北海道

2020年9月11日 (金)

今日の滝三題

 釧路湿原を離れて、滝巡りに出掛けました。

200911-012 オンネトーの湯の滝です。冬に来ると湯気がモウモウと立ち上がっているところです。今は温かい水が流れています。
 なんでも、微生物がマンガン鉱物を生成するのを陸上で見ることが出来る世界で唯一のところらしいです。駐車場に車を停めて、30分歩けば到着できます。(地図をちゃんとご覧になって歩いてください)
 微生物がマンガン鉱物を生成というのは・・・・
200911-006ということだそうです。地球が出来て暫くした35億年前、生物の生命維持に不可欠な酸素がどのように出来たかが解明される・・・・壮大過ぎます。
200911-008 そんな滝のそばで、トリカブト群生していました。 

200911-020 白藤の滝です。雌阿寒岳の中腹から流れ出た水が国道241号線を潜り、白藤の滝となります。勢いよく流れ落ちる水の白さ、放物線を描く水の形から白藤と名付けられたようです。この水は、白水川、足寄川、利別川、十勝川と名前を変えて太平洋に流れ出ます。

200911-032 阿寒湖から流れ出る阿寒川の始まりにある滝です。紅葉の頃はカメラマンの三脚が林立します。滝の名前は無いようですが、滝見橋から見える滝とい言ったところでしょうか。

 とここまで書いて、デジャブを感じました。
 2013年10月15日 今日の三滝
 おおよそ同じことを書いています。2000回も書いていると、こんなことありますから~。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2020年9月 5日 (土)

今日の釧路川

200905-0061  青空、雲、霧も少しの全体的に良い天気で、川下り後は暑くなるような、今日1日でした。

 昨日と本日は公的機関のイベントのお手伝いとなり、いつもと違って、
200905-0021 大人数の参加者で川を下り、(私は撮影隊カヌー)

200904-0101 こんな葦をかき分け歩いたり、説明を聞いたりしました。

S200905-0021 カヌーの師匠(教えたっけ?とか言いますが)でもある先輩ガイドと久しぶりに一緒に仕事となりました。写真は厳しい反省会の後「お互い変わりまへんなぁ」と言っているとこです。

 たまには違ったスタイルの仕事も楽しいものだと思った、二日間でした。

 

===祝 2000回!!===
 今回の記事で、東の端から「こんにちは!!」が2000回目の記事となりました。2006年3月から書き出して14年半、自分の手の届くところ、目の届くところを書いてきました。三日坊主な私が続けてこれたのも、気負わずに好きなことを書き、それを読んでくれる方々居るからだと思います。これからも、クスっと笑ったり、へぇ~そんなんだと思ったり、時には考えていただけるようなことを書いてゆきたいと思います。
 今まで読んで頂いてありがとうございます。そして、これからもよろしくお願いいたします。 R[アール]氏原英和

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2020年8月20日 (木)

今日のノロッコ号

200726-0071  全く今日で無い、しばらく前のノロッコ号です。釧路湿原の東側にある夢が丘展望台へ登った時、ちょうどノロッコ号が展望台の下を通過してゆきました。先日の投稿(7月25日「今日のノロッコ号」)ではノロッコ号からカヌーは見下ろされていましたが、今回は展望台から見下ろしてみました。♪緑の中を走り抜けて行く♪ノロッコ号です。

200726-0091 夢が丘展望台のある達古武はおおよそ80mの高さの山です。ノロッコ号は、山と川の間にある湿地を走り抜けて、細岡駅から塘路駅に向かっています。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2020年7月31日 (金)

