植物

2016年10月 7日 (金)

今日の牧草地

161007_010
 今朝の鶴居の最低気温は0.9℃、道北では平地でも雪が降ったそうです。体育の日を前にして、ぐっとやってきました。

 7月のブログ に書きましたように、にわか馬主兼見習い牧童を続けています。庭の草(馬の好きなものに限る)は、ほぼ食べ尽くし、少し育ってきた草を食べては「もうないぞ~!」とブヒブヒ言うので、お隣の今は牧草地として使っていないところを、地主さんにお願いして食べさせていただくことにしました。バラ線を切って、扉をつけて、そこを通って通勤させることになりました。「バラ線の向こうに、こんな天国のようなところがあったんや~!!」と喜んで食べています。季節も移り、馬の暮らしも変わります。

 そんな牧草地で見つけた、

161007_003
今年最後かもしれないタンポポ。「寒いけど、咲きたかった!!」と言っていたとか。空にはヒシクイが群れを成して飛んでいます。そろそろハクチョウたちもやってくる頃。冬の準備を考えないといけない時季になりました。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2016年9月30日 (金)

今日のテンナンショウ

160929_005_2
 先日の赤に続くような赤、真っ赤。それがたくさん、トウキビのようにツブツブが集まっています。コウライテンナンショウなのか、マムシグサなのか?調べてみましたが、判断できず・・・・・テンナンショウ属の植物で間違いありません。有毒ではありますが、デンプン質を多く含むので、工夫をして食したとか。有毒であることがわかっているのに、工夫して食べるのは美味しいからなのかと思うと、この毒は口の中をただれさせるので、飲み込むのだそうな・・・・余程のことがないと食べないほうが良いようです。
 漢方にも利用されるようですが、天南星(テンナンショウ)というのだとか。実際にある星なのかと思い調べてみましたが、実際にある星ではなく、占いなどで利用されるもののようです。詳しい方教えていただけるとありがたいです。

 このようなドクドクしい色なので、この時期に下草が枯れてくると、ひょっこりと現れたように目立ちます。こんな色をしていますが、テンナンショウ属はサトイモ科、ミズバショウと同じ科なのだと思うと、サトイモ科の奥は深そうです。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2016年9月25日 (日)

今日のほおずき

160925_006
 R[アール]農園にほおづきが実っています。苗をいただき、植えていたのが育ちました。
 観賞用は毒性が強いようですが、これは食用なので頂きます。

160925_009
 漢字で書くと、「鬼灯」や「酸漿」。赤くなった時の色や形が「鬼の灯」という感じです。また、中国からの漢方では、根を「酸漿(さんじょう)」といったことから酸漿と書くそうな。どちらの漢字も食べて良いのか?と思うような字面です。でもこれは食用、大丈夫、だいじょうぶ。

160925_011
 外の皮?袋の中に果実があり、こちらを頂きます。「外の皮」とか「中の果実」とか言っていますが、正確な呼び名は???ご存知の方、教えてください。よろしくお願いします。
 写真のものは、まだ熟してはいませんでしたが、熟して黄色になった実は甘くて少し酸っぱい、もうひとつ、もうひとつとなりそうな味でした。

 関西ではほおずき市などは盛んでなかったので(私が知らないだけなのかな?)、成人するまでほおずきのことはよく知りませんでした。関東では、夏にはほおずき市のことや、どこでほおずきが売っていた、育ったよと聞き文化の違いを感じました。北海道でも聞かないように思うのですが、いかがでしょうか。

 「ほおずき」と聞くと、昔から連想してしまうのは・・・・・・

*注 歌詞の内容と「ほおずき」は全く関係ありません。当たり前だ!

