2018年11月 8日 (木)

今日の紅葉

181107_0021 そういえば今年は紅葉も黄葉もちゃんと見ていなかったな、と思い色付いた葉っぱを求めて、山の奥へ。小さな沼には青空が映り、山の樹々の色がまだ秋だといっています。

20181107_0041 緑色しているのはトドマツのようで、黄葉しているのはカラマツ。カラマツは日本の針葉樹の中で唯一葉を落とします。元は北海道には無かっカラマツ、このカラマツの生え方だと植林されたのではなく、種が飛んで来たのか?運ばれてきたのか?

20181107_0061 少し残っていた紅葉です。緑から黄色、そして赤色へ。季節と共に、気温と共に色が変わってゆきます。

20181107_0081
 ラジオの言っていましたが、北海道の有人の気象観測所、平地にある観測所ではまだ降雪を確認しておらず、11月に入っても平地で雪が降らないのはずいぶんと遅いようです。今年の冬、やってくるのか!!
 昨日7日は、二十四節気の立冬、暦では冬に入りました。暖冬の報もありますが、果たしてどんな冬でしょうか。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]
 

|

2018年10月18日 (木)

今日の川下り

 今朝の最低気温マイナス1.6℃!!今シーズン初めての冬日となりました。もっともこの地の方々は、真冬日が来て初めて冬と思うようです。雪の知らせもだんだんと聞こえてきています。

181017_0061
 河畔林も色付いています。秋色、朽葉色、空の青色とよく似合います。

181017_0091
 空はどこまでも広く、広く、川にも広がっています。

181017_0141
 そして、高く、高く。

181017_0201
 達古武も色付いています。ポコリと可愛くもあります。

181017_0181
 目印の樹です。何の目印かは、川の上で!!

 本格的な冬はまだまだ先です。もう少し、道東の秋を楽しみましょう。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]
 

|

2018年9月27日 (木)

今日のエゾリス

180925_0041
 シーズンが過ぎて人の出入の少なくなったキャンプ場、クルミの樹が何本もあるので、たくさんのクルミの実 が落ちています。そこに現れたエゾリス、「こんなに食べ物があるなんて天国や~!!」と言ったとか。カリカリとクルミの実を割って食べています。また、いくつかのクルミを頬張って、あちらへこちらへと運び冬の食料を貯め込む作業に忙しい様子です。 

 貯め込んだクルミの内、冬の間に食べられるものは貯め込んだ30~50%ほどだそうです。冬の間に食べられなかったクルミである種は、暖かくなると芽吹き、そのうちのいくつかはクルミの樹となって、またクルミを作ります。クルミの樹にしてみれば、ある程度はエゾリスたちに実は食べられてしまいますが、より多くの実(種)を広く、遠くに運んでくれるという、クルミの樹とエゾリスの「持ちつ持たれつの関係」があります。

 自然の中、樹と動物も繋がっています。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2018年9月19日 (水)

今日のナナカマド

180913_0021
 9月に入ってからの方が、8月よりも暑いのではないかと囁かれる、東の端です。平均気温や最低気温は8月の方が高いようですが、最高気温は9月の方が高いのかなと気温の推移を見て思っています。
 今月の気象データ

 青空に映える、緑の葉と赤い実、ナナカマドです。

180913_0041 !!!ご注意!!!
 食事中に読まれる場合はご注意ください。

 地元では「カラスの実」とも呼ばれています。暫くの間はカラスの落し物(排泄物です)にこの実がたくさん入っています。今年はナナカマドの実の成りが良いようなのでカラスの皆さん、大喜びかと思います。
 実を食べたカラス(他の鳥たちも)、排泄物となってナナカマドの種を色々なところへ撒きます。カラスは知らないだろうけど、ナナカマドも考えたわけではないだろうけど、自然の中で上手くやっています。自然の偶然で美味しい実だったナナカマド、生き残ったのだな~と思いながらと見上げました。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2018年8月17日 (金)

今日のクルミ

 なんと!今シーズン初冠雪の便りが!! 「北海道 黒岳で初冠雪」 いくら北海道、涼しいシーズンとは言え早過ぎます。なんでも残っている記録では、最も早い冠雪だそうです。果たしてこの夏は、秋は、そしてこの冬は、どんな季節になるのでしょうか。

Kurumi
 道東では、お盆が過ぎると秋と言いますが、お盆が明けたと途端に、樹々の葉の色が変わり、落ちる葉が増えたように思います。お盆前から落ち始めていたクルミの実です。涼しかった気温や雨の影響もあるのでしょうが、昨日から落ちる実が増えたように・・・・感じます。
 上の初冠雪の知らせもありますが、この夏や如何に、秋はどうなるのかな?

