応援

2020年4月 7日 (火)

今日の蕗の薹味噌

200406-0101  先日の予告の通り、蕗の薹味噌を作りました。
 近所で摘んだ蕗の薹を急いで家に帰り、急いで刻んで、少しの油で炒めて、味噌、味醂、砂糖、鷹の爪などで味をつけて~、と数年前までは思っていました。というのも、摘んだ時や刻んだ時すぐに切り口が酸化して茶色に変色してしまうので、急いで摘んで刻んでとやっていました。でも、その後に油で炒めて味噌を混ぜたら・・・全体的に色はこの通りとなります。調べてみると、色が変わっても味などには変化はないように書いてあったので、そんな急がなくても~と都合よく解釈して、急がず調理することにしています。なお、レシピによっては「急いで摘んで帰って、急いで刻んで、急いで!!」と書いてあるのもありますが、その辺はご自身のご判断で良いかと思います。

 程よい苦みに味噌、甘み、辛みそれぞれの味が相まって、旨い!!炊き立てのご飯に乗せて、春の苦みを楽しみます。

 でも、やっぱり・・・・・
S200407-003 日本酒で春の味を楽しむのは格別です!!旨いぞ蕗の薹味噌!!大絶賛自画自賛!!です。それにしても、日本酒と程よい苦みに味噌、甘み、辛みそれぞれが相まって、旨い!!(2回目)もう一杯、もう一杯が続きます。

 

 そうだ!!
 いま世界中がくすぶっているような空気に包まれていますが、来年の今頃、地面からポコポコ出て来る蕗の薹をワシワシと摘んで天ぷら、蕗の薹味噌、パスタ等々にして、美味しいお酒やワインを呑みながら、足りなくなったらその辺でまた摘んで来て、一杯食べて呑んで「昨年の春は大変だったね~」と笑って話せる「春だ!蕗の薹だ!」祭をやりませんか!きっと私一人でもやります!!(一人は寂しいので、誰か来て~!)そんなことを想像しています。
 大丈夫、きっと元に世の中に戻ります!!

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2020年2月11日 (火)

今日の蒸気機関車

20200210-0192 湿原をご案内中に出会った蒸気機関車「SL冬の湿原号」です。詳しい人は一目で解る、標茶から釧路に向かうところです(後述)。線路と道路が重なるところ、たくさんの方々が蒸気機関車を観に、撮影にいらしていました。蒸気機関車、人気者です。

200210-0021 塘路駅の出発直前。1分前まではたくさんの人が写真を撮っていましたが、駅員さんの「もうすぐ出発します!」の一声で皆さん車両へ戻りました。お見送りしたのは、我々数人だけでした。先ほど駅員さんと書きましたが(青い作業服の方)も、蒸気機関車を見送った直後に車で移動されていました。駅員さんで良かったかな?きっと、標茶駅か釧路駅の駅員さんでしょう。知ってる方教えてください。

 写真をご覧になり、「この蒸気機関車、見た目がのっぺりしていないか?」と思った方、鋭いです。蒸気機関車は釧路駅から標茶駅へ向かうとき前を向いて客車を引っ張り走ります。
20190221-0321 よく見るこんな形です(昨年の写真です)。そして「SL冬の湿原号」の終点標茶駅に着くと、今度はこの蒸気機関車が後ろ(釧路駅側)に回って後ろ向きに客車を引っ張って、標茶駅から釧路駅を走ります。標茶駅には蒸気機関車をくるりんと後ろに向ける転車台という設備がないので、客車と切り離したり、蒸気機関車を後進させたり、線路を切り替えたり、前進させたり、客車と繋げたりして、釧路駅に向けて先頭で後進しながら引っ張り走ります。・・・・書いていて伝わっているかと心配なので、「SL冬の湿原号」の該当サイトです。
 そんなわけで、一番上の写真で書いた「詳しい人は一目で解る、標茶から釧路に向かうところ」となります。

 「SL冬の湿原号」水と熱を駆動に変えて、今日も力強く釧路湿原を走っています。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2018年4月22日 (日)

今日のガス燈

170628_0091
 釧路駅側から幣舞橋を渡り、釧路川の左岸を海に向かって歩いてゆくと、港文館があります。その前の街灯、少し古風なデザインで趣のあるものと思いよく見てみると、

170628_0101
電気ではありません、ガス燈です。港文館の方に話を聞くと、「そうですよ、そういう表示も無いから、皆さんご存知無いようですね。」そうなんだ、知っているひと少ないようです。ぜひ、ガスの灯りをご覧になってください。電気とは違った優しい灯りです。

