鶴居村

2017年8月15日 (火)

今日の花火

S170814_1591
 昨日14日のこと。鶴居村の花火大会。開村80周年記念とあって、例年の倍の花火を打ち上げたそうな。

S170814_1621

 頭の上に上がります。首が痛いくらいに真上です。ラジオで聞いたのですが、北海道の小さな村や町の花火は間近で見れて迫力満点、大きな花火大会も良いけれど田舎の花火もお勧めだそうです。確かにその通り!!

S170814_142
 目の前にもあがります。打ち上げ台(と言うのかな?)も見ながら、花火を楽しめます。

S170814_1581

 夜空にドンの音と共に広がる花火、少し涼しい夏をもう少し暑くしてはもらえないか!!鶴居村の開村80周年を祝う気持ちと夏らしい空を願うのでした。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2017年7月27日 (木)

今日の朝

170727_0021
 今日の朝の散歩。シラカバ林の上の空が、あまりにも綺麗な夏空に雲だったので、しばらく見とれていました。青空は綺麗だけど、やっぱり雲のアクセントがあったほうが芸術的です。などと芸術を解さぬのに思った朝でした。

 数日前の朝です。前日に二番草が刈り取られ搬出された牧草地を見ていると、

170725_0011
タンチョウ、一羽で居ます。ツガイの片方の単独行動なのか、カップルになっていない奴がウロウロしているのか定かではありませんが、ポツンといました。
 この牧草地でタンチョウを見ることは珍しくはなく、タンチョウも「ここの二番草も終わったか」と思って牧草地を見ていたのでしょう?私に反応して移動してゆくのも申し訳ないので、そうそうに牧草地を後にしようと思っていると、

170725_0021
 おや?

170725_0031
 近付いて来てます。

170725_0051
 決してのんびり歩いているという速さでなく、そこそこのスピードでこちらに近付いて来ています。まるであっちに行けというかのように、胸を張りながら寄って来ました。私に勝てそうに思ったのか、守りたい何かがあるのか?とりあえず、「今日のところはこれぐらいにしといたるわ!」と言って、家に戻った、朝の出来事でした。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2017年7月10日 (月)

今日のセミ

Semi
 一昨日7月8日、鶴居村の最高気温33.2℃。7月としては観測史上最高記録だったそうです。暑かったはずです。7日から本日まで4日連続で30℃を越える真夏日でしたが、4日間も真夏日が続いたことは大変珍しいことと思います。つい先日まで寒いよ~と言っていた身体には、ちょっと堪える暑さでした。でも、明日は少し落ち着くようです。
 30℃越えたくらいでゴチャゴチャ言うな、と言わない下さい。北方仕様の身体は解けやすいのです。

 物置の扉にしがみ付いていた、セミの抜け殻です。きっと、私が歩き回っている土の下に数年(セミの幼虫期間は詳しくはわかっていないようです。3,4年ほどかな?)暮らしていたのでしょう。
 羽化して成虫になると1週間ほどで寿命が尽きるようですが、幼虫の期間を考えると昆虫としては、寿命が長い種類だといわれています。
 この写真を写したのはしばらく前のこと、抜け殻を残して飛んで行ったセミも次の世代を残せたのかな。暑い日中ボーっとしながら、抜け殻を見ながら、長く過ごした土の中のこと、出来てきたときのこと、飛んだときのこと、お相手を見つけたこと・・・セミの一生を想像しました。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2017年7月 8日 (土)

今日のホザキシモツケ

S170708_0061
 釧路湿原の夏の花、ホザキシモツケが咲き始めました。例年最初に咲き始める場所(私が見つける場所)はまだ咲いていなかったのですが、別の場所に咲き始めていました。1998年に大雨が降った次の年も、川岸に咲くホザキシモツケが咲かなかったり、咲くのが少しだったり、遅かったりしたことがありました。昨年8月の雨は1998年よりも多い雨であったので、ホザキシモツケにも影響が出ているのかもしれません。でも、生命力の強いホザキシモツケです、数年で元に戻るでしょう。そんなことも思いつつ、今年のホザキシモツケの咲き具合、要観察です。

 それにしても暑かった、本日の鶴居村の最高気温33.2℃!!先月末までは、朝夕は冷えるねと言っていたのですが、ここに来て天がやる気を出しているようです。暑さに慣れていない身体には応えるの~といういきなりの本気の夏!!いよいよ夏です。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2017年7月 6日 (木)

今日の空

170706_0031
 雲がワシワシとこちらに迫ってくるような空でした。

170706_0051
 今日も朝早くから、鳴いていたタンチョウを含めたたくさんの鳥たち。

170706_0101
 道を横切ったり、庭を横切ったりする、キタキツネ。

170706_0161
 みんな同じ空の下。今日も暑かったり、ちょっと雨が降ったり、夕方には涼しくなったり、色んな天気でしたが、日が沈むとお休みなさい。また明日!!

