植物

2018年10月15日 (月)

今日のコウライテンナンショウ

180928_0051
 秋が進み、落ちた葉、枯れた葉が増えた茂みの中で目にするようになった赤い実、コウライテンナンショウ(高麗天南星)です。おとなしい色の中、とても目立つ赤色です。
 この時期になると、この実について書きますが、たくさんの方から、コウライナンテンショウだと思っていた、そう言っていたと告白があります。私も思い込んで間違って言ってしまってものがあります。(内緒だよ!)気を付けないと、です。私が聞いた言い間違い、川の甲殻類ですが、モクズガニをモズクガニと言って言っている方、結構あるあるです。

 前回のブログの「ヨシの中にエゾシカは何頭?」クイズの正解、4頭です。エゾシカの皆さん、枯れたヨシの中では見つけ難い色になってきました。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2018年9月14日 (金)

今日のオオアワダチソウ

180911_0012
 秋の青空の下、黄色の花が美しいです、と言いたいのですが、やっかいな外来種オオアワダチソウです。いえ、青空と黄色の花は美しいことは、美しいのですが、在来植物のことを思うと外来種が増えるのは困ったものです。もちろん、植物が他所からやってきて「ヨシ!この地を食い物にしてやるぜ!」なんて思うわけではないのです。植物は何らかの理由で種が運ばれ、落ちた場所で暮らししている訳なのです。その理由は、全くの自然なもの、気がついて居ないけど人が関わっているもの、人が意図して持ち込んだもの、色々とありそうです。自然に広がるのはしょうがないとしても、やっぱり人間がいけないのか・・・どうしたもんだろうか?です。

 このオオアワダチソウと同じように、この10数年来増え続けていたオオハンゴンソウ、一昨年の湿原が水浸しになった影響か、昨年に引き続き今年も、3年前まで川下りでたくさん見かけた場所では見られなくなっています。大水が原因なのかと、湿原の植物を研究されている方に尋ねたところ「よく分からない」そうです。何か他の原因があるのかな?

180911_0041
 オオハンゴンソウとセイタカアワダチソウ、よく似ていて見極めは難しいようですが、葉の裏が毛が少なくスベスベしているので、きっとオオアワダチソウ!かなと思います。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2018年8月 5日 (日)

今日のヒシ

180803_0051
 塘路湖のヒシが先週より咲き出しました。7月の大雨で湖面が上昇して一旦水面に出たヒシが水に沈んだせいか、例年よりも花が少ないような気がします。1cmに満たない小さなだけど、綺麗な白い花です。

 可憐にも咲いている花ですが、多くのカヌーが花の上を通って行きます。花が沈んだり、パドルで茎が切られたり・・・・。ありふれた言葉だけど、「自然を大切に!」そこにあるものを、出来るだけそのままにして楽しみたいと思います。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2018年8月 1日 (水)

今日のズッキーニ

 誰がなんと言おうとも、暑すぎる今日。午後1時過ぎには34℃を越える気温となりました。一体身体をどうすれば良いのか分からなくなる、東の端です。

180801_0041_2
 ズッキーニの季節がやってきました。毎年食べるのに追いつかず、巨大な実となってしまう我が家の畑。次々に咲く黄色の花を見て、今シーズンは幾種類のズッキーニ料理がテーブルに並ぶのかと思っていると、農園長がすでに巨大化したズッキーニを採り入れていました。今年も美味しく頂きます。

 車で走っていると、前後にはしばらく人家もなにも無いところを歩く少年2人。小さな荷物を持って歩いているだけなのですが、果たして一体どこへ行くつもりなのか?夏休みの天気が良い日、冒険に?探検に?気をつけて楽しむのだよ~と思いながら、頭の中を流れたのは、

 そう、Stand by me、そんな夏の日、そして秋冬春の日を思い出します。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2018年7月18日 (水)

今日のキガラシ

180716_0011
 昨年、この畑では牛の飼料用のデントコーンを育てていましたが、今年は畑をお休みさせていのでしょう。景観緑肥といわれる、キガラシを育てています。キガラシは菜の花の仲間ですが、収穫して食べるのではなく、花が咲いた後に畑に鋤き込み肥料として利用します。植物をそのまま肥料にするので、緑の肥料ということで緑肥と呼ばれています。花が咲いた後、そのままにしておくと種を作ってしまうので、種が出来る前に鋤き込むそうです。この黄色のお花畑も近いうちに鋤き込まれます。

 キガラシの緑肥、鰊の搾り滓である金肥、それ以外にも色の名前が付いた肥料はあるのかな?ご存知の方は、お知らせください!!金肥については、またの機会に書きたいと思います(前にもそんなこと書いたような気がする・・・)

 一昨日鶴居村の最高気温は31.5℃、30℃台の後半を経験されている方々には「30℃越えたくらいで~」と言われそうですが、つい10日ほど前まで最低気温一桁(もちろんプラス)だった東の端の住民にとっては、身体が付いてゆかないような暑さでした。さて、この夏この気温を越えることはあるのでしょうか。異常なまでに暑い気温をお過ごしの方、くれぐれもお気をつけ下さい。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2018年7月 5日 (木)

今日の食べ物

S180702_0061
 家の前の牧草地、土色一色だったのが牧草が伸びてきています。雨が続くのは大変ですが、植物にとって恵の雨。大地にしみこんだ水を吸って伸びて牛さんたちのご飯、ワシワシと育っています。この牧草が牛の身体の中を通って濃厚な牛乳になるとは、不思議です。

S180627_002
 こちらは人間のご飯です。先日本州へ行ったときに見つけた、小学校が近所の田んぼを借りて稲を育てている田んぼです。きっとワイワイ、キャーキャー言いながら泥んこまみれになって田植えのしたのでしょうね。
 食事事情は変わってきていても、やっぱり米は大切なもの。その米を実際に作ってみるのは、大変貴重で素晴らしい経験だと思います。この田んぼでどれくらいの米が出来るのかな?立派な稲穂が育ち、たくさんのお米が出来ますように!!
 そうだ!私も5年2組だった!!

