鶴居村

2017年11月16日 (木)

今日のエゾシカ

171114_0111
 ピーク時ほどではありませんが、近所のエゾシカたちラッティング・コールがまだまだ盛んです。
 朝の散歩時に家の前の牧草地で出会った、メスと子供のグループです。前日の夕方、同じ牧草地で大きなオスジカの周りにいたグループかも知れません。「昨日の彼、カッコよかったね~」とか「遠くでガキが鳴いてたね~」とか話している朝のひと時なのかも。

171114_0131
 二本足(私)と小さな四本足(うちの犬)を見かけて、逃げようか?体勢です。お尻の白い毛を逆立てて、ボールをつけているようです。このお尻の白さが前の奴を見失わないように目印になっているそうです。

171114_0151
 四本足はガウガウと言ってるし、逃げますか!とピョンピョン跳ねて牧草地の奥、急斜面の下って釧路湿原の中へ逃げてゆきました。
 ただ今のエゾシカ、恋の季節だし、猟期は始まってるし、忙しく大変な季節です。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2017年10月10日 (火)

今日のエゾシカ

 前回のブログで、気温が下がって来ました、と書きましたが、その翌日より最低気温がプラスの二桁(11℃から13℃)という暑い日が続いています。その時間は寝ていると言え、0℃前後となった日を経験すると、暑いのです。でも、今日は陽が落ちてから、ずいぶんと冷えて来ました。

171007_007
 4月のブログにも書きましたが、散歩道は害獣駆除が行われる場所でもあります。もちろん、人や車が通る道に向けては撃たないので心配ありませんが、それだけエゾシカが居るところです。10月1日から猟期にも入ったので、鉄砲の音が時折聞こえてきます。

 鹿たちの可愛い顔、増え過ぎて害獣になっていること、美味しい肉、様々なことが頭の中で交錯します。人間の都合、自然のバランス、鹿の生き方、そんなことを考えて散歩をしていると、

171008_0011
 ポーンと跳ねて、親子らしいエゾシカ2頭が走ってゆきました。

 自然の中の人間、自然に大きな影響を与えている人間、逃げてゆく親子を見て、知らなければならないこと、考えなくてはならないこと、伝えたいことを思うのでした。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然とあそぼう!R[アール]

|

2017年10月 7日 (土)

今日の雲海

171005_0101
 朝起きると寒い、一昨日はついに氷点下0.1℃!昨日は0℃丁度の気温です。だんだんと寒くなります。
 放射冷却という現象によって、湿度が高く風の影響も少ないところには、霧が溜まります。

171005_0121
 家の前の牧草地、その先は一段下がって釧路湿原が広がっています。その釧路湿原に溜まった霧、湿原が雲海となっています。もう少し高いところから見るともっと、壮大な風景なのかも。いつか早起きして見に行きたいと思います。今日の写真は、樹々に隙間から小さな雲海でした。

171005_014
 空を見上げると秋の雲。季節が進んでゆきます。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2017年10月 4日 (水)

今日の月

20171004_0011
 昇り始めは、東にたなびいていた雲の中でしたが、午後11時前には雲の上にポカリと浮かび上がっています。

 中秋の名月なのか?仲秋の名月なのか?ずっと昔、30年も以上前に調べて違いを知り、おおそうなんだ!!と思った記憶があるのですが、未だにどちらがどちらだったのか忘れてしまう私です。

 月の明かりはとても明るいけれど、自身は光っておらず、太陽の反射によるものです。それでいて38万キロも離れた地球を照らしていること、海の満ち干きも影響していること、人体にも影響していること、宇宙の神秘です。

 そんな不思議な月を見ながら、月なら何とかしてくれるのではないかと、地球の平和と人類の健康を思うのでした。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2017年10月 2日 (月)

今日のえさづくり

170925_014
 もう一週間前の今日のお話です。

 10年間続いている、地元の下幌呂小学校でのタンチョウのえさづくりプロジェクトです。5月に撒いた種がしっかり育ち 、立派なデントコーンが実りました。7月の暑い日々が幸いして、実りが良かったそうです。しかし、好事魔多しというのでしょうか。いつもより高く育った茎、しっかり実り重くなったコーン、そこに18日やって来た台風で、コーンの半分近くが倒れてしまい、ジャングルのようになり、もぎ取るのも大変な様子でした。

 もぎ取ったコーンは、数枚の皮を残して剥ぎ取り、残った皮同士を括って干し竿に掛けます。年を越して1月ごろには実が乾燥するので、それをほぐして出来上がりとなります。参加ご希望の方、ぜひご参加ください!!

