食べ物

2018年1月 3日 (水)

今日の正月風景

180101_0061
 元旦の朝、初日の出の写真は不発だったものの暖かな一日でした。朝から釧路のお酒・福司(地元でしか購入できない活性酒)を呑みながら、正月料理を楽しみました。

 2日朝、目覚めると銀世界。12月5日に降り積もった雪は、12月末の雨でほとんど融けてしまったのですが、いきなり銀世界に!!
180103_006
 家の前の牧草地も真っ白。

180103_011
 我が家の庭(借景を豪快に含む)も真っ白。冬らしい風景に戻りました。でも、雪の量は少ないので雪かきはチャッチャッチャ~でした。

180102_0081
 地元のお社に初詣。
180102_0071
 こちらの注連縄は、秋の神社祭のときに作り直すのをお手伝いしたもの 。しっかりと役目を果たしていました。

 3日も前日夜から朝まで雪が少し降ったので、雪かきをチャッチャ~でした。

 例年通り2日と3日は箱根駅伝を見て、見知らぬ学生達の走る姿を見て手に汗を握り。

S180103_008
 アメリカンフットボールの試合、ライスボウルを見て、選手達の戦う姿に心を熱くして、スタジアムで観戦したい!やら、ボールを投げたり、受けたり、ほどほどに走ったりしたいとツラツラ思うのでした。

 まずは平和な正月風景、2018年の始まり始まりです。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2017年12月28日 (木)

今日の餅切り

171225_0061
 前日、ご近所さんに誘われた餅つきには仕事のため私は参加できなかったのですが、妻がもち米をうるかして参加、自分でついたり、合いの手入れたり、丸めたりと楽しかったそうな。
 と言うことで、持って帰ってきた伸し餅を切りました。
 ついつい力で切ってしまいしますが、テコを使って、包丁に付いた餅を温めた布巾で拭きながら、急がず丁寧に切りました。大小があるのはしょうがない!!
 小さい頃実家では、伸し餅ではなくなまこ餅を切っていました。その頃はなまこ餅とは言わず餅と言っていましたが、後年四角い平らな「伸し餅」があるのを知り、自分が切っていたのは「なまこ餅」と言うのを知った次第。地域や家々のやり方があるの見つけると、楽しくなります。
 因みに、今回切ったのは四角い平らな、伸し餅でした。

 今年も今日(5時間切ってるけど)を入れて、あと4日。時間、足りてませ~ん!!

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2017年12月21日 (木)

今日のワイン

S171219_0181
 先日、鶴居産ブドウを使ったワインの完成お披露目の会が開催され、参加してきました。
 ワインの名前は「Couronne Rouge(赤い冠)」。ラベル(ワインではエチケットというそうな)を含めボトルのデザイン、ネーミングを担当したのはA.Design氏原文子でした。身内を誉めるのもどうかと思いますが、良いデザインとネーミングと思います。
 昨年は天候不良だったので、ブドウの収穫も少なかったので、出来たワインは61本。お披露目の会ではありましたが、「Couronne Rouge クロンヌルージュ」がグラスに注がれたのは乾杯の一杯だけでした。後のワインはどうなるのかな?
 今年はブドウの成りも良く、昨年の3倍のブドウを収穫したので、来年は販売が行なわれるとか!!ワイン好きの方、お楽しみに!!

 お味のほどは・・・・・・・、ワインの味をきちんと説明できる味覚も文章力も無いので控えますが、酸味が際立っているような気がしました。(個人の感想ってやつです)

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

お披露目会の様子です→→→
https://goo.gl/h9RSG1 
https://goo.gl/n8MYDn 

|

2017年12月10日 (日)

今日の日出日没

001
 日の出からは少し経った、家の前の牧草地。雪が積もると動物達(この写真にはエゾシカだけです)の足跡が分かり、どこをどんな風に歩いているのか想像できます。雪、積もりました。

 大阪でジビエを楽しむ集まりにて、エゾシカとご近所付き合いしています的な話をしました。話の内容は・・・・、さて置き。(置くのかい!!)

