鶴居村

2017年2月10日 (金)

今日のタンチョウ

Turu
 暖かくなると、と言っても最高気温が僅かにプラスになるとか、最低気温がマイナスの一桁になると、暖かく感じます。鳥や動物達、野生生物たちも、暖かくなったのが嬉しいのか、春を感じているのか、ウキウキ、ワクワクしているようです。
 給餌場に集まるタンチョウたちも、小競り合いをしている奴を尻目に、カップルで楽しくなっているのやら、それに釣られて周りで楽しくなるのやら、求愛のダンスが見られます。クルクル回って、首を出したり引っ込めたり、一人で回って、背伸びして・・・・・楽しそうです。

 昨夜外に出てみると、キツネのギャンギャンと鳴く声が聞こえてきました。鳥たちの声も、なにやら楽しそうです。
 本格的に暖かくなるのはまだ先ですが、季節が行ったり戻ったり、ゆっくりと変わって行きます。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2017年1月28日 (土)

今日の釧路湿原

20170127_045p_3
 昨日から風が強い釧路湿原です。昨日は南風が強かったせいか気温が上がり、日中は8℃(なんとプラス!!!)となり、暑さのあまり脳内お花畑が一斉に開花したようでした。でも今日はまた真冬日、まだまだ冬です。

 釧路湿原の今です。黒く見える樹は湿原でもっとも多いヤチハンノキ、河畔にはヤナギが育っています。薄茶色の部分はヨシです。2m近い高さがあるので茶色に見えますが、根元には60cmの雪がまだまだ積もっていて、またふることでしょう。川はいうまでも無く釧路川、しっかりと蛇行しています。屈斜路湖から流れ出し、後10数キロで釧路の海に注ぎます。写真右上の小高い部分は宮島岬です。細岡展望台から見た冬の釧路湿原でした。(写真をクリックすると大きくなります)

170125_002
 近くの小学校で行われるタンチョウコミニティの「タンチョウのエサ作り活動」、コーンほぐし作業のお手伝いをしました。昨春種を撒き、秋に収穫したデントコーン(飼料用のとうもろこし)を乾燥させて、ほぐします。↑↑↑これが、

170125_008
こうなって、全部で・・・

170125_010
 196kgとなりました。例年と比べると量が少なかったので、児童の間で残念の声もありましたが、「昨年は台風で雨が多く、天候のせいで収穫が少なかった」と冷静に考察し大人を感心させる場面もありました。素晴らしい!!

 コーンほぐしの様子は、タンンチョウコミニティのブログ (←←こちらをクリックしてください)に詳しくあります。子供達の作業の様子をぜひご覧下さい。そして、興味を持たれた方、いつかご参加ください!!!

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2017年1月23日 (月)

今日のオオワシ

20170122_0031
 じっと樹の上で何かを見つめているオオワシ、昨日の午前中に出会いました。思うのは、まだ見ぬ相方のことか、遠く離れたふるさとのことか・・・と考えるのはあまりにも擬人化しすぎですね。先ほど逃したエサのこと、次に狙うエサのこと、これからの天気のこと、そんなことかもしれません。

 午後から雪が降り始めました。

170122_0041
 天気が荒れる前日は、動物も鳥もたくさん食べるようです。天気予報を聞けるわけもありませんが、ちゃんと解っているのかタンチョウたちいつもに増して食べているようでした。

 昨日午後から降り出した雪は朝までに、30cmほど積もりました。昨日会った上のオオワシやタンチョウ、一体どうしていたのか。除雪をしながら思い出しました。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]  

|

2017年1月15日 (日)

今日のフロストフラワー

170115_0021_2
 厳冬期に現れるフロストフラワー。川からの水蒸気がいきなり凍って作り出される、自然が作った芸術品です。気温が上がるまで、しばらくの間見ることが出来ます。ここはごく僅かでしたが、大きな湖では早朝には大規模に現れることも・・・それも時の運のようです。でも、行かねば見れない、でに寒い朝・・・もどかしいところです。

170115_0071
 スノーハイキングを楽しんでいると雪。強くない風に舞う雪は綺麗だといいながら、じっと見ていると頬が痛くなる風の中の氷点下10℃、気持ちが引き締まります。

