動物

2017年7月17日 (月)

今日の顔

005
 川下り中に出会った親子、当たり前だけど同じ顔しています。この後、親子同時に「カヌーが行ったから、続きを食べよう」と頭を草に突っ込んでいました。彼らもきっと暑さがひと段落して、ほっとしているのでしょう。でも、まだ7月です。

 連休中の色々。

003
 ご近所の釣り師から頂いた、ヤマベ。サクラマス の海に下らなかったものです。てんぷらにして、日本酒で頂きました。柔らかく、しっかりした味の魚です。

002
 連休前半まで続いた、暑い日々。16日には少し雨が降って、落ち着きました。雨が付いた蜘蛛の巣は綺麗だけど、蜘蛛にとっては嫌な雨です。

004
 川下り途中に出会うことが多いノロッコ号。時にはちょっと違った場所から眺めるのも、いい感じです。この場所ではゆっくりとは走っていませんでしたが、お互い目が合えば、手を振り合います。

 連休中に出会った、色々でした。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2017年7月15日 (土)

今日の釧路川

002
 7月7日から今日15日まで、一日を除き30℃越えの気温を記録している、鶴居村です。30℃以上の気温がこれほど続いたことは無かったことと思います。鶴居村の7月の平均気温の積算は514.4℃(R[アール]調べ)ですが、今月は果たしてどんな気温になることでしょう。いやいや、それにしても、暑い!!道東の方も、北海道の方も、全国の方も、高温対策をしっかりと!お気をつけください。

 川の風景です。

003
 ミンクが川を渡っていました。いつもならスーッと流れるように泳ぐのですが、なぜか少しバタつきながら(バタ足、バタフライにあらず)泳いでいます。陸に上がったのを見てみると、ザリガニを咥えています。咥えていて泳ぎにくかったのか?まだ生きていたのでバタバタしたのか?陸に上がると、たぶんエサを待っている子供の元へ走ってゆきました。

001
 子連れのカワアイサ、12羽の子供を連れていたパワフルカーちゃんです。この一団を見つけて、すぐに川の反対側へ移動して、道(川)を譲りました。カヌーが近付くことで一団が離れ離れになることがあります。くれぐれも近付いたりしないよう気をつけましょう。 

 その他にもシマヘビが手も脚も無いのに、体をくねらせて、思いのほか早く泳いでいました。今までも気温が上がると、泳いでいるヘビをよく見かけます。ヘビもやっぱり暑いのでしょうね。さてこの暑さいつまで続くのか!!

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2017年7月 4日 (火)

今日の立て札

005
 先日のブログでヒグマの痕について書いたので、ヒグマってそんな近くにいますか?どれくらいの頻度で会いますか?死んだふりをした方がいいですか?などなどご質問を受けます。
 「油断は禁物、でも必要以上に緊張することはない」だと思います。答えになってないですね。また、出会った時には死んだふりが良いのか?!ですが、抵抗せずに助かった人もいますし、抵抗して助かった方もいます。やっぱり答えになりません。

 野生の動物相手のことですので、正解はありません。居るかも知れない場所へ行くときは、ヒグマに対する知識を身につけてください、準備してください。それが、自然に対する礼儀なのだと思います。

 うーん、書き出したものの、結局答えは無いのだなぁ~。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2017年7月 1日 (土)

今日のエゾシカ

170701_0121
 釧路から離れたブログばかりだね~と声が聞こえましたが、たまたま続いただけで、釧路湿原周辺をウロウロ、たゆたうしています。

 釧路川を流れていた今日です。
 今年生まれた小鹿とお兄ちゃん鹿、川下り途中に出会いました。兄弟で動きがシンクロしています。お兄ちゃんは草を食べて、小鹿は水を飲んでいるのかな?小鹿の尻尾が自己主張しています。

 もう一頭いたのはお母さん、170701_0111
 食事中の方失礼します。右端のお母さん、オシッコしてます、水洗か!!