001_2
 ちっちゃなハンバーガー、猪の肉のチストラ(ソーセージのようなもの)が挟んでいます。

002

 アナウサギ(ありのままでです)、ミンチを皮で巻いてロースト。野菜を添えています。

003
 上はエゾシカ(釧路産)と下はホンシュウジカ、同じニホンジカですが、味、食感違いました。エゾシカの方が、味が濃いような気がしました。個体差ではなく、ハンター&シェフもそのように言われてました。
 デザートは写真を取り忘れでございます。

 先にも書いたようにスピーカーとしてお話しましたが、参加者の皆様も野生肉や自然や環境に興味をお持ちの方々で、私自身もとても良い刺激を受けました。また、このようなイベントがあれば(食いしん坊だから)積極的に参加したいと思います。

 イベントの会場となったのは、大阪府箕面市のアングラさん 。近くの方も遠くの方も、ぜひいらしてください。今回の料理は特別ですが、ジビエ料理を楽しませてくれるお店です。今度はカウンターでシェフのお話をゆっくり聞きながら、食べて呑みたいと思います。

003_2
 日の出はまだ12月末まで遅くなるようですが、日没はただ今最も早く、15時48分!!午後4時前に日が沈みます。お昼ご飯を食べて、あれこれと思っているうちに陽が沈むので、油断ができません。

 もういくつ寝ると、お正月。師走らしい日々です。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2017年12月 4日 (月)

今日の柳葉魚

001
 いろいろと立ち回る日々、ブログをしばらくお休みしていました。と言うことで、しばらく前のお話。

 今年もシシャモを干しました。干し網に入れたシシャモ、約200匹。塩水で軽く洗って、しばらく漬けて、ちょっと漬け汁を拭いて、干して、様子を見てひっくり返して、出来上がり。以前はしょっぱかったり、硬かったりしましたが、ここ数年はなかなかの出来具合と自画自賛です。

002
 上がオス、下がメスです。オスの尻ビレが大きいといいますが、明らかに大きさ、形、色が違います。味はオスが美味しく、卵を楽しむなら当然ですがメスです。釧路の居酒屋でシシャモを頼むと、「オスですか、メスですか」と聞かれますが、迷わず両方頼んで食べ比べをしてください。違いが分かる大人(子供でもいいけど)になれます。

 大きさが違うと書きましたが、

003
 でか過ぎるメスもたまに居ます。シシャモ界のマツコ・デラックスなのか・・・・ここまで書いて明らかな間違いでした。
 おそらく、昨年卵を産んだあとに川を下り、海で過ごした戻りシシャモのようです。魚に詳しい方、違う種類の魚だったら教えてください。

 そんなこんなを思いながら、約200匹干し終えました。

 なお、「柳葉魚」と書いてシシャモです。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然とあそぼう!R[アール]

|

2017年11月16日 (木)

今日のエゾシカ

171114_0111
 ピーク時ほどではありませんが、近所のエゾシカたちラッティング・コールがまだまだ盛んです。
 朝の散歩時に家の前の牧草地で出会った、メスと子供のグループです。前日の夕方、同じ牧草地で大きなオスジカの周りにいたグループかも知れません。「昨日の彼、カッコよかったね~」とか「遠くでガキが鳴いてたね~」とか話している朝のひと時なのかも。

171114_0131
 二本足(私)と小さな四本足(うちの犬)を見かけて、逃げようか?体勢です。お尻の白い毛を逆立てて、ボールをつけているようです。このお尻の白さが前の奴を見失わないように目印になっているそうです。

171114_0151
 四本足はガウガウと言ってるし、逃げますか!とピョンピョン跳ねて牧草地の奥、急斜面の下って釧路湿原の中へ逃げてゆきました。
 ただ今のエゾシカ、恋の季節だし、猟期は始まってるし、忙しく大変な季節です。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2017年10月16日 (月)

今日の駆け足

 先日のブログ の続きです。そのまま、西へ西へ。

171009_015
 飛行機に乗って、西へ南へ。

S171010_003
 紅葉はまだまだ早いようです。もちろん、緑の葉も美しい。

171013_001
 たまたま通りかかった、ほぼ半世紀前に卒園した幼稚園前。目の前にあった市場は、整備されて通りなっていました。この市場の魚屋さんで、イワシをひと箱ひっくり返したことを何十年ぶりに思い出しました。

