植物

2020年7月 8日 (水)

今日の庭の花

 つい先日までにぎわっていたエゾキスゲは時期が過ぎ、花もほんの少し残るだけで、周りに他の雑草に覆われて始めています。他の植物よりも早く咲いて、これからは根に栄養を貯めるのでしょう。

 今日は朝から霧のような、雨のような。植物にとっては恵みの雨。しっとり水滴がついていました。只今庭に咲いている花を三種。名前は後から。

20200708-0051 蕾はピンクでしたが、花になると薄くなり白い花です。

200708-0041 北海道と言えば!

200708-0021 同じく北海道の歌にも出て来る!

 

 

 1枚目は、シャクナゲです。シャクナゲはピンクの花ですが、こちらのハクサンシャクナゲはご覧のように白い花を咲かせます。7,8年前、釧路の友人が暫く留守にしていた初冬の我が家に「良かったら育ててあげて」と置いて行ったものです。家に戻った時は地面が凍り始めていましたが、何とか穴を掘り春になれば定着するよな!と声を掛けながら見守った樹です。毎年ちゃんと花を咲かせています。

 2枚目は、ジャガイモの花。アンデスから右回りに地球を回って北海道へ。今では世界中で食べられている野菜です。意外と知られていませんが、ナスの仲間です。(ナス科ナス属)

 3枚目は、ハマナスです。ガイドを始めた頃、ハマナスだと説明したところ、「正式名称はハマナシ!!牧野富太郎先生がハマナシとおっしゃっている!!」と力説というか、説教されビビった覚えがあります。仕舞いには、「森繁久彌が知床旅情など唄って間違いを広めた!!」と森繁さんまで槍玉に上がっていました。ハマナスを見るたびにその時のことを思い出します。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2020年7月 5日 (日)

今日のホザキシモツケ

200705-003  久しぶりの青空です。薄い雲はあるけれど、夏らしい青い空です。本日の最高気温22.8℃、少々暑いくらいですが、心地よいです。

200703-0231 湿原の夏の花、ホザキシモツケが咲き始めました。一番に咲いた花、まだまだ蕾の物、夏の間次々に咲き、緑の葉と桃色の花を楽しませてくれます。

200703-019 ケバケバした姿から、一部地域ではデンブ花、桜デンブに似ているからだそうですが、当たり前のことながら、甘くはありません。また、このケバケバしたのは、花弁の倍ほどの長さで50本もあるオシベです。メシベは花弁の中で短く5本あります。
 ずいぶん前に実際本数を確認したメシベ、今日確認してみようと目を凝らしてみると・・・・なんとか5本確認できました。

 気温が上がって行くにしたがって、ホザキシモツケが湿原に増えてきます。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2020年6月23日 (火)

今日の散歩

200622-0071
 只今庭で絶賛咲き誇っている、エゾキスゲ。年々株が大きくなり、広がっています。この花を見ると、いよいよ夏だと思います。

200622-0221
 人の手が入った湿地のタンチョウ一羽。一体何を思うのか。一羽なのは、相方がヒナの面倒を見ているのでしょうか。ゆっくり、ゆっくりと歩いていました。

200622-0171
 エゾスカシユリです。花弁の根元(言い方がおかしいかな?だいたい分かっていただけるかと)が細くなっているのが、透かし彫りのようなのでこの名がついたとか。(諸説あるようです)

200622-0231
 今日も近所の牧草地で刈り取り作業が行われていました。刈りながら草を筋状に集めています。
 で、ここで気が付きました。7haの牧草地で1年間どれくらいのミルクが生産されるか、と先日クイズを出したままでした。牛一頭が1年間で、おおよそ1ha分のおおよそ牧草を食べるそうです。7haですから7頭分の牧草地となります。牛は一日に20Lから30Lのミルクを出すので、25L×365日×7頭=63875L が生産されるというのはあくまでも机の上の計算。実際は穀物も食べているし、水も飲むし、調子が悪い時もあるでしょうから実際は違うかと思いますが、計算上はこれくらいのようです。

200622-0271
 カラフトイバラも咲いています。ハマナスとよく似ていますが、ハマナスよりも花は小振りの同じバラ科の花です。しっかりと香っていました。

 散歩途中で見た、いろいろでした。で、先ほど村内放送で、我が家の近所の道道53号線をヒグマが渡ったそうです。時々見かけられる、同じ奴なのかな?この季節にエサ場を変えるそうです。警戒中の人に見つかりませんように。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2020年6月16日 (火)

今日の牧草地

200613-001  先日エゾシカが隠れていた牧草地、角度を変えるとこのように牧草が伸びています。青空の下、太陽を浴びて伸びています。

200615-004 そして次の日、刈り倒します。(牧草を刈り、倒しておくという意味です)刈った牧草を筋状に集めておきます。家の前の7haくらいの牧草地が2時間弱で刈り倒されました。