 寒波のせいで、ここ鶴居村は最低気温が氷点下20℃を下回る日が5日間続いています。冬将軍、やる気になっています。
 また、この寒波で全国各地では、いつになく雪が降ったり積もったり、気温もずいぶんと低い様子です。くれぐれも事故や体調不良などになりませんように、お気をつけ下さい。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2017年1月11日 (水)

今日の夕焼け

 今日の最低気温氷点下20.5℃、今シーズン初めての20℃越え!冬本番、これからの気温が楽しみなような、そうでもないような・・・・、気温も含めて自然です、楽しみます。

170111_0021
 シラカバ林のその向こうに沈んで行った太陽、雲を下から照らしています。

170111_001

 実際はもっとオレンジだったはず。気温は低いのに、暖かく感じたのは気のせい・・・ですね。

170111_0061

 太陽と入れ違いに、東の空に昇ってきた月、満月は明日(12日)ですが、しっかりと丸い月です。オレンジの空に丸い月です。少し雲が掛かってしまいました~。

 明日の朝はどんな朝でしょうか、楽しみです。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2017年1月 5日 (木)

今日のタンチョウ

20170105_0062
 2017年は酉年。鶴居村で鳥と言えば、当然タンチョウです。

 今年は鶴居村の開村80周年の年です。80年前の昭和12年、日本が戦争に突入して行き始めた頃、この村の人々はどんなことを考え、思っていたのか。新しい村となった時のことをもっと知りたいなと、タンチョウを見ながら思いました。

 ピリッとした寒さの中青空を舞うタンチョウ、平和な風景が続きますように!!

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2017年1月 1日 (日)

今日の初日の出

170101_016
 新春のお喜び申し上げます

 皆様お健やかに新春をお迎えのことと存じます。
 本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 地平線辺りに雲があるものの、晴れ。氷点下18℃で風の無い穏やかな東の端、自宅前の牧草地の向こうに、無事に初日の出が上りました。

 今朝の空のように、世界中が穏やかで平和な年でありますように。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2016年12月30日 (金)

今日の風景

161230_0021
 今朝の最低気温は19.1℃、もちろんマイナスです。
 立ち上った水蒸気が凍って樹の枝に着く現象、霧氷です。

Tu
 夕暮れ時に雌阿寒岳を見ると、阿寒富士は見えていますが、雌阿寒岳は雲の中です。タンチョウの親子が、どこに降りようが思案しているようです。

Sunset
 道東の夕陽。陽は西から南より、242°に沈みます。

 年末の風景、いろいろでした。

 いよいよ今年2016年も残すところ1日です。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2016年12月18日 (日)

今日のエゾシカ

20161217_0061
 湿原で出会ったオスジカです。立派な角にしっかりとした身体つき、毛ツヤもよく、黒光りしているようにも見えます。この辺りで幅を利かせているヤツのようです。後ろに写るメスジカ以外にも2頭を連れて林の中へ入って行きました。これからの冬、エサが少なくなると身体に蓄えた栄養を消費して、雪が解ける頃はやせ細ってしまいますが、それも野生動物の生きる道。大変な季節ですが、乗り切ってほしいです。

161218_0011
 朝の散歩の時、庭の裏から飛び出してきたオスジカ2頭。一目散に家の前の牧草地を横切り湿原へ降りてゆきました。私自身は捕まえたり、襲ったりしませんが(お皿の上にのっていたらいただきます。昨夜も、美味しかった!!)、逃げてゆく姿を見て、自然の中で生きてゆくのは大変なことだと思いました。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]


|

2016年12月14日 (水)

今日のタンチョウ

20161214_0221_2
 少し降っては解けて、解けては少し降っての雪でしたが、先週の金曜日に降った雪が根雪になりそうです。いよいよ冬本番です。(あれ?しばらく前にも言ったっけ??)

 自宅前の牧草地にタンチョウのつがいがやってきていました。給餌場へ行こうか、まだ自分達でエサを獲ろうか、あそこの湧き水のところなら魚もいるし・・・などと2人して話をしているのかもしれません。

 バックに見えるのは釧路湿原、寒い季節になりますが、湧き水は絶え間なく湧き続けています。湿原は生きている、そこに暮らすたくさんの生物、それをエサとする動物や鳥たち。たくさんのみんなが湿原の扶養家族です。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

より以前の記事一覧