワクワクしながらボチボチやって行きたいと思います。

 2018年もお世話になりました、ありがとうございます!!

 今年会えた方、会えなかった、まだ見ぬ方々、良いお年をお迎えしますように祈念しています。2019年も元気一杯で行きましょう!!

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2018年11月 5日 (月)

今日の霜

181031_0281
 6日間続いていた氷点下の朝、今日は久しぶりにプラスの気温でした。写真は氷点下が続いていた、ここ数日の今朝です。

 しっかりと冷えた朝には、霜もしっかり着いています。まだ、枯れる前の草にも・・・

181031_0201
 
 落ち葉にも。粉砂糖を降りかけたように、一様に白くなっています。空気中の水分が全て凍りついたようです。

181031_0061

 浅い水溜りには、人の手では描けないような文様が現れていました。

181031_0321
 散歩道を歩きながら、しゃがみ込んで写真を撮っていると、丘の上からエゾシカの皆さんが「あの二本脚は何をやっているんだ?」と観察されていたようです。

 冷えた朝にも美しい風景があります。ちょっと我慢して、散歩です。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]
 

|

2018年10月30日 (火)

今日の川下り

181026_0081

 先日の夫婦 とは場所も違い、見た感じが若いようなので別の夫婦のようです。オジロワシの夫婦はメスの方が大きいことが多いので、右側がメスのようです。先のブログ で、身体は大きくとも、オスが高い所にいるのは、メスがオスを立てているのか?などと書きましたが、この夫婦もオスが高い所にいます。オスを立てているのか、ただ単に重い方が根元にいるとが安定しているからなのか、今後の観察の課題です。

181026_0121
 タンチョウを見つけ彼らを避けて反対の岸側に寄ったのですが、我々を見ずに何かを気にしている様子。そのうち「コォーッ!!」と鋭い声を発しました。それと同時に飛び出し走り出したキタキツネ、写真右端で走って逃げています。キタキツネがタンチョウを狙ったのか、ただの行き違いの際にタンチョウに脅かされたのか?キタキツネもつらいよ、です。

181026_0111
 恋の季節で大忙しのエゾシカのオスです。この1週間、いつも以上にラッティング・コールが騒がしいエゾシカ。夜には、メスにアピールしたり、別のオスと縄張り争いをして、別世界のように「クォーーーン!、クォーーーン!」と鳴いて・・・叫んでいます。
 こちらのオスは、恋もお腹が減るからね、と食事中でした。折れた左の角は、縄張り争いのせいなのか?エゾシカもつらいよ、です。

181026_0011
 鳴かなければ気が付かなかったオジロワシ。横を通り過ぎる私達へのアピールなのか、通り過ぎた後も暫く鳴いていました。続けて鳴くのを聞いていると、オジロワシもつらいのか?・・・・・ちょっと無理矢理でした。

 そんな川下りで出合った、湿原の愉快な仲間たちでした。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]
 

|

2018年10月25日 (木)

今日の満月

20181025_0221_2
 満月、空に満月です。
 午後5時を過ぎた頃、東の端のそれよりまだ東の空から赤い月が昇り始めました。どんどんと昇ってゆくうちに光耀いた満月です。

 満月に影響されたのか、恋の季節真っ最中のエゾシカの皆さん(オスの皆さんです)は、メスにアピールするため、他のオスジカに縄張り宣言をするため「クゥォォォォン、クゥォォォォォン」といつも以上に鳴いています。オスジカ同士鳴きあって優劣が決まらない時は、角を突き合わせて力比べです。なかなか忙しいエゾシカの恋の季節、のんびり満月を愛でる余裕は無いのかな。

 満月を見ながら、「月がとっても青いから」とナツメロ(とても古い歌だと思っていましたが、私が生まれる8年前の曲)を思い出しました。
 よくよく歌詞を読んでみると「月の雫」なんてあるので、秋なのかな?それとも色々な季節を歌っているのかな?と想像してみました。「二人っきりでサ帰ろう」という艶っぽい歌ですが、エゾシカの皆様はそれどころではないようです。

 皆さんの月はいかがですか?

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2018年10月13日 (土)

今日のエゾシカ

181004_0181
 川を下っていると、たくさんのエゾシカです。川を流れる私たちに注意するヤツ、知らぬ顔してエサを食べるヤツ、遠くを眺めているヤツ、エゾシカもそれぞれです。

181006_0091
 角を持ったオスジカです。恋の季節の10月、ラッティイング・コールと呼ばれる鳴き声で、メスを誘ったり、他のオスジカと縄張り争いをして、時には角を使って力比べをしたりと忙しい日々を過ごしています。昼間に座り込んでいるのは、ひと時の休憩なのか??
181010_0161
 さて、この写真には何頭のエゾシカがいるでしょうか。クリックすると写真が大きくなります。正解は次回のブログ投稿で!!
 花札では10月の動物はシカです。それはそれなりに、いつも以上に活動的に過ごしているからでしょう。10月のシカ、まだまだ忙しい日々を送るようです。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2018年9月30日 (日)

今日の看板

 看板 その1

S180927_0011_2
 釧路川の川下りのスタート地点のひとつ、塘路元村キャンプ場に立てられている看板です。国指定釧路湿原鳥獣保護区が設置されている期間は10年、今年の10月31日に解除されるのか?きっと延長もしくは新規に設置されるのでしょう。この看板の期間もそのうち書き換えられるのだろうと思います。たしかこの看板が立てられた時に、内容を読んで「そうなんだ」と思った記憶があります。(写真をクリックすると看板を読めます)この看板を読んだのは、その時以来?ついこの間のような気がしますが、10年くらい前のことでした。

S180927_0021
 看板の右下を見ると・・・・・ハクトウワシ(白頭鷲)に見えます。ここ釧路湿原というか日本では見たことありません。イラストはイメージということなのか?