171223_0231
 夜はこんな感じです。
 調べてみると、日本ガス協会のサイト 紹介されていました。港文館についてはいつかきっと書くつもりです、つもりです。

 天気が良いので橋南をプラプラと・・・、

S180422_004
 港文館から南大通に出て、右に曲がったすぐのところにハンバーガースタンド(もちろん椅子席あります)「eureka(エウレカ)」さんがあります。若い友人が3月に開店したお店です。ファストフードのハンバーガーとは全く違った、ちゃんとした料理のハンバーガー、肉の味、野菜やピクルス、ソースが調和を取りながらしっかりとした美味しさでした。付け合せのポテトも旨い!コーヒーも一杯ずつハンドドリップしてコーヒー専門店の美味しさ香りでした。久しぶりに食べた本当のハンバーガー、ご馳走様でした!!
 料理の写真は・・・、気が付いたときには食べていたのでお店の看板です。
 料理の写真はこちらで!!

 港文館前の石川啄木像、青空に映えています。

170628_0041
 「近くなのに 近くなのに まだ食べに行けず じっとしている」、eurekaの方を見ながら言ったとか、言わなかったとか。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2018年2月26日 (月)

今日の先頭

180220_0021
 SL冬の湿原号、今期の運行は昨日で終わりました。見に行ったり、思わぬところで出会ったり、今期も楽しませていただきました。水を熱くして生まれた蒸気で動く、SL蒸気機関車、力強さに見とれてしまいます。

 上の画像は、数日前に標茶駅にて客車から切り離され点検しているところです。釧路駅から標茶駅に向かうときは、機関車は前を向いて引っ張っています。しかし標茶駅には前後を反転させることは出来ないので(いえ、そんな装置がある駅が昔も少なかったそうな)、複線を使って、前を向いていた機関車が後ろに回り、後ろ向きに引っ張ります・・・・この説明で伝わっているでしょうか???
 再び上の画像は、後ろ向きの機関車です。よく見るとのっぺりしている後頭部(と思ってください)。標茶駅から釧路駅へはこちらが前、行きと帰りでは見た目が顔と後頭部、違っています・・・・伝わっているかな???
 鉄道好きの友人に教えてもらったことですが、この車両は前向きで引っ張ること、後ろ向きで引っ張ること、どちらにも同じ力を出せるそうです。SL冬の湿原号はその特色をしっかり出して活躍しています。きっと、来年もそれ以降も釧網本線を走ってくれることでしょう!!
*SLに詳しい方、間違いがありましたら教えてください。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然とあそぼう!R[アール]

|

2016年1月12日 (火)

今日のドライトマト

P
 ドライトマトを作ろうと、薪ストーブの上で乾燥させてみました。ミニトマトを半分に切って、ちょっと塩を振って、網にのせてストーブの上に・・・・1時間もすればドライトマトの出来上がりです。本当は天日が良いのでしょうが、今の季節外に出すと乾燥では無く冷凍トマトになります。(今朝の気温、今シーズン最低を記録-18℃!!)
 干しあがったドライトマト、どのように食べようか、楽しみです!!

 友人の東京での舞台のお知らせです!!

Itaru2016
 「刑事ドラマの刑事になりた!」と常々言っていた加山到が、刑事ドラマを土台にした、ヒューマニズム溢れる社会派ライトコメディの舞台をプロデュース。もちろん主演です。

 === こちら なかまがり署特捜一係 ===
      詳細は↑↑↑をクリックしてください
 2016年1月14日から18日 (7回公演)
 ウッディシアター中目黒 

 興味をお持ちになった方、加山到のハッチャケぶりをぜひご覧ください!!

 加山到のブログです→→→ 「加山到ハマッ子雑貨飯店」

 おなじみになりました「加山到応援企画」です。加山到の舞台をご覧になった方、R[アール]のプログラムにご参加の際はお知らせください。「イタル割り」いたします。

 東の端から、「加山到」「こちら なかまがり署特捜一係」を力一杯応援しています。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
 自然と遊ぼう!R[アール]

|

2016年1月 7日 (木)

今日のタンチョウ

20160105_0581
 雪は少ないのは少しさびしい気がしますが、年が明けてから良い天気が続いています。青空の下、タンチョウたちも暖かい太陽を喜んでいるようです。