 お母さん、お兄ちゃん、今年生まれの小鹿と書きましたが、それぞれ根拠があっての想像です。エゾシカのグループを見つけて、どのような関係、年齢、性別なんてことを想像するのも楽しいです。どこをどのように見て、想像するか、お話しながら川下りしています。
 なお、この写真以外の姿も見て想像しています。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2017年6月20日 (火)

今日の痕

001_2
 いつも車で走っているところ、ほんの少し道を外れると、フキの葉が不自然に倒れています。何かがそこを踏み固めたようでもあります。

002

 フキの茎が倒されただけでなく、伐られてる・・・というか食べられたというか、引きちぎられていました。

 たまたま一緒だった動物の調査もする友人に見てもらうと、「ヒグマだろうね」ということ。前日の夜を西からの風が吹いていたことを考えると、西風を遮るこの場所は良い寝床となったようです。
 思ったよりも近くを通り過ぎていること、ごくまれに車から見かけたこともありますが、たまにこうやって生活のすぐ側で痕を見つけると、そんなに遠い存在ではないのだなと思います。
 お互い無用な接触をしないように、気をつけましょうね。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2017年6月18日 (日)

今日のキタキツネ

001
 樹に登っている、キタキツネです。煽てられたわけでも無そうです。

003
 あっちを向いたり、

004
 こっちを見たり。

 本来樹に登るはずの無いキタキツネ、登るからには訳があったのでしょう。地面に嫌なもの、昆虫や大きなヘビが居たとか、追いかけられたとか、自分を大きく見せようと高いところに登ったのか。まさか遠くの国を見てみたかったのか。キタキツネにも、それなりに事情がありそうです。夕方の出来事でした。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]





|

2017年5月25日 (木)

今日のキタキツネ

20170525_0061
 先日のキタキツネ とは違う、庭を通行中のキタキツネです。何かに気づいて、様子を伺っています。首を伸ばして遠くを見たり、鼻をヒクつかせたりしています。

 その何かは通り過ぎたようで、

20170525_0101
 「何見てんだよ!!」の顔で今度は私を注視しています。いえいえ、どうぞお通り下さいと言ったところ、元々はジーちゃんのジーちゃんはここに住んでいたんだゾ!!と捨てゼリフで通り過ぎて行きました。

 ごもっともです。

 キツネも忙しそうな、緑の季節です。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2017年5月20日 (土)

今日のキタキツネ

170520_0031
 寛いでいるところ、一体何の用ですか!もしくは、それ以上近付くと逃げるぞ!とか言っています。油断はしていないけど、少し人馴れしているキタキツネです。大きさを見ると、昨年生まれたようです。初めての越した冬はどんなだったのでしょうか。何を獲って、どんなところで1年過ごしたのか、聞いてみたいと思います。

 今日の鶴居の最低気温と最高気温の差が25℃!!!本日、今シーズン初めての30℃越えでした。ここ数日の気温の上昇、今日一日でもこれだけの差、身体に堪える前に、水分補強、栄養補給、十分な睡眠です。いやいや本当に気まぐれな天候です。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2017年4月30日 (日)

今日の釧路川

001
 いよいよ川下りシーズンの始まりです。R[アール]ではG.W.より川下りのご案内を開始しています。冬に川下りをしていない理由です。 ←クリックしてください。

 川の周辺は気温がやや低いので、まだまだ葉が開いていません。だから、この季節は、鳥の姿を良く見ることが出来ます。

002
 川の周りは葉が開いていないと言った舌の根も乾かぬうちに、ヤナギが芽吹いています。ヤナギの緑、広がってきました。

003
 周囲にはカヌーはいないようです。川も、青空も独り占めでした。

004
 川からの風景。これから芽吹くぞ、葉を広げるぞとか言っている、ヤチハンノキです。青空に向かって背伸びしているかのようです。

005
 クイズです。上の写真にエゾシカは何頭いるでしょうか。画像をクリックして大きな写真で探してみてください。いえいえ、賞品など出ませ~ん。観察眼のトレーニングです。

 今年もカヌーシーズンも、事故の無いよう、たくさんの皆様と出会えますように!!お待ちしています。

 皆様のG.W.はいかがでしょうか。続けてずっとお休みの方、カレンダー通りの方、それどころでなくお仕事の方、皆様のG.W.が楽しい時でありますように!!

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2017年4月11日 (火)

今日の高札

Kan1_2
 散歩道のひとつの入り口にある看板です。このように書いていないと、撃つ人もいるのでしょう。そしてこの散歩道をどんどん歩いて行くと↓↓↓の看板です。

Kan2_2
 え?!どこから撃ってよくなったのでしょうか??ということで、役場に電話して聞いてみると、人や車が通るところに向けては撃ちませんが、パァーンって銃声が聞こえるかもしれないので驚かれませぬように、と言うことでした。説明を聞いて安心しましたが、しばらくは目立つ服装で歩こうと思うのでした。

 エゾシカが増えたことにより、北海道内は食害で甚大な被害を受けています。一旦崩れた動物や植物のバランスは、なかなか取り戻すことは大変なことですが、このような害獣駆除の対策も必要なことです。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然とあそぼう!R[アール]

|

より以前の記事一覧