 看板 その2
180922_0221
 とある川を下って、カヌーの発着場と指定されているところで上陸して、カヌーを引き上げて振り返ると、こちらの看板でした。あそんでは、いけないのか!?
 いや、よく考えると私は仕事してるんだ~、大丈夫、だいじょうぶ。

 小さな頃、小川だったのか用水路を遊びながら移動していると、通りがかりの見知らぬおじさんに「川で遊んじゃダメ!って書いてあるだろう!!」と「川で遊ぶの禁止!」てなことが書かれている看板をバンバン叩きながら注意されたことがありました。「川に入ったところには何もなかってん」と言いながらちょっと凹みつつすごすごと川から出た思い出があります。見知らぬ子供でも、危ないことをしているとちゃんと注意することが出来る大人の人がいた、そんな環境に育ってきたのだなと思い出しています。その時のオジサン、注意してくれてありがとう。その時のガキンチョは今も川にいます。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2018年9月27日 (木)

今日のエゾリス

180925_0041
 シーズンが過ぎて人の出入の少なくなったキャンプ場、クルミの樹が何本もあるので、たくさんのクルミの実 が落ちています。そこに現れたエゾリス、「こんなに食べ物があるなんて天国や~!!」と言ったとか。カリカリとクルミの実を割って食べています。また、いくつかのクルミを頬張って、あちらへこちらへと運び冬の食料を貯め込む作業に忙しい様子です。 

 貯め込んだクルミの内、冬の間に食べられるものは貯め込んだ30~50%ほどだそうです。冬の間に食べられなかったクルミである種は、暖かくなると芽吹き、そのうちのいくつかはクルミの樹となって、またクルミを作ります。クルミの樹にしてみれば、ある程度はエゾリスたちに実は食べられてしまいますが、より多くの実(種)を広く、遠くに運んでくれるという、クルミの樹とエゾリスの「持ちつ持たれつの関係」があります。

 自然の中、樹と動物も繋がっています。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2018年9月24日 (月)

今日のエゾシカ

180922_0051_2

 朝の散歩の途中、動物の匂いがするなと思った途端、左のササ原がガサガサガサと鳴り、20mほど前で小道を横切るエゾシカ10頭。次々に横切って、右側の牧草地へ入ってゆきました。きっと私が匂いを感じるより前に私に気づき、どうする隠れとく、逃げとく、ああ!我慢できないとばかりに逃げ出したのでしょう。大丈夫、捕まえたりしないから、お皿にのっていたら頂くけども。
180922_0151
 牧草地に入り、距離をとったら余裕が出来たのでしょう。とりあえずこちらを警戒する奴、牧草を食べ始める奴、逃げる体勢なのかお尻を見せてる奴、10頭でした。

 ご覧の牧草地は5月はこんな風景(5月19日) でした。今年はこの牧草地での刈り取りは1回のみ、来年をきっとたくさん収穫できるのでしょう。
 今はだんだんと秋の色になってきましたが、来年の夏には「おお牧場はみどり」(5月19日ブログをご参照)です。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2018年9月16日 (日)

今日のオスジカ

180909_0031
 今年初めてエゾジカのラッティングコールを聞いたのは、先週13日の夜、自宅でした。少し早めに鳴きだした奴が近所に居るようです。

 エゾジカの恋の季節が始まりました。普段は警戒の鳴き声しか出さないエゾジカが、縄張りや自己主張のため「クゥォーーーン、クゥォーーーン」とラッティングコールという鳴きかたを始めます。メスジカに対しては「僕はこんな元気です!!」とアピールして、他のオスジカに対しては「ここは俺の場所だから、近くに寄るなよ!!」と宣言するわけです。それを聞いたメスジカは「かっこいい、元気な人(鹿)がいるわー」と思ったり、「しょうむない奴が鳴いている」とか思ったりするそうな。また、オスジカは「ウルセー!やんのかぁ!!」となったり「相すみません」となったりです。「やんのかぁ!!オラーー」となると角を突き合わせて力比べの始まりです。あっと言う間に決着がつくこともあれば、延々続くこともあります。男はつらいよ、です。

 写真のオスジカは昨年生まれたまだ若いオスジカのようです。隣の奴も顔を上げたら、伸び始めた角がある若いオスジカでした。
 今年の恋の季節に彼らは参戦するのか!参戦しても先輩方に「黙っとけ!」と怒鳴られるのか!!農業や林業に多大な被害をもたらせるエゾシカですが、それはそれとして頑張れ!!

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

より以前の記事一覧