食べ物

2022年6月25日 (土)

今日の気温

 良い天気が続かず、果たして6月中に夏日が来るのかと思っていましたが、本日の鶴居の最高気温30.1℃、夏日どころか真夏日でした。いきなりの暑さに身体がついて行きません。いやいや本当に、今日は暑かった。
 あまりの暑さに川に飛び込んでやろうかと思いましたが、大人なので自重しましたが実行なさっている方が、
220625-0121「だって暑すぎるから~」と言っていたとか。見事な鹿カキで、釧路川を渡り、岸にも何ともなしに上がり、草の中に消えて行きました。エゾシカも泳ぐ、道東の暑さでした。

↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然と遊ぼう!R[アール]

|

2022年6月20日 (月)

今日のタンチョウ

 昨年も行っていた、デントコーン畑にやって来るタンチョウの追い払い事業のお手伝いを、5月から6月前半まで行っていました。

1002_20220620182601 デントコーン畑、この薄いビニールシートの下にコーンの種が播かれていますが、ご覧の通りタンチョウは食べに来ています。証拠は掴んだ!というか、畑にいるし~。

1003_20220620182601 追払います。ワー!ナンダ!ナンダ!と逃げて行く奴。

1001_20220620182601 すぐそばで着地して、ココマデオイデという奴。

001_20220620182601 ひつこく追う私。

002_20220620182601 飛んで逃げるも、

003_20220620182601戻ってきたり。
 それでも、どうやらエサはあるものの、ここに来てはいけないようだ、と思うようになったのか、徐々に畑にやってくるタンチョウは減りました。
 注:上記写真は連続したものではありません。追払い期間に写した写真を順不同に並べています。

 この村の事業は、
・タンチョウを本来の生息地である湿原へ向かわせるため
・デントコーン(牛の飼料)への被害を減らすため
・被害を受けることで、タンチョウの悪いイメージをなくすため
など、タンチョウと村民上手くやって行くよう行われています。

 ガイド中にタンチョウを見つけても、警戒されないように離れたところで観察しましょう!と近づかないようにしている私ですが、この季節には心を鬼にして、あっちへ行け~い!とやっています。

 鶴居村、鶴が居る村でありますが、鶴が居るように・暮らしやすいようにしている村でもあります。

↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然と遊ぼう!R[アール]

|

2022年6月14日 (火)

今日の花

001_20220614200601 「今日の花」と題しておきながら、今日の川下りです。日照時間が0だった数日、曇りに雨だったのですが、今日は晴れ!文句なしの晴れ、時には快晴、雲一つも無しだった今日(14日)です。会う人会う人と「暖かくなったね」と笑顔の本日でした。

 庭の花色々です。
1001_20220614200601 アブラナ科の花です。ポツポツと咲いています。

1002_20220614200601 クリンソウ(九輪草)、サクラソウの仲間です。緑の中でアクセントのように咲いています。

1004_20220614200601 アマドコロ。風に揺られると、涼やかな音がしそうな気がします。大きな葉の下で、うつむき加減で咲いています。

1003_20220614200601 エゾキスゲ。ここしばらくは我が庭で咲き続けます。徐々に株が大きくなり、立派なエゾキスゲが増えてきました。

1005 蕗の葉の上にエゾノコリンゴの花びらです。花が咲いていた時の様子はこんな感じ。
2001_20220614200601 一週間前のエゾノコリンゴです。

S220613-012 花ではないけど、ミツバです。よし決めた!明日は摘み取ってお浸しにして食べてやる、待っとけよ!

 明日は今年で一番夜明が早い日、午前3時41分です。良い子は早く寝て、日の出を見なくては・・・・・嘘です。しっかり寝てると思います。

↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然と遊ぼう!R[アール]

|

2022年6月12日 (日)

今日の川下り

003_20220612195601 今日の川下りは、昨日から雨でしっとりとした緑の中をユラユラ下りました。001_20220612195601 マガモの母親と子供たちです。昨日からの雨に低気温、親と子供たち身体を寄せ合っているのは暖を取っているようです。

002_20220612195601 河畔の樹にとまっていたオジロワシです。体全体が濡れていたのは、川の魚を獲った証なのかもしれません。あまり止まっていることが無い樹だったのですが、捕獲しやすい場所を見つけたのか。

