鳥類

2018年5月17日 (木)

今日のキタキツネ

20180513_0171
 ご近所さんです。ここ数日、家の前の牧草地を右から左へ、奥から手前へ、まさに右往左往しています。ボチボチ育ってきた牧草は、肉食(いざとなったら植物も食べるけど)のキタキツネにはご馳走ではないはず。きっと、ネズミか昆虫でも居るのでしょう。時には我が家の庭の前や後を横切って、牧草地に出かけています。

180516_0021
 珍しく2匹でいました。寄り添う様子はありませんが、付かず離れずでなんとなく近くにいます。こちらを見ているキタキツネ、私が犬の散歩中にも関わらず、寄ってきました。おいしそうな香りでもしたのでしょうか。
 そのこちらを見ているキツネ、毛変わりなのか身体が貧弱なように見えました。ひょっとすると子育て中で栄養を摂らないといけない身の上なのかもしれません。キツネの穴は、あそこなのか、それともあそこなのか??もし子育て中なら、元気なコッコを育ててください。

 そして今日、カッコウが鳴き始めました。もう冷えることは無いかな?本格的に春です。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2018年5月14日 (月)

今日のオオジシギ

20180513_0021
 今シーズン初めて会ったのは、先月の19日でした。例年ゴールデン・ウィーク前にはるばるオーストラリアからやってくる、オオジシギです。お嫁さんを見つけるために、ディスプレイ飛行といわれる、「ジッジージッジー」と繰り返し鳴きながら頂点に達した時「ズビャクズビヤク」と鳴き声を変えその後急降下!その際尾羽が風を切り「ザザザザザザーーー」と行動を繰り返しています。頭の上が賑やかです。それが、朝早くから夜遅くまで、時には樹に止まってないていることもありますが、飛び回っています。

20180513_0031
 ハトぐらいの大きさに早い動き、私のカメラではこれが限界か??近くを飛んでくれたので、撮ることが出来ました。写真を拡大してみると(クリックしてみてください)長いクチバシを開けています。ちょうど「ジッジージッジージッジー」と鳴いているところです。この長いクチバシは、土の中のミミズや昆虫類を食べるための重要なものです。

 このディスプレイ飛行で、自分が健康や丈夫なことをメスにアピールしているのだとか。オオジシギのオスも大変です。ただ今オオジシギたちの恋の季節真っ盛りです。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2018年4月29日 (日)

今日のエゾエンゴサク

180429_0311_2
 散歩道で見つけた、春の妖精(スプリング・エフェメラル)のひとつエゾエンゴサクです。樹々の葉が広がり、森の地面に光が届かなくる前、春にひとときに茎を伸ばし花を咲かせます。冬の間地面は凍りついていますが、シバレが解けて暖かくなると同時育ちます。花を咲かせた後は、地面に隠れてしまうと言う、この時期だけ地上に出てくる植物です。例年ゴールデン・ウィーク頃に花が咲き、しばらくは可憐な花を楽しませてくれます。この季節、道東の足元で探してみてください。

 北海道各地より桜の便りが届き始めました。一昨日は帯広に桜前線到達、今日は札幌に満開宣言。道東はもう少し先になりますが、桜は間違いなくやってきています。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2018年4月14日 (土)

今日の旅日記

 関西へ出かけていました。途中の風景色々です。

 春を先取りにということで、桜を観に造幣局の通り抜けへ。

S180412_0011
 平日ではありましたが、たくさんの人でです。やはり桜を見て春を感じたいのですね。

S180412_0061
 今年は春が早いそうで、散ってしまったものや葉が広がり始めているものもありましたが、しっかり見応えがありました。

S180412_011
 通り抜けの600m弱の間に約130種!?約350本の桜が咲いていました。

180411_0091
 約20年ぶりに再会した実家近くのポスト、現役でした。

S180411_0081

 薪ストーブを使っている身として、火の神様の荒神様にお参りして、安全を祈ります。奉納されたたくさんの火箸です。

180405_0251
 小さな川で鵜を見つけました。潜っては魚を捕られえています。それも次から次へ、良い川なのでしょう。

180412_0271
 いつもとは違ったフィールドを漕ぎました。大阪運河カヤックツアーに参加しました。このツアーについては、また後日書きたいと思います。

 北海道を離れた、数日でした。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2018年4月 4日 (水)

今日の鳥

001
 釧路湿原の東側でオジロワシ、オオワシがたくさん止まっている樹がありました。それぞれ2羽づつ居ます。そして、よく見てみると写真の左にはタンチョウもカップルで居ました。

 わかり易いように・・・・・

002
 クリックしていただくと、画像が大きくなります。

 赤丸が5つ。左から、タンチョウカップル、オオワシ(幼鳥かな)、オジロワシ、オオワシ、オジロワシです。

 ヨシ原で卵を温める準備をするタンチョウのカップル、道東に留まるオジロワシ、北へ渡るオジロワシとオオワシ。皆さんそれぞれの暮らしが始まっているようです。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2018年3月29日 (木)

今日の音

180328_0071
 昨日の朝、辺り一面に霞がかかっていました。気温は高かったのですが、太陽は遠くに見えるような空でした。

 ぼんやりと見える風景の向こう側から、タンチョウの二番が鳴きあっているのは、夫婦対抗の縄張り争いでしょうか。先日まで給餌場でやり合っていたよりも、本格的に縄張り争いをしているようです。数羽のアカゲラも縄張り宣言のドラミングを繰り返しています。何に驚いたのか、エゾシカが警戒音も発しています。見た目は静寂のような写真ですが、なかなか賑やかです。そうこうしていると、ハクチョウの声。10羽のハクチョウが鳴きながら、私の頭上を飛んでゆきました。鳥も動物も、飛んでいる虫達も春です。