今日の色

 久しぶりに弟子屈へ。道中見つけた色、色々です。

200729-0281 広大なジャガイモ畑。少し紫かかった白と葉の緑が奇麗です。

200730-0071 もうすぐ鋤込まれる、緑肥であるキガラシ。画像よりも明るい、蛍光色のような黄色でした。

200729-0041 透き通った湧水の中で育つ、クレソンの黄緑。水に揺られて、神秘的です。

 番外です。
200730-0011 ここで何があったのか?何かの現場なのか?・・・・そんなわけないけど。
 テントマットのようでもあるけど、人型です。どのように使うのか?周囲に持ち主が居ないので聞けませんでしたが、なんだろう?えーっと柿色です。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

 

|

2020年7月20日 (月)

今日の青空

200719-0051 「北海道の空は上でなく、前にある」と言ったのはどこの旅人だったでしょうか。

 ドーンと青空です。ここしばらく曇り空が続いて、太陽も青空もご無沙汰だったのが、数日前からほんの少し、青空が短時間見えるようになり、昨日、今日と文句あっか!と言いたくなるような青空、本日の最高気温28℃でした。いきなり暑くなると、堪えます。それでも夕方には20℃を下回り、いきなり涼しくなりました。夏本番!でも涼しい道東です。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2020年7月 8日 (水)

今日の庭の花

 つい先日までにぎわっていたエゾキスゲは時期が過ぎ、花もほんの少し残るだけで、周りに他の雑草に覆われて始めています。他の植物よりも早く咲いて、これからは根に栄養を貯めるのでしょう。

 今日は朝から霧のような、雨のような。植物にとっては恵みの雨。しっとり水滴がついていました。只今庭に咲いている花を三種。名前は後から。

20200708-0051 蕾はピンクでしたが、花になると薄くなり白い花です。

200708-0041 北海道と言えば!

200708-0021 同じく北海道の歌にも出て来る!

 

 

 1枚目は、シャクナゲです。シャクナゲはピンクの花ですが、こちらのハクサンシャクナゲはご覧のように白い花を咲かせます。7,8年前、釧路の友人が暫く留守にしていた初冬の我が家に「良かったら育ててあげて」と置いて行ったものです。家に戻った時は地面が凍り始めていましたが、何とか穴を掘り春になれば定着するよな!と声を掛けながら見守った樹です。毎年ちゃんと花を咲かせています。

 2枚目は、ジャガイモの花。アンデスから右回りに地球を回って北海道へ。今では世界中で食べられている野菜です。意外と知られていませんが、ナスの仲間です。(ナス科ナス属)

 3枚目は、ハマナスです。ガイドを始めた頃、ハマナスだと説明したところ、「正式名称はハマナシ!!牧野富太郎先生がハマナシとおっしゃっている!!」と力説というか、説教されビビった覚えがあります。仕舞いには、「森繁久彌が知床旅情など唄って間違いを広めた!!」と森繁さんまで槍玉に上がっていました。ハマナスを見るたびにその時のことを思い出します。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2020年7月 1日 (水)

今日のキツツキ

 

 もののけが住む森で、このような音がよく聞こえます・・・アニメーション映画「もののけ姫」の木霊(コダマ)の音のイメージは、このキツツキの樹をつつく音だったと思います。
 巣にしたり、エサを獲るために樹をつつきますが、この音は大きな音を出して自分の存在をアピールするためのつつき・ドラミングと言われています。枯れて中が空洞の樹や家の板壁やアンテナなどもつついています。以前にも書きましたが、我が家の板壁、アンテナつつかれています。いつもは3月から5月頃にドラミングをしているのですが、この時期にどうしたのでしょうか。少し遅れて縄張り主張やら、メスにアピールなのか、実際のところはご本人聞いてみないとわかりませんが、何かアピールをしたかったようです。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2020年6月16日 (火)

今日の牧草地

200613-001  先日エゾシカが隠れていた牧草地、角度を変えるとこのように牧草が伸びています。青空の下、太陽を浴びて伸びています。

200615-004 そして次の日、刈り倒します。(牧草を刈り、倒しておくという意味です)刈った牧草を筋状に集めておきます。家の前の7haくらいの牧草地が2時間弱で刈り倒されました。

