鳥類

2018年1月 6日 (土)

今日のクロヅル

20180104_0141
 昨年の秋より根室地方で確認されているクロヅルです。12月になってから鶴居村の給餌場でも時おり見かけられていたようですが、都合悪くタッチの差で見られなかったりしたのですが、数日前鶴居村の伊藤サンクチュアリで初めて会えました。
 タンチョウより少し小柄な体格のようで、ご覧のように名前のとおり黒っぽいです。学名がgursと言うそのままツルなのは、世界中にいるツルの仲間15種類の中で早くに名付けられたのかな?

20180104_0161
 鹿児島に渡ってくるナベヅルと行動を共にしていることはよくあるそうですが、北海道にやってくるのは珍しいことのようです。何かの拍子に迷鳥となったようです。
 これから先、タンチョウと仲良くなって過ごすのか、仲間のクロヅルとどこかで巡りあうのか。彼(もしくは彼女)の物語、聞かせてもらいたいです。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2018年1月 1日 (月)

今日の日の出

20170105_0021
           新年明けましておめでとうございます
         お健やかに初春をお迎えのことと存じます
         本年もなにとぞよろしくお願い申し上げます

 本日の鶴居の日の出、午前6時54分、気温は-1.1℃、雪が少し、風は無いので暖かな新春を迎えました。地平線には雲がしっかり浮かんでいるので、初日の出は拝めない、元旦の朝でした。でも、雲の向こう側、150000000km先では太陽はしっかりと輝いています。

 今年はどんな年になるか!!どんな年に出来るか!!楽しみです。
 皆様も健康で楽しい年になりますように!!

20180101_016
 せっかくだから、日が昇った頃の図。雲の向こうに太陽は居る!!

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2017年11月23日 (木)

今日のワシ

20171121_0171
 庭から頭を上げると、大きな鳥が2羽飛んでいます。羽ばたくことは無く、ユラリユラリと輪を描きながら、上昇しているようです。慌ててカメラを取りに行き撮ったワシの写真。高いところを飛んでいるのでよくわかりませんが、左下がオオワシの成鳥、右上がオオワシの幼鳥かな???(確定出来ないのでひっくるめて、ワシです)
 10日ほど前からオオワシを見かけるようになりました。その前に吹いた北風に乗ってやってきたのでしょう。

 果たしてこの2羽は、親子なのか、テリトリー争いなのか?解らないことばかりですが、見た目はユラリユラリと風に乗ってグライディングを楽しんでいるようでしたが、胸の内は如何に!?渡り鳥も落ち着くまでは大変です。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2017年8月23日 (水)

今日のハクチョウ

Haku
 釧路湿原にハクチョウが居るのは、秋10月の中ごろから一ヶ月ほど。春は3月末に南から戻ってきて、ゴールデン・ウィークごろには北へ帰るのが通常の行動ですが、このハクチョウ君は春からずっと釧路湿原に居ます。
 怪我や病気で皆と泣く泣く別れたのか、団体行動は苦手!V字飛行なんてやってられるかー!という奴なのか、なんかここでも暮らせるしーという合理的な奴なのか、他の目的があるのか。想像は広がるばかりです。
 このハクチョウが、10月ごろ南下する仲間達に、「夏の釧路湿原でもなかなかいいよ!!」てなことを伝えれば、釧路で夏を過ごすハクチョウが増えるかも!! そんなことを思いながら、時おり見かけるハクチョウに一人で寂しくないかい、達者でなと声を掛けています。

 本日の鶴居村の最高気温28.3℃!夏が帰ってきました!!

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2017年8月21日 (月)

今日のヤマセミ

Yama
 キョッ、キョッと鳴きながら、カヌーの先へ先へと飛んで行くヤマセミです。カヌーの先導をしているようでもあり、追い立ててるようでもあり、申し訳ないです。
 写真のように川に張り出した枝に止まったり、ホバリングしながら川の中の小魚を狙っています。水に飛び込み嘴でエサとなる魚を捕まえますが、魚が大きく暴れてる時は、魚を止まった枝や叩きつけて弱らせて飲み込んでいるようです。魚も必死だけど、エサを得るためにヤマセミも必死です。
 Crested kingfisherの英語名の由来である冠羽が凛々しいヤマセミ、オスだけでなくメスも同じように冠羽をしっかり立てています。KingだけでなくQueenもいるよなとか思いながらヤマセミを見て川を下っています。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2017年8月17日 (木)

今日のタンチョウ

170817_0051
 川下りをしていると飛んでいるタンチョウ3羽!!両親と幼鳥の3羽でした。今シーズン幼鳥が飛んでいるのを見たのは初めてのこと、いよいよ今年生まれ(5月頃が孵化の時期です)タンチョウが飛ぶようになります。
 残念ながら、飛んでいる幼鳥は撮れませんでしたが、近くの浜に着陸したところの写真です。真ん中が幼鳥、生まれたときは15cmほどですが、産まれて100日ほどで背丈は親鳥たちとほとんど変わりません。でも、まだまだ羽は薄茶色です。
 これから次々に幼鳥たちが飛ぶようになるでしょう。この幼鳥たちがすくすくと育ちますように!!