S171010_010_2
 実るほど頭を垂れていた稲穂です。稲作が行われていない東の端では珍しい風景、しばし見とれていました。

S171013_0041
 高校の先輩のライブへ。グランドで泥まみれになって練習していた頃とは打って変わって、繊細なウクレレに歌声、大阪ですがハワイアン・ナイト、楽しかったです。

 駆け足の旅でしたが、冬に近付いている東の端から、少し季節を戻して秋を楽しみました。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2017年10月10日 (火)

今日のエゾシカ

 前回のブログで、気温が下がって来ました、と書きましたが、その翌日より最低気温がプラスの二桁(11℃から13℃)という暑い日が続いています。その時間は寝ていると言え、0℃前後となった日を経験すると、暑いのです。でも、今日は陽が落ちてから、ずいぶんと冷えて来ました。

171007_007
 4月のブログにも書きましたが、散歩道は害獣駆除が行われる場所でもあります。もちろん、人や車が通る道に向けては撃たないので心配ありませんが、それだけエゾシカが居るところです。10月1日から猟期にも入ったので、鉄砲の音が時折聞こえてきます。

 鹿たちの可愛い顔、増え過ぎて害獣になっていること、美味しい肉、様々なことが頭の中で交錯します。人間の都合、自然のバランス、鹿の生き方、そんなことを考えて散歩をしていると、

171008_0011
 ポーンと跳ねて、親子らしいエゾシカ2頭が走ってゆきました。

 自然の中の人間、自然に大きな影響を与えている人間、逃げてゆく親子を見て、知らなければならないこと、考えなくてはならないこと、伝えたいことを思うのでした。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然とあそぼう!R[アール]

|

2017年10月 2日 (月)

今日のえさづくり

170925_014
 もう一週間前の今日のお話です。

 10年間続いている、地元の下幌呂小学校でのタンチョウのえさづくりプロジェクトです。5月に撒いた種がしっかり育ち 、立派なデントコーンが実りました。7月の暑い日々が幸いして、実りが良かったそうです。しかし、好事魔多しというのでしょうか。いつもより高く育った茎、しっかり実り重くなったコーン、そこに18日やって来た台風で、コーンの半分近くが倒れてしまい、ジャングルのようになり、もぎ取るのも大変な様子でした。

 もぎ取ったコーンは、数枚の皮を残して剥ぎ取り、残った皮同士を括って干し竿に掛けます。年を越して1月ごろには実が乾燥するので、それをほぐして出来上がりとなります。参加ご希望の方、ぜひご参加ください!!

 最初の年は、指導やサポートする大人も、もちろん児童たちも、やり方がわからず、作業が終わったのが昼食も食べずに5時間目の始まりごろでした。そんなことも笑い話になるような、児童も大人も慣れた作業風景に力強さを感じました。

 作業に没頭していて、写真は干したコーン(の一部)だけですが、タンチョウ・コミニティのブログでは詳細が見れます→→→タンチョウのえさづくり週間
別の場所での作業風景も含めて、参加者の皆様の笑顔をご覧下さい。

 鶴の居る村、鶴居村ならではの作業風景でした。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2017年9月27日 (水)

今日のエゾジカ

170927_001
 橋を渡っていると、川の中に角を持ったオスジカが歩いているのが見えました。降りて写真を撮ろうとすると、川を渡り切り岸の草の中へ。何処に写っているか見えますか。冬毛の黒に近い灰色に変わってきています。

170927_0012

 「そう簡単には撮らせないぜ!」と捨てゼリフを残して、河畔林の中へ消えてゆきました。

 ただ今、エゾシカたちの恋の季節です。メスを呼んだり、別のオスに縄張り宣言や威嚇の声、ラッティングコールが、夕方や夜に聞こえてきますが、もう暫くすると日中でもラッティングコールが聞こえるようになります。ある意味、エゾシカの婚活です。
 この川を渡っていたオスジカ君も頑張っていることと思います。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

より以前の記事一覧