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2018年6月 6日 (水)

今日の白い花

 一昨日の最高気温27.0℃、最低気温は7.8℃、差はほぼ20℃、ずっとその気温の中にいたわけではありませんが、まだ暑さに慣れていない身体には寒暖の差も堪えます。

20180604_0011
 庭のエゾノコリンゴです。毎年北海道以外の地域で入梅宣言が出される頃、満開となります。

180604_0041
 青い空にたくさんの白い花が映えます。

20180604_0101

 最後の桜となる、ミヤマザクラです。満開になったと同時に散り始めます。小さな花びらが、玄関先を舞っています。

180606_0011
 秋には赤い実をつけるナナカマドです。この樹の仲間は西洋では、魔除けになるのだとか、この辺りには多いので悪いことは寄って来ないかもしれません。バラ科の樹です。バラ科は守備範囲が広いようで、他にもバラと似ても似つかないバラ科があります。
 とここまで書いて考えてみると、↑↑↑のエゾノコリンゴ、↑↑ミヤマザクラもバラ科でした。バラ科、侮れません。

 ただ今、東の端辺りで咲いている、白い花色々でした。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2018年5月12日 (土)

今日のギョウジャニンニク

S180511_0141
 近所のかあさんが、「えらいもの見つけちゃってね~」と言いながら出してくれたのが、写真のギョウジャニンニク。真ん中のものも通常よりか大きめなのに、極太です。日当たりが良すぎた、何年も見つからなかったギョウジャニンニク界の長老、誰かが「大きくなる光線」をかけたとか、本当にギョウジャニンニクなのか、などなど言いながら撮影会となりました。これは標本にした方が良いかもという意見があり、ひとまず取っておくことになりました。山菜取りのベテランさんの皆が「おおー!!」と声を上げた一品でした。

 昨日に引き続き、桜情報!(誰も必要としていないけど)

20180512_0091
 昨日は ほとんど蕾だった我が家の桜、一気に咲きました。一昨日前までは最高気温が8℃(さすがにプラスです)だった鶴居村、昨日は21.4℃、本日は26.1℃!!一体どういうつもりだという気温となりました。いきなりの暑さに身体も心も驚きつつ、桜が咲いたと喜んでいます。しばらく、桜の話題続きます。だってうれしいから!!

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2018年5月11日 (金)

今日の桜

20180511_0161
 桜前線、やってきました!!5月に入ってから低い気温が続いたので、停滞していた桜前線、今日ようやく私の地域にもやってきたようです。やはり桜が咲くと春らしくなり、うれしくなります。

20180511_0121
 まだまだ咲き始めで、二分三分咲きといったところです。昨日まではストーブを焚いていましたが、今日は暖かく5月らしい陽気となりました。

 1月に沖縄から桜の便りが届き、先月、大阪の造幣局の通り抜けで桜 を見たのはちょうどひとつき前のこと。その桜前線が東進北上して東の端にやってきたわけです。日本列島、案外広いです。

20180511_0291
 我が家の桜はまだ咲き始めていませんが、明日天気が良く気温が上がればボチボチと咲き出しそうです。しばらくの間、桜を楽しめそうです。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2018年5月 6日 (日)

今日のコブシ

180506_0011
 曇り空ではありますが、白いコブシの花、ゴールデン・ウィーク終盤で咲き始めました。蕾がまだまだあるので、これからが見頃です。

180506_0061
 「コブシがよく咲いた年は豊作が期待される」と言われ、また「コブシが咲くころに田を起こすので、田打ち桜」とも呼ばれる地域もあるようです。もっとも、この道東では、開拓の頃には稲作が行われたこともあるようですが、今は稲作は行われていない土地です。でも、品種の改良や気候の変化により、これから先、稲作が行われることも・・・・あるやも知れません。←私の妄想です。

 コブシを漢字で書くと「辛夷」、元々は木蓮の漢名だったそうですが、木蓮と似ていることからの誤用から、コブシを「辛夷」としたそうです。同じモクレン科の花なので似ていますが、コブシは白い花、モクレンは紫の花です。どこかで、誰かが間違ってそのままの誤用、動植物の名前の中にたまにあります。そんな語源、調べるの面白いです。

 そんなこととは関係はないですが、「木蓮の涙」

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2018年5月 1日 (火)

今日のネコヤナギ(花穂)

180429_0271
 ネコヤナギの花穂、開いています。先月見たときは 広がる前でしたが、暖かくなるに従って、花が開きました。開ききった花穂は、花火のようにも見えて美しさや面白さを感じます。春、SPRING、まさに弾けているように見えます。
 少し曇ったりするものの、天気の良いゴールデンウィーク前半、皆様はいかがお過ごしでしょうか。こちらは、川でも山での野でも、春が一杯です。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

より以前の記事一覧