200616-0011 左の機械がハーベスタと呼ばれるもの。筋状になっている牧草を巻き上げ、並走するトラックに積んで(吹き込んで)行きます。ハーベスタとトラックのチームワークのなせる技です。トラック一杯になると、クラクション一声でトラックは牧場へ走って行き、次のトラックの積み込みとなります。

200616-0021 積み込んでいる後ろで、追い掛けながら順番を待つ黒いトラック。間髪入れずにハーベスタと並走します。
 トラックが常に数台待っているときもありますが、今日はトラックの台数が少なかったのか、牧場へ行き戻ってくるまでハーベスタが停車していることもありましたが、2時間半ほどで全て積み込み終了。見ていてもアッと言う間の作業でした。

 それにしても緑色の牧草を食べて(配合肥料と言われる穀物も与えられています)、栄養たっぷりの白い牛乳が出来るのか?知識として仕組みは知っているけれど、不思議なものです。
 牛の皆様には、ワシワシ食べて美味しい牛乳を作っていただきたいです!!

 いったい7haの牧草地から、どれくらいのミルクが出来るのだろう?   皆様もご想像ください。答えは次回!

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2020年5月18日 (月)

今日の行者ニンニク

S200514-003 まだ他の植物が地面を覆いつくす前、行者ニンニクが土から顔を出します。以前、長野で見たときは、「行者ニンニクの自生地なので、採らないように」と立て看板がありましたが、たくさん育っている北海道では「育っているから、収穫しましょう」とばかりに、たくさんの人が採っています。ところ変われば、いろいろルールも異なります。写真のようなところを見つけたら、採らずにはおれません。

 そして、頂きます。
S200507-001 さっと湯がいて、おひたしに。削り節と醤油もいいですが、少しの醤油とマヨネーズも美味しいです。

S200513-002 天ぷらです。冷や酒でやりたいところです。

S200514-019
 モズクの天ぷら(沖縄料理)に刻んで入れてみました。沖縄と北海道のコラボレーションです。なかなか、いけます・・・泡盛持ってこい!

S200515-002 醤油漬け、と言っても、作る人それぞれで、出汁と醤油で漬けたり、お酒も加えたりと色々です。細かく刻んで、ご飯にまぶしたり、納豆に入れたり、いろいろ使えます。

S200517-009 友人から頂いた、手作り行者ニンニク餃子!中の餡はほぼ行者ニンニク、ムヤミに力が湧いて来ます。この時はもちろんビールでいただきました。

 行者ニンニクの食べ方色々です。たくさん採る方は、この時期は八百屋いらずで、医者いらずになるとか!!次の日に人と会うことなんか気にせずに行者ニンニクです!!

 注:決して一晩で食した料理の写真ではありませんよ~。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

 

|

2020年5月15日 (金)

今日の花見

20200515-0581 たぶん今日がこの辺りでは桜の花がピークだと思い、近所の私有地だけど桜公園のようなところに行きました。満開です。

200515-0171  私の後ろ側にも、たくさんの桜です。同じような思って、見に来ている方々もいらっしゃいました。今年が特別ではなく、地元の人だけが知っている桜公園(のようなところ)例年通り、疎で桜を楽しめました。

20200515-0541 エゾヤマザクラはソメイヨシノより白いですが、こちらは濃い色のエゾヤマザクラ。

20200515-0271 花と共に葉が広がり始めています。

200515-019 こちらは白が強い桜です。桜も色々種類や個体それぞれで差があるようです。土壌の質にもよるのかな?

20200515-0471 ヤマザクラに少し遅れて咲き出している、八重桜。蕾がたくさんついていたので、これから楽しめそうです。

 北海道に暮らして、25回目の桜です。桜の咲くことが年々うれしくなるのは、北海道での季節の感じ方が身体に染み付いたせい?年齢のせい?
 北海道の桜は初夏に咲く、暦の上では立夏です。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

 

|

より以前の記事一覧