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2016年9月 9日 (金)

今日の花

160903_0531
 台風13号は昨日温帯低気圧となりましたが、勢いは衰えることなく、北海道へ向かってきています。そのため、今日も朝から雨です。それにしても、よく降ります。
 庭のシソの花です。細長くたくさんの花がついています。ひとつひとつ小さいですが、この花がシソの実となるわけです。ワシワシと増えるシソ、葉っぱを摘んで煮てジュースになる・・・・・なる行程を眺めています。出来上がりが楽しみです。

 SNS(Facebook)にも書きましたが、もう一度。
 先日の迷走した台風10号の影響で、北海道の各地で水の災害が起き、その被害が大変大きなものとなっています。私の生活には目立った問題はありませんが、十勝地方、空知地方では床上浸水や車を流された友人もいます。聞くところによると、北海道以外のところではもうこの災害についての報道がほとんどされていないようなので、何かの役に立てればと思い、関連のサイトを載せておきます。
 なお、私が良く行き、友人も居る南富良野町について載せていますが、その他の地域でも復旧作業が続いています。

南富良野災害ボランティアセンター

どんころ野外学校

南富良野町役場
 支援物資について
 義援金について

 小さな力でも集まれば、大きな力になります。遠くても、きっと役立つことがあるはずです。自分が出来る支援したいと思います。

160903_0571
 庭のコスモス。夏から秋へ、季節が動きます。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
 自然と遊ぼう!R[アール]

|

2016年8月 9日 (火)

今日の菱

160805_0181
 小さな白い花が、菱の花です。花は1cm位、揺れる、動くカヌーの上からは、なかなか撮れません。
 葉っぱの形は歪ではありますが、ひし形です。この葉の形が、ひし形の元になったそうです。花に虫がやってきています。虫たちが介在して、受粉が行われ、秋にはたくさんの実をつけます。菱はたくさんの実をつけることから、多産を願い、雛祭の雛壇には菱餅が供えられるのだそうな。

 この季節、短い花の季節、そんなことを思いながら、菱の花の見ながら、カヌーを漕いでいます。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
 自然と遊ぼう!R[アール]

|

2016年7月31日 (日)

今日の種

T3
 ふと見ると、ギョウジャニンニクが種をつけていました。この場所で育ち、山菜の季節を無事に過ごし、花を咲かせ、種をつけたのでしょう。この種が地面に散らばり、さらに広がります。来年はここにぎょうじゃにんにくの楽園ができているかも!!

T4
 線香花火ににています。緑の種は3つでひとつ!

T1
 黄色い花のゼンテイカ。実はピーマンのような見た目で、さわり心地です。中には種がびっしりを入っているはず!来年もゼンテイカが増えそうです。
 なお、バックの草が無いところは、新兵器の草刈機 の成果です。

T2
 ニワノニワトリ
 トコトコアルク
 トコトコアルケヌ
 ニワノニワトコ

 ニワトコの赤い実がしっかりと付いています。この実もどんどんと子孫を増やし、庭にニワトコ増殖中です。

160730_028
 友人の息子さん(今では息子も私にとって若い友人)の結婚式で、横浜へ弾丸旅行してきました。
 新郎新婦共に、先輩や友人、上司・・・・・たくさんの方々に祝福され、大変気持ち良い結婚式でした。なかでも新郎挨拶の際、胸にこみ上げたものがあり言葉に詰まると新郎に、最初は「泣くなよ~」と冷やかしていた小学校からサッカーチーム、高校や大学の部活の仲間たち、最後には彼らももらい泣きしている姿が印象的でした。
 鼻を垂らしたり、転んで泣いたり、時には甘えていたおチビちゃんが、立派になって、良い仲間に囲まれている姿を見て、東の端のオッチャンも目頭が熱くなるのでした。
 若い二人に、大いなる幸あれ!!

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
 自然と遊ぼう!R[アール]

|

2016年7月27日 (水)

今日のクサフジ

160727_001
 家の前の牧草地です。一番草は5月末に刈り取られ、昨日二番草を刈り、今日は朝から7台のトラックが幾度も往復して、約7ha(100m四方が7つ分)の牧草を90分ほどで運んで行きました。まさに、アッと言う間の作業でした。これらの牧草が、牛のエサとなり、ミルクや肉となります。

160727_003
 この牧草地周辺で、今年よく見かけるのはクサフジです。例年よりもたくさん見かけるのは、気のせいなのか・・・・、いえいえ確かに多いです。どうしてだろう???ご存知の方、いらっしゃいましたら、教えてください!!!