 午後遅くから降り始める予報だった今日ですが、午前中よりしっかり降り始め、降ったり止んだりでした。今(午後9時)、本降りとなっています。先の写真のヒナたち、雨宿り出来ているかな。川を眺めていたオジロワシはどうしているのか。激しくなった雨音に、今日出会った鳥たちに事を思います。

↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然と遊ぼう!R[アール]

|

2022年6月10日 (金)

今日のムクドリ

001_20220610181401 ムクドリです。牧草地と牧草地の間の路上で何かを凝視しています。名前の由来のひとつにムクノキの実を食べるからというのもありますが、ムクノキ以外の実も食べます。ムクノキ・・・北海道に無いので、このムクドリはムクノキの実の味を知らないはず。ところで、ムクドリ自身美味しいそうです。

002_20220610181401 突いて引っ張っているのは、どうやら干からびたミミズのようです。雑食性の鳥で、先にも書いたように木の実を食べますが、虫も食べますが、今はミミズに夢中です。

003_20220610181401 しばらく突いていましたが、剥がれたようです。ご馳走を得て満足げな顔だろうなと妄想してます。

004_20220610181401 「なんだかこちらを見て、ブツブツ言ってる奴がいるので場所を変えよう」と言いながら、干からびたミミズを咥えたまま草むらに消えて行きました。
 ムクドリの採餌風景でした。

↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然と遊ぼう!R[アール]

|

2022年6月 4日 (土)

今日の牧草地

001_20220604181701 目覚めると青空です。雲は多いですが青空、ここしばらく霧や雲で薄暗い朝でしたが、青空です。

 こちらの白樺林の反対側から何やら視線を感じると・・・
002_20220604181701 エゾシカたちがたっぷり15頭、こちらを見ています。

003_20220604181701 見ています。

004_20220604181701 よく見てみると、角が生えたオスも混じっています。

005_20220604181701 夏の始まりなのに、そこそこ立派な角のシカも居ます。秋の恋の季節には、メスの群れに単数のオスが入ることがありますが、この季節にメス中にオスたち、それも子供ではなく大人たちのようですが、どうしてなのだろう。ざっと見たところ角がある、生えてきているのが4頭いたようです。恋の季節以外はオスとメスが一緒にいることは無い!というわけでもないので、こういうこともあるのでしょう。そう思ってみると、皆さん和気藹々だったような・・・・私の思い込みですね。

↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然と遊ぼう!R[アール]

|

2022年5月15日 (日)

今日のウニ

 海の無い鶴居村にウニがやってくる!というわけで、お買い得価格のウニです。さらにサイコロを振って偶数が出れば半額という、業者さん大丈夫ですか?という企画もあり、半分の確率をしっかりものにして、嬉しいウニが我が家にやってきました。
S220515-003 ウニを最初に食べようと思った人は、素晴らしいチャレンジャーだったのだと思う。
 開け方を伝授された妻が、棘に気を付けて殻を割り、中身を取り出す作業を十数個。

S220514-002 根室の海からやって来て、生産者から直で買い求めた、新鮮そのもののウニです。ちょっと贅沢に多めに口にすると、口の中に甘さがと共に根室の海が広がりました。そして日本酒でリセットして再びウニを食べると、より濃い味がしたように思います。そうなんだ、そうなんだと言いながら、新鮮なウニを楽しみました。そりゃ日本酒も進みます。

S220514-007 一緒に販売されていたアサリは酒蒸しにしていただきました。いうまでも無く、お酒もすすみます。根室の海を楽しんだ夜でした。

↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然と遊ぼう!R[アール]

|

2022年5月 8日 (日)

今日のアサリ

 海の無い鶴居にアサリがやって来る!というわけで、海賊ならぬ貝好きとしては貝に買いに行かねば!!