 最初の年は、指導やサポートする大人も、もちろん児童たちも、やり方がわからず、作業が終わったのが昼食も食べずに5時間目の始まりごろでした。そんなことも笑い話になるような、児童も大人も慣れた作業風景に力強さを感じました。

 作業に没頭していて、写真は干したコーン(の一部)だけですが、タンチョウ・コミニティのブログでは詳細が見れます→→→タンチョウのえさづくり週間
別の場所での作業風景も含めて、参加者の皆様の笑顔をご覧下さい。

 鶴の居る村、鶴居村ならではの作業風景でした。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2017年9月27日 (水)

今日のエゾジカ

170927_001
 橋を渡っていると、川の中に角を持ったオスジカが歩いているのが見えました。降りて写真を撮ろうとすると、川を渡り切り岸の草の中へ。何処に写っているか見えますか。冬毛の黒に近い灰色に変わってきています。

170927_0012

 「そう簡単には撮らせないぜ!」と捨てゼリフを残して、河畔林の中へ消えてゆきました。

 ただ今、エゾシカたちの恋の季節です。メスを呼んだり、別のオスに縄張り宣言や威嚇の声、ラッティングコールが、夕方や夜に聞こえてきますが、もう暫くすると日中でもラッティングコールが聞こえるようになります。ある意味、エゾシカの婚活です。
 この川を渡っていたオスジカ君も頑張っていることと思います。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2017年9月20日 (水)

今日の台風一過

 一昨日(18日)の朝、目が覚めた時は曇り空だったのが、7時ごろから雨が降り始め、風も吹き出し、大荒れの午前中となりました。雨は昼過ぎに止みましたが、風は強いままで最大風速24.1m/sとなりました。夜に風は静かになったものの、昨日(19日)は吹き返しの風が強い一日、台風の置き土産でした。

170919_003
 昨日の朝の近所の道路です。周りの樹々の葉が風で吹き飛ばされ、緑の絨毯のようになっていました。いつも歩いている散歩道は樹が倒れ込み、乗り越えなくては通行できないので、天然のフィールドアスレチックとなっていました。

 ここ数年はこの季節、牛の飼料用のデントコーンの収穫前に風が吹きます。今回の台風後に畑を見ると、倒れているところもありましたが、大きな被害ではありませんように。

170920_002_2

 今朝の青空です。昨日までの強い風、時々降っていた雨も今日は降らず、晴天の一日でした。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2017年9月 9日 (土)

今日の注連縄

 数日前、近所の世話役さんより「注連縄作りをするから、手伝いにきてよ」と声を掛けていただきました。毎年神社祭のときに注連縄を、地域の方々で掛けかえることを知っていましたが今まで都合が合わずでした。でも今年は都合よく、初めての参加です。

170909_011
 まずは、注連縄の材料である藁を叩いて柔らかくします。砧と思っていましたが、地域によっては横槌、藁叩きとか言うそうです。どれくらい柔らかくするのかと尋ねると、綯えるくらいの柔らかさだそうです。初めて綯うので、先輩方の叩いた藁を触って感じをつかみます。
 その後、ねじったり、組み合わせたり、「持っておいて」と言われ絞りながら持っていたり・・・・・写真を撮る余裕はありませんでした。でも、楽しい!!

170909_013
 鳥居に掛けて完成です。初めての作業、言われるままに、あっと言う間でした。

 作りながら話に出てくるのは、今年の春に亡くなった注連縄作りの監督だった方のお話。「ちょっと歪だから、怒られるかな」とか「そっと直してくれるよ~」とか「数年前は出来たのに形が良くないから、最初からやり直しって言われたなあ」・・・・、お亡くなりになられたことは悲しいことだけど、皆が思い出している時にはそこにいらっしゃるのだとしみじみと思いながら、監督を感じながらの注連縄作りでした。

170909_018
 先輩方に、残った藁で縄の綯い方を教えていただきました。手のひらを使って綯うには、柔な手であることを実感した現代っ子です。きっと明日は手のひら、指先が痛いのだろうな・・・・いや、もうすでジワジワきています。

 でも、こういった手仕事、大好きです!!

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2017年9月 3日 (日)

今日の花火

001
 昨日は、釧路大漁どんぱく花火大会でした。台風の影響が心配されましたが、無事開催されました。昨年に引き続き、家の前の牧草地、花火会場から17km離れたところで観覧というか、最大の三尺玉を待ちました。低い花火の輝きがチラチラと見えるので、その右側に上がるはず!!

002
003
004
005

 打ち上げの輝きが見えた後、大輪の花を咲かせました。600mの高さまで上がり開花、直径は550mなのだとか。

 約17km離れたところに音が届くのは50秒後。三尺玉の花が散ってしばらくしてドンと聞こえた音は、夏が過ぎ行くような音でした。

 遠くからその一発だけを、待って見るのも良いものです。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2017年9月 2日 (土)

今日の演芸

S170901_0051
 昨日の夜、村内のホールにて行われた上方演芸会。どうして道東の村で上方演芸会なの?と思われた方も多いでしょう。上方演芸会と言うのはNHKラジオの番組であり、その公開録音が鶴居村で行われました。鶴居村村制施行80周年記念ということですが、笑うかどには福来るということで、80周年記念に福をもたらすのだろうと解釈しました。
 何でもこの番組は昭和24年から開始され、「のど自慢」に次ぐ長寿の番組だそうです。

 出演は、オジンオズボーン、大木こだま・ひびき、テンダラー、海原はるか・かなたの4組、大笑いさせていただきました。
 テレビでやっているような短縮した漫才と違って、ちゃんとした長さの実演。やっぱりライブは良いと思った次第。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

より以前の記事一覧