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2017年7月 4日 (火)

今日の立て札

005
 先日のブログでヒグマの痕について書いたので、ヒグマってそんな近くにいますか?どれくらいの頻度で会いますか?死んだふりをした方がいいですか?などなどご質問を受けます。
 「油断は禁物、でも必要以上に緊張することはない」だと思います。答えになってないですね。また、出会った時には死んだふりが良いのか?!ですが、抵抗せずに助かった人もいますし、抵抗して助かった方もいます。やっぱり答えになりません。

 野生の動物相手のことですので、正解はありません。居るかも知れない場所へ行くときは、ヒグマに対する知識を身につけてください、準備してください。それが、自然に対する礼儀なのだと思います。

 うーん、書き出したものの、結局答えは無いのだなぁ~。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2017年6月 8日 (木)

今日のミヤマザクラ

002
 今日は朝から雨。雨の音で目覚め、降ったり止んだりを繰り返しています。

 ということで、昨日の青空の下で写したミヤマザクラです。

001
 ミヤマザクラは花が小さくて寂しいから、という方もいらっしゃいますが、ご覧の通り今年の我が家のミヤマザクラは元気一杯にこれでもか!と咲いています。

 5月12日に庭の桜が咲いたと書いてから一ヶ月弱の間、いろんな桜が咲きました。ヤマザクラ、ヤエザクラ、シウリザクラ、ウワミズザクラ、そしてこのミヤマザクラで桜シーズンは終わり、次はハシドイやコリンゴ次々に花が咲きます。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2017年6月 5日 (月)

今日のツツジ

S170605_003
 「ツツジで花見をするから、遊びにおいで」と誘われたのは、個人の庭の域を越えて、これは公園でしょ!といいたくなるようなツツジの園でした。

S170605_006
 満開にはちょっと早かったようですが、たくさんの種類のツツジが咲いてました。たくさんの種類の名前はわかりませんが、どの花見てもきれいだな♪

S170605_008

 焼肉や焼きホタテに焼き牡蠣・・・・・、飲み物多数。地域のバンド、親子バンドも色を添えた、個人のイベントだけど「祭」、とても楽しい時間でした。

 「見頃はもう少し後かな?」ということなので、もう少ししたら、また訪れたいと思います。

170605_0031

 夕方家に戻ると、牧草地の刈取りが始まるところでした。約7haの牧草地を、ほぼ1時間30分で刈取り、ご覧のようになっています。きっと明日、この筋状の牧草を専用に機会で吸い上げ、トラックに積み込み、同じく1時間30分ほどで全てを搬出するはずです。昨年より少し遅く、一番草の刈り取りが始まりました。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2017年6月 2日 (金)

今日のオオバナノエンレイソウ

B01
 ただ今、庭でもっとも多く咲いているのは、オオバナノエンレイソウです。昨年の笹刈りをしっかりしたので、花も多くなったように思います。種が落ちてから花を咲かせるのに、7年から10年掛かるそうなので、ずいぶんと前に落ちた種が、笹刈りによって日当たりが良くなり咲いたのだろうなと思っています。

B02
 花びら、萼、葉、それぞれ3枚ずつです。三を良い数字とする日本では好まれているそうな。

S170602_0131
 ちょっと歩いたところにある群生地。笹に追われて負けそうなところもありますが、他の植物に負けじと咲いています。

 この花が咲くと夏!!と思わせる花です。ヨシ!夏だ!!

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]





|

2017年5月29日 (月)

今日のオオジシギ

170528_003
 連休前にオーストラリアからやって来た、旅鳥のオオジシギ。川を下っている時も、湿原を散策している時も、散歩している時も、自宅に居る時も、頭上を賑やかに飛んでいます。
 いくら長距離を移動する旅鳥とは言え、ずっと飛んでいるわけも無く、ご覧のように止まって休むこともあります。このオオジシギ、止まっていても鳴いていたので、コンパクトカメラで録音しました。
 鳴き声を聴けます  (静止画に音声です)←←←クリックしてください

 飛んでいるときは、この鳴き声の後に急降下して羽の風切り音の「ザザザザーーー」というのが聞こえますが、声の主はご覧のように止まっているので鳴き声だけです。
 この鳴き声や風切り音は、縄張りの主張やら、繁殖期のメスに対するアピール(婚活というのか?)だそうです。遠くから飛んできたオオジシギ、なかなか大変な暮らしを送っています。

 昨日の最高気温15℃から今日は24℃。いきなりの気温上昇は堪えるの~と言いながら庭のフキをと戦っていました。今日は「夏」だった東の端です。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

より以前の記事一覧