S220504-003800gのひと袋と手掴み1回¥100(道東の希少鳥類保護に寄付)、大きなアサリを約1300g、写真はその一部です。アサリの貝殻模様、ひとつひとつが違っていて、美しいです。

S220504-007 ニンニクを刻んでオリーブオイルで熱して、貝を入れて、ワインを入れてワイン蒸!!まずは蒸したアサリを食べる、食べる、ワインを飲んでまた食べる。フライパンのアサリ汁に茹でたパスタを入れれば、ボンゴレ!ボンゴレ!写真を撮り忘れて、食べました。

S220505-002 翌朝はアサリの味噌汁。茹でて、味噌を入れれば、言う事無しです。
 その夜は、鍋で酒蒸しを作って、アサリを食べて食べて・・・その後に野菜や豆腐を入れてアサリ鍋。調味料いらずの美味しい鍋でした。そりゃ日本酒が進みます、進みます。

 食べにも食べたアサリ、その貝殻を見て日本の各地に貝塚があることに納得。逃げることのない貝、綺麗な海、栄養豊かな海であれば貝は育ちます。縄文の時代から貝を食べていたご先祖様を思い浮かべながら、手掘りにこだわった根室産のアサリ、美味しく頂きました。

S220505-013 アサリ鍋の準備をしていると、「まだ、コゴミやウドを食べてないだろう!」とご近所さんに山菜の頂き物です。速攻で天ぷらにしたので、さらにさらに進みます。

 幸せの食卓事情、飲酒事情でした。

↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然と遊ぼう!R[アール]

|

2022年4月28日 (木)

今日の動物

 牧草地のわき道を車で走っていると、
1001_20220428193101跳んでます。跳ねてます。漢字で書くと同じだけど・・・。
1002 身体を縮めて、そこから伸びて、跳ねています。北海道のウサギ、エゾユキウサギです。夏毛の色は褐色と図鑑にはありますが、このように見ると灰色です。これまた図鑑の写真などを見ると褐色の毛が混じっているようにも見えますが、灰色だろうと図鑑に突っ込んでいます。エゾノユキウサギの通り、冬は真っ白になるので、雪原にいるとなかなか見つけることは出来ません。また、用心深いので人の気配を察して逃げるので、足跡はあっても出会うことは少ないです。エゾユキウサギの学名はLepus timidus(臆病なウサギ)、エゾユキウサギだけでなくウサギはみんな臆病というより用心深いのです。

001_20220428193101 そんなウサギの捕食者にもなるキタキツネ君。「どっかにご飯が跳んでなかった~」と聞いてきたので、とりあえず見掛けたウサギとは違う方向を指差して、あっちに居たよと言っておきました。そうです卯年の男ですから、ウサギの味方です。

002_20220428193101 そんな、ウサギとキツネを上空から見守るトビ・・・の凧です。ウサギやキツネ以外にもたくさんの動物が暮らしています。害獣被害軽減のため、畑に設置されています。効果はあるようですので、害獣被害にお困りの方、お勧めします。こちらの凧、強風に煽られて、激しく飛んでいました。トビの見た目以上に、風を切る音、動く様が激しく、近寄り難い存在でした。

↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然と遊ぼう!R[アール]

|

2022年4月22日 (金)

今日の行者にんにく

S220421-002 先日のブログで紹介した行者にんにく、その料理第二弾です。(第一弾は撮ってなかったけど)
 刻んだ行者にんにくとひき肉を捏ねて、包んで、焼いて、食べて、呑んで、食べて・・・止まりません。ニラよりも辛く、香りも強いのが、肉料理にも合うのでしょう。この季節、この山菜を獲りにたくさんの方が山に入り、ワシワシ食べています。

 はじめて行者にんにくを見たのは、30年近く前の長野でした。山の中を歩いていると、「行者にんにくの自生地です。希少植物なので、採取禁止」と看板にありました。山菜に詳しい同行者は、美味しいのだけど採れないのは残念と言っていたのを覚えています。その後、北海道で暮らすようになると、それー!とばかり皆さん採っては食べ、採っては食べです。地域によって希少種であったり、無かったりです。
 また、毒を持つスズラン、バイケソウ、イヌサフランと似ているので、毎年中毒の事故が起きています。くれぐれもご注意を!

 とか書いていますが、頂き物の行者にんにくの上に、ビールを準備して食べただけだった私・・・ご馳走様、もう一杯。どこかで顔を出しているか、探しに行きたいと思います。

 ギョウジャニンニクギョウザ、早口言葉です。

↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然と遊ぼう!R[アール]

|

より以前の記事一覧