 各地で大雨が降っています。河川の増水や地滑りや鉄砲水などなどたくさんの警報や注意報が出ています。皆様、お気をつけてお過ごしください。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2018年7月 3日 (火)

今日のホザキシモツケ

180703_0011_2
 釧路湿原の夏の花、ホザキシモツケが咲き始めました。一昨年の台風の影響で昨年の花はいまひとつでしたが、今年はいかがでしょうか。力強い植物なので、昨年より今年、今年より来年・・・・と盛り返してくれるはずです。

 真ん中の花にはハナアブがやってきています。「蜜があるのでうれしいな~!」と大喜びで、蜜を吸っている間に足や身体に付いた花粉を他所の花へ運んでいます。本人は花粉を運んでいることには気がついていないでしょうが、知らず知らずに役に立っていることってあるものなのだと、ハナアブを見ながら夢想しました。

 ゆっくりと夏です。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2018年6月22日 (金)

今日の庭

180622_0111
 霧雨が続きましたが、今日は朝から晴れでした。次々に蕾をつけて、少し咲いていたエゾキスゲが一斉に咲き出しました。

180622_016
 こんな株が庭にいくつもあります。草を刈るときに出来るだけ除けて残した株が、少しずつ大きくなってたくさんの蕾をつけています。まだまだしばらく間、黄色の花を楽しめます。

180622_0011
 アヤメも咲いています。花びらの根本が網の目だがらアヤメだとか。語源には様々ありますが、アヤメは網の目、覚えやすいです。よく似たカキツバタは網の目がなく、もっと水気の多いところに咲いています。

180622_0141
 花ではありませんが、ミツバです。売られているものより太く、歯ごたえもしっかり、香りもたっぷりです。子供の頃は美味しいとも思いませんでしたが、大人に成ってからは料理に入っていると一段と美味しく感じるようになりました。

 ずっと年上の友人が、20年ほど前に体を悪くしたときに外遊びが出来ないからと、釧路市内の住宅地にある自宅の庭の植物を隅から隅まで調べたそうです。なんでも50種近くの植物があったそうです。そんなに大きな庭ではなかったのですが、50種類!こういうことは考えるけど、なかなかやらないもので、実際にやったその方の行動力に感心しました。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2018年6月12日 (火)

今日の植物

 朝から少々風が吹き、午前中ポツポツ降っていた雨が、午後から本降りと成っています。先シーズンの雪が少なかったので川の水も少なめでしたが、この雨で少し盛り返しそうです。雨が降らないと川も流れない、天気も自然の内、楽しみましょう。とは言うものの、少し冷たい雨です。

 晴れていたときの花たちです。

001
 オオバナノエンレイソウ、多くの花が白いですが、こちらは薄紫色をしています。時々群生地にも混じっているようです。この場所でも薄紫色が増えてくるのかな?今後、要観察です。

004
 少し前ですが、クロフネツツジです。釧路の友人から庭木を譲ってもらって、我が家の庭にもしっかりと根付きました。たくさんの花を咲かせ、楽しませてくれます。

003
 コゴミ、これでもかとばかりに育っています。この周辺でもずいぶんと採ったのですが、当たり前だけど食べきれないコゴミです。

 窓の外の雨を眺めながら、植物達は雨を喜んでいるのだろうなとか想ってみました。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2018年6月 2日 (土)

今日の土

180601_001
 最近流行の「インスタ映え」とは真逆な画像、インスタ映えしていません。先日こちらに書いた 、牧草地の続報です。約10日間、土を耕したり、肥料を入れたり、また耕して、均して、種を播いたり(順序は正確ではありません)の作業が終わりました。7月の終わりごろ、もしかしたらもう少し早くには一番草が刈られることでしょう。
 友人の酪農家さんに尋ねてみると、このような牧草地をひっくり反して作業は、その土地の条件や草の種類などなどによって異なるそうですが、10数年に一度のことだそうです。珍しい作業を観察できました。次に見るのはいつだろう?・・・私はいくつだろう??

Tsuti
 さらにインスタ映えしていない写真です。しばらく前のR[アール]農場です。農場長の指揮の下、ご近所の酪農家さんより堆肥が運ばれてきて、それを私が畑に撒き、耕運機名人のご近所さんが耕して、均してくれて畑の準備完了。今は様々な種や種芋、苗が植えられ畑らしくなりました。
 上で書いた牧草地も家の畑も、良い草や成りが良く美味しいものを作るには、やっぱり土が大切なことです。それを思って観察した牧草地、作業をしたR[アール]農園でした。どのような収穫ができるか楽しみです。

 あまり色味が無いので、オオバナノエンレイソウの群生地です。

180601_0071
 ササ原を刈ったところ、ご覧のようにオオバナノエンレイソウが一杯咲くようになりました。先日書いた我が家の庭 もこれほどではないですが、ずいぶんと咲いています。植物が育つには、上で書いた土、その土にちゃんと太陽の光が当たることが大切だと!!確かそのようなことを小学生の頃、理科でならったなと思い出していました。

180601_009
 オオバナノエンレイソウ、ただ今見頃です!!

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

より以前の記事一覧