 今朝のガイド出動時、風景が何か違う・・・・、そう子供たちが通学しています。私の暮らす地域では、本日より二学期が開始となりました。通学路に立つPTAの方々やボランティアの方に「おはようございます!」と元気に挨拶する児童たち、新しい季節の始まりです。
 ふと自分の子供の頃を思い出すと、夏休みの最終日に半泣きになって宿題をしていたような、寝不足で目を腫らしていたような、でも全く間に合わなかったような・・・・「三つ子の魂百まで」とはよく言ったもので、今でも締め切りや期限の直前に慌てております、ハハハ、へへへ、スミマセン。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2017年7月30日 (日)

今日のオジロワシ

170729_0021
 雨だった一昨日。昨日はジリと呼ばれる移流霧が湿原を覆っていました。雨にも降られ、ジリにも当たられたオジロワシ。魚を捕る為によく止まっている川がよく見える樹に止まって、すこし翼を広げているのは、湿った身体、羽根を乾かしているのでしょう、湿っぽい時に良く見る行動です。
 このオジロワシは、昨年の台風で巣が飛ばされてしまいましたが、新しい巣を作り今年も卵を孵し、ヒナを育てています。身体全体が白っぽいところを見ると、ずいぶんと高齢なようですが元気一杯か!?
 育ったヒナは飛べるようになり、巣から離れたこの樹にも連れてきています。写真の下の方に写っているのがヒナです。魚の様子を伺い、子供に捕り方を教え始めたのかな。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2017年7月27日 (木)

今日の朝

170727_0021
 今日の朝の散歩。シラカバ林の上の空が、あまりにも綺麗な夏空に雲だったので、しばらく見とれていました。青空は綺麗だけど、やっぱり雲のアクセントがあったほうが芸術的です。などと芸術を解さぬのに思った朝でした。

 数日前の朝です。前日に二番草が刈り取られ搬出された牧草地を見ていると、

170725_0011
タンチョウ、一羽で居ます。ツガイの片方の単独行動なのか、カップルになっていない奴がウロウロしているのか定かではありませんが、ポツンといました。
 この牧草地でタンチョウを見ることは珍しくはなく、タンチョウも「ここの二番草も終わったか」と思って牧草地を見ていたのでしょう?私に反応して移動してゆくのも申し訳ないので、そうそうに牧草地を後にしようと思っていると、

170725_0021
 おや?

170725_0031
 近付いて来てます。

170725_0051
 決してのんびり歩いているという速さでなく、そこそこのスピードでこちらに近付いて来ています。まるであっちに行けというかのように、胸を張りながら寄って来ました。私に勝てそうに思ったのか、守りたい何かがあるのか?とりあえず、「今日のところはこれぐらいにしといたるわ!」と言って、家に戻った、朝の出来事でした。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2017年7月21日 (金)

今日のヒシ

170721_0071
 塘路湖のヒシが咲き始めました。今年初めて見たのはこの月曜日(17日)でしたが、写真は撮れずにいました。今日も風に吹かれながら撮りましたが、直径1cmほどの小さな花、動いているカヌーの上からはちょっと大変でした。
 7月の最終週から8月の第一週に咲くので、今年は早目と言ったところ。先日の高温が続いた影響でしょうか。いずれにしても、秋にはたくさんの実をつけることでしょう。

 雛祭に飾られる菱餅。今は形だけで、菱形の餅でしか残って居ないようですが、元はこの水草であるヒシの実で餅を作っていました。これは、ヒシが実をたくさんつけることから、子孫繁栄に繋がると考えられたとか。(諸説あるようです)

 今日の釧路湿原は霧に包まれていました。

170721_0141
 そんなに高くも無い山ですが、上の方は霧で霞んでいました。

170721_0111
 川面にも霧が・・・・うう、写真では解りにくいですが、霧が漂っていました。そして、鳥の声がたくさん。
 頭の中では、この曲が流れていました。

 この曲を貼り付けるのは何度目だろう。だって好きだから。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2017年7月15日 (土)

今日の釧路川

002
 7月7日から今日15日まで、一日を除き30℃越えの気温を記録している、鶴居村です。30℃以上の気温がこれほど続いたことは無かったことと思います。鶴居村の7月の平均気温の積算は514.4℃(R[アール]調べ)ですが、今月は果たしてどんな気温になることでしょう。いやいや、それにしても、暑い!!道東の方も、北海道の方も、全国の方も、高温対策をしっかりと!お気をつけください。

 川の風景です。

003
 ミンクが川を渡っていました。いつもならスーッと流れるように泳ぐのですが、なぜか少しバタつきながら(バタ足、バタフライにあらず)泳いでいます。陸に上がったのを見てみると、ザリガニを咥えています。咥えていて泳ぎにくかったのか?まだ生きていたのでバタバタしたのか?陸に上がると、たぶんエサを待っている子供の元へ走ってゆきました。

001
 子連れのカワアイサ、12羽の子供を連れていたパワフルカーちゃんです。この一団を見つけて、すぐに川の反対側へ移動して、道(川)を譲りました。カヌーが近付くことで一団が離れ離れになることがあります。くれぐれも近付いたりしないよう気をつけましょう。 

 その他にもシマヘビが手も脚も無いのに、体をくねらせて、思いのほか早く泳いでいました。今までも気温が上がると、泳いでいるヘビをよく見かけます。ヘビもやっぱり暑いのでしょうね。さてこの暑さいつまで続くのか!!

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

より以前の記事一覧