200616-0011 左の機械がハーベスタと呼ばれるもの。筋状になっている牧草を巻き上げ、並走するトラックに積んで(吹き込んで)行きます。ハーベスタとトラックのチームワークのなせる技です。トラック一杯になると、クラクション一声でトラックは牧場へ走って行き、次のトラックの積み込みとなります。

200616-0021 積み込んでいる後ろで、追い掛けながら順番を待つ黒いトラック。間髪入れずにハーベスタと並走します。
 トラックが常に数台待っているときもありますが、今日はトラックの台数が少なかったのか、牧場へ行き戻ってくるまでハーベスタが停車していることもありましたが、2時間半ほどで全て積み込み終了。見ていてもアッと言う間の作業でした。

 それにしても緑色の牧草を食べて(配合肥料と言われる穀物も与えられています)、栄養たっぷりの白い牛乳が出来るのか?知識として仕組みは知っているけれど、不思議なものです。
 牛の皆様には、ワシワシ食べて美味しい牛乳を作っていただきたいです!!

 いったい7haの牧草地から、どれくらいのミルクが出来るのだろう?   皆様もご想像ください。答えは次回!

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2020年6月10日 (水)

今日の花

 花が次々に咲き始めました。涼しい(寒い?)時もありますが、花の季節です。

200609-0281 エゾキスゲです。これから庭にどんどん咲く花です。庭に一番最初に咲いたエゾキスゲです。

200609-0301 ヤマブキです。昨年花が終わった後にシカに食われたのか、ずいぶんと切れて短くなっていましたが、今年もちゃんと咲いていました。増えそうで増えない花です。子供の頃絵の具に有った、ヤマブキイロというのをヤマブという物の黄色だと思っていたのは、子供にありがちなこと、ですよね。

200609-0131 花弁の元に網目があるので、アヤメと覚えています。よく似たカキツバタに網目はありません。また、アヤメは乾いた土地、カキツバタは湿ったところに咲いています。例外もあるけど、だいたいそうです。

200609-0341 フジです。いろいろと調べるとは本州以南が原産とされているので、元々は北海道には元々無かったのでしょうか。でも、各地に藤棚があったり、札幌には樹齢200年ものフジがあるとか。詳しい方教えてください。
 こちらのフジ、今までも見ているはずですが、あまり気に留めていなかったですが、気になりだしました。まだまだ花が咲きそうです。

 これからが花の季節、歩いて花を探しに行きたいと思います。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2020年5月31日 (日)

今日の花

S200526-0131 只今我が家の庭で最も多い花、エゾオオサクラソウです。笹を刈ったところから次々に花が咲き、年々数が増えて、株も大きくなっているようです。

S200526-0111 江戸時代には武士たちが好んで栽培したそうな。そのため江戸時代で150種以上の種類、今では300を越えるサクラソウがあるそうです。このエゾオオサクラソウ、野生の物です。

200529-0101 家の入口に大きく咲いている、クロフネツツジ。釧路の友人から頂き、10年位育っています。どんどん花が増えて来るので喜んでいましたが、ツツジに詳しい方によると間引くと大きな花が咲くそうな。間引いて見栄えの良い樹にするもの良いかなと思案中です。
 江戸時代初期に朝鮮半島から渡ってきた樹木です。黒船というとペリーなど江戸時代末期を思い浮かべますが、室町時代の頃よりやってきた外国の船は防腐剤にタールが塗られていたので、その頃から外国船を黒船と呼んだそうです。

S200531-0031 先日のブログにも書きました、オオバナノエンレイソウです。群生地とは言えませんが、庭にもずいぶんと増えました。この花が咲いた所にはいいことがあるという言い伝えがある地域があるようです。言い伝え、信じましょう!!

 昨日の鶴居村の最高気温31.5℃!!5月としては昨年の35.0℃に次いで2番目に高い気温となりました。通りで昨夜はビールが進んだはずです。この季節の高温は身体が慣れていないので、なかなか厳しいものです。暑さが厳しくなってきます、皆さん気を付けましょう!!・・・でも、そう言った途端冷え込んだりもする東の端、様々油断が出来ません。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2020年5月29日 (金)

今日の大花延齢草

200529-002 散歩道で見つけたオオバナノエンレイソウ(大花延齢草)、種が落ちて花が咲くまで10年近くかかると言いますが、この辺りでは笹が茂っているところを刈るといきなりオオバナノエンレイソウが咲くようです。笹の下で目立たず小さく咲いているのでしょう。我が家の敷地の笹を刈ったら、この花が咲くようになりました。
 写真の群生地も笹を刈ったらたくさん育つようになったのですが、また笹が育ってきたので、オオバナノエンレイソウは追いやられているようです。笹に恨みはありませんし、他人の土地ではありますが、笹刈りましょうかと思ってしまいます。