 漢字の勉強です。霧、霞、靄、同じような漢字で、同じような感じです。霧と靄の違いはわかりますが、霞は正確には説明し辛いです。そして、霧は駆けるけど、靄と霞はちょっと自信が無いかな。少し書き取りの練習をします。

S180326_006_2
 様々なところから桜の便りが、これでもか!と届いています。道東の桜はまだまだ先、皆様の桜の便りを楽しんでいるところです。上の写真の福寿草の皆さん、先日のブログ にてツボミだった皆さんがしっかりと咲きました。こちらはただ今、福寿草が満開です。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]
 

|

2018年3月18日 (日)

今日のネコヤナギ

20180316_0041
 ネコヤナギが芽吹き、モフモフとしています。しばらくすると花穂が咲きだします。暖かな青空の下、眠っていた植物も目覚めだしました。この季節に頭に浮かぶ歌は、

 ここ数日はこの歌が頭の中でリフレインしています。歌い手の高石ともやさんのアップはともかく、春の歌です。

20180307_0371_3
 今シーズン度々書きました、クロヅルです。
http://kushiro-r.txt-nifty.com/blog/2018/01/post-78e2.html
http://kushiro-r.txt-nifty.com/blog/2018/01/post-2659.html
http://kushiro-r.txt-nifty.com/blog/2018/02/post-78e2.html

 先日、伊藤サンクチュアリで飛び立ったところです。親子3羽の家族が飛ぶ準備をしていて、その近くにいたクロヅルは知らん顔していたのですが、家族が飛び立ったと同時にいきなり飛びました。追われたわけではなく、自分の意思で飛び立ちました。
 その後はサンクチュアリでは見かけていませんが、近所のデントコーン畑でタンチョウと一緒に落穂を食べているところを見かけました。果たしてこのクロヅル今後どのような運命を辿るのでしょうか?
・なんとなく北に帰るハクチョウと共に北へ。
・タンチョウの若鳥グループになんとなく混ざる。
・上の画像の家族になんとなく受け入れられる。
・なんとなく良い相方を見つけて、ナベヅルと交雑して出来たクロナベヅルのように、クロタンチョウが生まれる。
・なんとなくどこかの湿原で夏を過ごす。
 などなど想像、妄想しています。どんな形にせよ、元気でやって欲しいです。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2018年3月 1日 (木)

今日のオオアカゲラ

180224_0041
 やっぱり、自然の森はいいです。数百年前からそこに居る樹、生まれたばかりの樹、順調に育っている樹、古い樹が倒れてとばっちりを受けている樹。それぞれの樹の暮らしを感じながら、そこに暮らしている動物や鳥を見ながら、歩くのが好きです。

20180224_0501
 そこで出会ったオオアカゲラ君です。時々私達を気にするそぶりを見せますが、この樹には美味しい虫が詰まってるぞ!!と懸命に突いていました。春間近、恋の季節の始まりです。仲間のアカゲラですが、自宅にやってくるアンテナアカゲラ とは顔つきが違うよな、とか思うのは私の勝手な思い込みです。みんな懸命に生きています。

 そんな気持ちの良い天気の中、森を歩いていた数日前でしたが、今日は大荒れの天気です。「吹雪いているそうだけど、大丈夫?」とご連絡もいただきましたが、無事です。荒れた天気は明日まで続く予定、今はストーブを焚いて暖かくしています。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2018年2月24日 (土)

今日のクロヅル

20180220_0311
 32年ぶりに北海道へ渡ってきた迷鳥のクロヅル、タンチョウよりも一回り小さいせいか、タンチョウのヒナに追いかけられているかと思うと、成鳥に「なんだよ~!」と言ってみたり、やっぱり追い払われたりと、でもタンチョウの中でもエサをちゃんと食べて元気にやっているようです。

 そんなふうに見てると、思い入れも強くなるり色々な姿を見たくなります。飛んでいる姿を!と思うのですが、数の多いタンチョウを飛ぶ姿を見ることはあっても、なかなかその1羽しかいないクロヅルが飛ぶ姿を見ることはありませんでしたが、ついに!!上の写真です。
 見ていると、飛んでくれました!!!と言いたいのですが、写真の全体はこんな感じです。

20180220_0312
 エサを食べているところを、タンチョウに追い掛けられて、2羽ともそのまま飛んでいってしまった図でした。
 いつか、自分の意思で飛んでいるところを見たいぞ、クロヅル!!
 エサくらいゆっくり食べさせてやれよ、タンチョウ!!
 給餌場にて、独り言ちていました。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2018年2月 6日 (火)

今日のタンチョウ

20180206_0331_2
 今日は一日中晴れの予報でしたが、午後からは雪。風は吹かなかったものの、ときには大粒の雪が降り夜になっても降り続いています。

 給餌場のタンチョウの皆さんです。雪に追われたのか、ひたすら食べています。時々「あっち行け!」「こっちくんな!」と小競り合いもしながら食べています。
 首から顔に掛けて黒いのが、一昨年生まれた若鳥も含めた大人たちです。それとは別に首から頭まで濃いベージュ?薄い茶色?なのが、昨年5月から6月頃に生まれたヒナです。大きさや仕草は親鳥と遜色ありませんが、トーちゃんやカーちゃんと一緒に行動しています。そんなヒナも、今月末ごろまでには、親から「自分で生きてゆきなさい!」と申し渡されて強引に親子の縁を切られることとなります。これから先はヒナにとっては試練の時、頑張れヒナ!!トーちゃんもカーちゃんも来た道だ!!(ちょっと擬人化し過ぎて、力が入りました。)

 ところで、この写真にヒナは何匹いるでしょう?

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

より以前の記事一覧