160727_007
 緑の中に青紫のクサフジ、とても美しい夏の花です。朝早く歩いてみると、朝露にしっとりとしているのも、よりいっそう青紫の色が引き立ちます。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
 自然と遊ぼう!R[アール]

|

2016年7月 5日 (火)

今日のホザキシモツケ

160705_0011
 ホザキシモツケ、地元の方は桜でんぶに色や形が似ているので、「でんぶばな」とと呼ぶ方もいらっしゃいます。今年初めての花を今朝見つけました。この花が咲くといよいよ夏!夏が来た!という気分になります。

 花が咲くのはいつ?という研究をされている方にお話を聞いてみると、それぞれの花によって咲く条件があって、決まった温度が続いた時、決まった日からの積算温度が一定値を越えた時、決まった温度を越えて何日目などなどがあることをご説明いただきました。実際そのようになっているかは確かめようもありませんが、長期にわたって記録をとり続け、それを元に考察されたそうです。地道な研究、いろんなところにありそうです。

 明後日、七夕の日の7月7日午後7時7分、日本各地の水辺で乾杯!というイベントがあります。
http://mizcan.mizbering.jp/index.html
 水辺ということなら、釧路湿原でも!ということで、釧路湿原の東側にある岩保木水門で「釧路湿原で夕陽に乾杯!」というイベントを開催することにしました。
https://goo.gl/1lWtYN (ご参照ください)
 水辺の景色の良いところに集まって、乾杯しよう!というただそれだけのイベントですが、皆さんと楽しい「乾杯!」ができればと思います。
 興味をお持ちになった方、ぜひご参加ください。ご質問などございましたら、私のメール(kushiro-r@nifty.com)までご連絡ください。
 また、日本各地で開催されています。お近くの「乾杯!」会場を見つけて、参加されてみてはいかがでしょうか。お勧めします。

 当日のお天気は大丈夫な様子。

 

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
 
自然と遊ぼう!R[アール]

|

2016年6月22日 (水)

今日の花

A001
 アヤメの名前の由来は、花弁の元に網の目模様があるというのは、いくつかある諸説のひとつです。網の目をよく見てみると、複雑な柄です。

A002
 次々に咲いて、しばらく楽しませてくれます。

Z002
 エゾカンゾウ、エゾキスゲ、ゼンテイカ、いろいろな名前で呼ばれています。緑の中の黄色い花、目立ちます。

Z003
 庭の草刈の際、このゼンテイカを避けて刈って、次の年も避けて、避けてとしているうちにずいぶんと咲くようになりました。この庭とも10年の付き合いです。

Z004
 これからも、まだまだ咲きます!

160621_010
 花ではありません、キノコ、ナメリスギダケモドキです。昨年のブログ で紹介したときと同じ場所から大きくなっています。水の状況もほぼ同じ・・・・、季節は昨年は秋でした。

 雨が降って、水を吸ってどんどん育つ植物。雨、曇天が続いています。暑い地域の方々、避暑にいかがですか!!涼しいですよ!!お待ちしています。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
 自然と遊ぼう!R[アール]

|

2016年6月13日 (月)

今日の釧路湿原

160612_006p               (画像クリックで大きくなります)

 今日は朝から小雨がずっと続いている、釧路湿原です。雨が降ったら水分をたくさん取って、陽を浴びて、緑がグングン広がってゆきます。上の画像は昨日の釧路湿原、緑のところとまだ茶色のところがありますが、もうしばらくすると緑一色になります。画像は昨日の釧路湿原です。

 湿原の中に入ってみると・・・・・・・

Midori
 昨年の枯れたヨシがまだすっくと立っていて、その下から今年の新芽が伸びてきています。ひと月もすると、緑の新芽がさらに伸びて、茶色の枯れた茎を隠してしまいます。

 新芽の根元にはたくさんの枯れた植物があります。昨年枯れて倒れた茎、その前の枯れた茎、気温が低いこの地では、分解がゆっくりと進みます。また湿原の水の中に入って泥炭になるもの、天候や地形や地質が様々重なって釧路湿原は保たれています。

 高いところから、オジロワシの目線で見る釧路湿原、水の高さから見るカモの目線、いろんな目線で見てみると見え方が違って見えて、楽しいです。お試しください。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
 自然と遊ぼう!R[アール]

|

より以前の記事一覧