食べ物

2018年12月 6日 (木)

今日のヤマメ

Yamame_2
  ご近所の釣り師さんより、ヤマメをいただきました。「下処理はしているので、後は揚げればいいから~」のお言葉通り、粉にまぶして揚げてビールと焼酎お湯割りセットで準備完了です。天ぷらは揚げたて!で間違い無しです。

 柔らかく繊細な肉質なので、山の川に居る女性ということことから山女魚でヤマメというそうです。(諸説あるようです)だったのですが、川によっては、ほとんどのメスが川から海に出て、サクラマスになって川に戻って来る、川に残ったヤマメのほとんどはオスなのだとか。(川によって状況は異なるようです)山女魚と書きながら、ほとんどはオスの川もあるようです。
 そんなことを思いながら、天ぷらも、ビールも、焼酎も進むよ、何処までもです。

Ec
 先日のボヘミアンラプソディ に引き続き、音楽関連の映画「エリック・クラプトン ~12小節の人生~」ドキュメント映画を観ました。この映画には、クラプトンの音楽家・ギタリストとして素晴らしさはもちろんですが、人の弱さや反対に強さ、大切するものがあるということ等など、クラプトンの音楽を知らない方もぜひご覧になることをお勧めします。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然とあそぼう!R[アール]

|

2018年11月28日 (水)

今日の柳葉魚

Si3
 柳葉魚と書いて、シシャモと読みます。アイヌの昔話や説話では、神様が柳の葉をシシャモに変えたと伝えられています。

 今年も干しました、シシャモ。10年ほど前から、漁が行われるこの季節に干しています。天気を見ながら、乾燥具合を見ながら干しました。

Si2
 干したシシャモの数、217匹。元々メスの方がオスと比べると小柄ですが、今年のメスは小振りでもう少し後の方が大きくなるとはお魚屋さんが教えてくれたこと。う~ん、買うのを早まったか?でも、私にも都合があるぞ、などなど思いながら、塩水につけて、太陽にと寒風に当てました。
 干しあがったシシャモを早速炙って(焼いてはならない、炙ります)頂きました。旨い!!今年も上手に干せたと自画自賛しつつ、お酒もう一杯!!でした。なお、炙ったシシャモは写真を撮る余裕もなく食べてしまいましたとさ。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2018年11月 5日 (月)

今日の霜

181031_0281
 6日間続いていた氷点下の朝、今日は久しぶりにプラスの気温でした。写真は氷点下が続いていた、ここ数日の今朝です。

 しっかりと冷えた朝には、霜もしっかり着いています。まだ、枯れる前の草にも・・・

181031_0201
 
 落ち葉にも。粉砂糖を降りかけたように、一様に白くなっています。空気中の水分が全て凍りついたようです。

181031_0061

 浅い水溜りには、人の手では描けないような文様が現れていました。

181031_0321
 散歩道を歩きながら、しゃがみ込んで写真を撮っていると、丘の上からエゾシカの皆さんが「あの二本脚は何をやっているんだ?」と観察されていたようです。

 冷えた朝にも美しい風景があります。ちょっと我慢して、散歩です。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]
 

|

2018年10月30日 (火)

今日の川下り

181026_0081

 先日の夫婦 とは場所も違い、見た感じが若いようなので別の夫婦のようです。オジロワシの夫婦はメスの方が大きいことが多いので、右側がメスのようです。先のブログ で、身体は大きくとも、オスが高い所にいるのは、メスがオスを立てているのか?などと書きましたが、この夫婦もオスが高い所にいます。オスを立てているのか、ただ単に重い方が根元にいるとが安定しているからなのか、今後の観察の課題です。

181026_0121
 タンチョウを見つけ彼らを避けて反対の岸側に寄ったのですが、我々を見ずに何かを気にしている様子。そのうち「コォーッ!!」と鋭い声を発しました。それと同時に飛び出し走り出したキタキツネ、写真右端で走って逃げています。キタキツネがタンチョウを狙ったのか、ただの行き違いの際にタンチョウに脅かされたのか?キタキツネもつらいよ、です。

181026_0111
 恋の季節で大忙しのエゾシカのオスです。この1週間、いつも以上にラッティング・コールが騒がしいエゾシカ。夜には、メスにアピールしたり、別のオスと縄張り争いをして、別世界のように「クォーーーン!、クォーーーン!」と鳴いて・・・叫んでいます。
 こちらのオスは、恋もお腹が減るからね、と食事中でした。折れた左の角は、縄張り争いのせいなのか?エゾシカもつらいよ、です。

181026_0011
 鳴かなければ気が付かなかったオジロワシ。横を通り過ぎる私達へのアピールなのか、通り過ぎた後も暫く鳴いていました。続けて鳴くのを聞いていると、オジロワシもつらいのか?・・・・・ちょっと無理矢理でした。

 そんな川下りで出合った、湿原の愉快な仲間たちでした。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]
 

|

2018年10月25日 (木)

今日の満月

20181025_0221_2
 満月、空に満月です。
 午後5時を過ぎた頃、東の端のそれよりまだ東の空から赤い月が昇り始めました。どんどんと昇ってゆくうちに光耀いた満月です。

 満月に影響されたのか、恋の季節真っ最中のエゾシカの皆さん(オスの皆さんです)は、メスにアピールするため、他のオスジカに縄張り宣言をするため「クゥォォォォン、クゥォォォォォン」といつも以上に鳴いています。オスジカ同士鳴きあって優劣が決まらない時は、角を突き合わせて力比べです。なかなか忙しいエゾシカの恋の季節、のんびり満月を愛でる余裕は無いのかな。

 満月を見ながら、「月がとっても青いから」とナツメロ(とても古い歌だと思っていましたが、私が生まれる8年前の曲)を思い出しました。
 よくよく歌詞を読んでみると「月の雫」なんてあるので、秋なのかな?それとも色々な季節を歌っているのかな?と想像してみました。「二人っきりでサ帰ろう」という艶っぽい歌ですが、エゾシカの皆様はそれどころではないようです。

 皆さんの月はいかがですか?