 オオバナノエンレイソウ、間違いなく私が見分けられる花の中で一番長い名前(11文字)ですが、最も長い植物の名前(正式名称ではないそうです)は、リュウグウノオトヒメノモトユイノキリハズシ(21文字)、アマモ(甘藻)のことだそうです。漢字で書くと、「龍宮乙姫元結の切り外し」だそうで、海岸に流れ着いたアマモをそのように見立てて付けた風流な名前です。
 以前この話を小学生にしたところ、「乙姫さん、海にゴミ捨てたらだめだよ!」と清く正しい現代っ子でした。

 また、元のテーマから外れ過ぎてしまいました。次々に花が咲くので、忙しいぞ!

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2020年5月18日 (月)

今日の行者ニンニク

S200514-003 まだ他の植物が地面を覆いつくす前、行者ニンニクが土から顔を出します。以前、長野で見たときは、「行者ニンニクの自生地なので、採らないように」と立て看板がありましたが、たくさん育っている北海道では「育っているから、収穫しましょう」とばかりに、たくさんの人が採っています。ところ変われば、いろいろルールも異なります。写真のようなところを見つけたら、採らずにはおれません。

 そして、頂きます。
S200507-001 さっと湯がいて、おひたしに。削り節と醤油もいいですが、少しの醤油とマヨネーズも美味しいです。

S200513-002 天ぷらです。冷や酒でやりたいところです。

S200514-019
 モズクの天ぷら(沖縄料理)に刻んで入れてみました。沖縄と北海道のコラボレーションです。なかなか、いけます・・・泡盛持ってこい!

S200515-002 醤油漬け、と言っても、作る人それぞれで、出汁と醤油で漬けたり、お酒も加えたりと色々です。細かく刻んで、ご飯にまぶしたり、納豆に入れたり、いろいろ使えます。

S200517-009 友人から頂いた、手作り行者ニンニク餃子!中の餡はほぼ行者ニンニク、ムヤミに力が湧いて来ます。この時はもちろんビールでいただきました。

 行者ニンニクの食べ方色々です。たくさん採る方は、この時期は八百屋いらずで、医者いらずになるとか!!次の日に人と会うことなんか気にせずに行者ニンニクです!!

 注:決して一晩で食した料理の写真ではありませんよ~。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

 

|

2020年5月 3日 (日)

今日のエゾエンゴサク

S200502-0071 三日前の4月30日(木)は冬日だったのに、今日は夏日でした。まあ昨年の4月には、冬日だった日に鶴居村の気温が、その日の日本一気温が高いということもあったので、そうそう驚きはしませんが、身体は堪えます。庭で作業をしながら、ボーっとしそうでした。暖かくなったと思うとまた冬日が戻ってきたりします。気温の上昇も、下降も油断できません。

 福寿草の花がほぼ終わり、庭の落ち葉のしたにスミレがポチポチと咲き出したかなというころ、蝦夷延胡索が青い花を咲かせます。広葉樹の葉が開く前に咲く春の妖精のひとつです。地面からの立ち上がり具合や、花の塊、花の色がとても奇麗な花です。いきなりの夏日を喜んでいるのか、慌てているのか、次々に咲き出しています。

 今年のウグイスの初鳴きをようやく昨日聞きました。ずいぶん前から周りの方々は聞いたよ、と言っていたのですが・・・あの音域が聴こえ難くなったのか???

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2020年4月28日 (火)

今日のカボチャ

S200425-0011 季節外れですが、カボチャです。昨年R[アール]農園で作ったカボチャ以外にたくさん頂いたカボチャ、ずいぶんと食べてカロティン補給十分なのか風知らず(他の要因とか言わない!)コンスタントに食べて、今回切り分けたものが今シーズンというか昨シーズンの最後となりました。一冬を越し春となりましたが、皮がしっかりとしたカボチャ、多少は水分が抜けているのかもしれませんが、美味しさはそのまま。涼しいところに置いておけば、十分越冬できます。

 カボチャを切るときのテーマは、「いかに静かに切るか」ということとしています。力任せに切れば切れないことはないですが、そこは刃物を使うので力を入れるとちょいと危ないので、多少時間はかかりますがゆっくり静かに切ります。包丁の刃元のあごを使って少しずつ切ってゆき半分に。包丁を長く使って、皮を削ぎ、テコと使って切り分けます。
 そうやって切り分けたものを、煮物に、スープに、団子等々に、美味しくいただきます。

 まだまだ冬日は続きますが、一昨日からオオジシギのディスプレイ飛行が賑やかに始まりました。例年GWが始まる前に、ディスプレイ飛行は始まりますが、例年通りです。でも、まだウグイスの初鳴きはまだ、私が聞いていないだけなのかな?

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

より以前の記事一覧