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2018年10月13日 (土)

今日のエゾシカ

181004_0181
 川を下っていると、たくさんのエゾシカです。川を流れる私たちに注意するヤツ、知らぬ顔してエサを食べるヤツ、遠くを眺めているヤツ、エゾシカもそれぞれです。

181006_0091
 角を持ったオスジカです。恋の季節の10月、ラッティイング・コールと呼ばれる鳴き声で、メスを誘ったり、他のオスジカと縄張り争いをして、時には角を使って力比べをしたりと忙しい日々を過ごしています。昼間に座り込んでいるのは、ひと時の休憩なのか??
181010_0161
 さて、この写真には何頭のエゾシカがいるでしょうか。クリックすると写真が大きくなります。正解は次回のブログ投稿で!!
 花札では10月の動物はシカです。それはそれなりに、いつも以上に活動的に過ごしているからでしょう。10月のシカ、まだまだ忙しい日々を送るようです。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2018年9月24日 (月)

今日のエゾシカ

180922_0051_2

 朝の散歩の途中、動物の匂いがするなと思った途端、左のササ原がガサガサガサと鳴り、20mほど前で小道を横切るエゾシカ10頭。次々に横切って、右側の牧草地へ入ってゆきました。きっと私が匂いを感じるより前に私に気づき、どうする隠れとく、逃げとく、ああ!我慢できないとばかりに逃げ出したのでしょう。大丈夫、捕まえたりしないから、お皿にのっていたら頂くけども。
180922_0151
 牧草地に入り、距離をとったら余裕が出来たのでしょう。とりあえずこちらを警戒する奴、牧草を食べ始める奴、逃げる体勢なのかお尻を見せてる奴、10頭でした。

 ご覧の牧草地は5月はこんな風景(5月19日) でした。今年はこの牧草地での刈り取りは1回のみ、来年をきっとたくさん収穫できるのでしょう。
 今はだんだんと秋の色になってきましたが、来年の夏には「おお牧場はみどり」(5月19日ブログをご参照)です。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2018年9月10日 (月)

今日のキタキツネ

180908_0011_2
 今日は朝から雨、数日前の川下りです。

 塘路湖と釧路川を繋いでいるアレキナイ川を漕いでいると、カモたちが「クワァークワァー」と賑やかです。声が聞こえてくる先を見てみると、キタキツネ2匹が川に倒れ込んでいる木に登り、カモを狙って?いるようです。

180908_0012
 写真が分かり難いので、赤丸をつけました。左の赤丸は木に登ったキツネ、右下はカモたちです。

 どうやらまだ子供のようなキツネ君、木から川にダイブしてカモを獲るつもりなのか?そんなことできるのか??とカヌーを止めて眺めていると、私たちが気になるのか2匹でじゃれながら草むらへ駆けてゆきました。
 カモを見つけて、木に登って近付いたものの、「どうしたもんじゃろ?」と悩んでいたのかな?
 キツネ君、もし狩りの邪魔をしたのなら、ゴメンナサイ。

180908_0031
 一難去ったと思っているのか?カモの皆様。キツネ君を私が追っ払ったのだと思っているなら、恩返しにネギを背負って来てはどうだろうか?

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2018年8月31日 (金)

今日の秋刀魚

180830_0061
 ここ数年の間、不漁が続いていましたが、今年の秋刀魚は豊漁のようです。
 活き活きとした秋刀魚!しっかりと塩をして焼きます。

180830_0151
 しっかりと脂がのっています。焼いている間も、ジュウジュウと良い音を立てて、脂が落ちていました。頭と尻尾以外は全て頂き、二本目へ。熱々の秋刀魚の塩焼き、冷えたビールと一緒に美味しく頂きました。
 大好きな秋刀魚、あんな料理、こんな料理、秋刀魚尽くしでビール、日本酒、ワイン、焼酎!!今年の秋は忙しくなりそうです。

180830_0031
 近所の小学校より、私の仕事について児童に話して欲しい(ご依頼の要約です)とお話を頂きました。私でいいのか?児童はこのオッチャンをどう見てるのか?どこまで話せばいいのか?と思いながら、カヌーを担いで小学校へ。自分の生まれた街から始まり、どうしてここで、こういう仕事をしているかを質問されながら話をしました。中には「氏原さんにとってカヌーとは?」と哲学的な質問もあり、約90分楽しく、そして私に取っても勉強になる時間でした。10月の学習発表では、「ご近所の氏原さん」でまとめられるのだそうです。児童たちにはどのように映ったのか、楽しみです・・・でも、ちょっと恐い~。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2018年8月 5日 (日)

今日のヒシ

180803_0051
 塘路湖のヒシが先週より咲き出しました。7月の大雨で湖面が上昇して一旦水面に出たヒシが水に沈んだせいか、例年よりも花が少ないような気がします。1cmに満たない小さなだけど、綺麗な白い花です。

 可憐にも咲いている花ですが、多くのカヌーが花の上を通って行きます。花が沈んだり、パドルで茎が切られたり・・・・。ありふれた言葉だけど、「自然を大切に!」そこにあるものを、出来るだけそのままにして楽しみたいと思います。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

より以前の記事一覧