20160105_0511
 前を行くのは親鳥、昨年5月頃に卵から孵った幼鳥は、首から上が黒くなかったり、羽の先が黒かったり。身体の大きさは親鳥と変わりありませんが、まだまだ子供です。
 幼鳥「雪の無い冬は暮らすのに楽だね」
 親鳥「いっぱしの口きいてるけど、あんた初めての冬でしょ!」
とか言いながら飛んでいたとか・・・・。もうしばらくは仲良し親子です。

 友人の息子が、世界を舞台に戦っています。カーリングのジュニアの世界大会に出場!!ついこの間まで、バブバブと言っていたと思ったのに!!
ぜひ、応援ください!!
 詳細はこちら→→世界ジュニアカーリング選手権

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
 自然と遊ぼう!R[アール]

|

2015年10月26日 (月)

今日の北根室ランチウェイ

 中学、もしかして小学生のころから歩くのが好きでした。琵琶湖の西岸を北から南へ縦走(もちろん陸上です)、六甲山全山縦走、国内外の旅先では路地から路地へ歩き、デートしてても「まだ歩くの?」と言われ・・・・、歩いていました。

 2年前に歩いた北根室ランチウェイ(全長71.4km)を、再び歩きに出掛けました。

151023_005
 刈り終わった牧草地を見て、でっかい空の下、歩きます。

151024_010
 カラマツ林の中を歩きます。

151023_011
 開陽台へも登ります。根室海峡の向こうには国後島が見えています。東の端です。

151024_009
 熊さんにご挨拶して、通らせていただきます。お邪魔しました。

151023_041
 牛さんの牧柵の中を歩くので、牧柵を跨ぎます。跨げるようにマンゲート(人が通れるゲート)、いろんな種類があり工夫されています。

151024_006
 カラマツの防風林の中も歩きます。

151024_014
 雨に降られた2日目、レインウェアを着て歩きます。一本橋で川も渡ります。

151023_040
 東の中標津から西へ、西へ。夕方には太陽に向かって歩きます。時々、たいようにほえます!そういう世代だから。

151023_033
 月が見守ってくれています。

151023_046
 初日は約7時間(休憩含む)23km、2日目は雨の中を約8時間26km、しっかりと歩きました。
 しかし3日目の未明から暴風雨、さらに雪(初雪でした!)となりました。山に登る3日目は吹きさらしのコースとなるため、残念だけど続行を断念!残りのコースもキッチリ歩くぞ!捲土重来を期する「歩く5人組」でした。

 2年前に歩いたときよりも、コースは整備されてほとんど舗装道路を歩くことはなくなりました。よりいっそう「歩く道」と進化しています。
 ご興味をもたれた方、ぜひ歩いてください。道東の自然や大きな産業の酪農を肌で感じることができます。力一杯お勧めします。

 また、歩きたいな~と思った方、来シーズンはツアーを作りたいと思っているので、ご一報ください。

 コースの整備・改良をしている皆様、コースに土地を提供・理解されている皆様、ありがとうございます!!!

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
 自然と遊ぼう!R[アール]

|

2015年8月 1日 (土)

今日の月

20150731_0031
 昨夜の月です。同じ月(month)に2回の満月という珍しい、2015年7月の2度目の満月、霧も雲もなくすっきりとまん丸でした。
 月までの距離は約38万キロメートル、地球をゴロゴロと転がすと、9回半で月にぶつかる距離です。そんな遠くの月の引力で、潮の満ち引きがあったり、動植物にも影響があるとか。では、月は地球の引力をどんなふうに感じているのか?水が無いと影響は無いのか?地球から分かれた星なのか?神秘的なこと、物理や生物や天文色んなこと、満月を見ながら思いました。


 恒例となりました「加山到 応援プロジェクト」!!ドラマ出演、舞台も始まります。ぜひご覧ください!!

 = ドラマ =

9c0cf4b94ecd061db6ab2f899aa7fe49
 8月1日(今日!!)&8月2日 TBS 午後9時
 「レッドクロス ~女たちの赤紙」

= 舞台 =

Itaru  8月5日~9日   ウッディシアター中目黒
 劇団カンタービレ公演 「天(102, 102, 102); text-transform: none; text-indent: 0px; letter-spacing: normal; word-spacing: 0px; white-space: 使になりた~い!?」
 詳細は → → → 
「加山到のハマッ子雑貨飯店」
 舞台をご覧になった方、R[アール]のプログラム参加の際はぜひ「到の芝居を観た」「劇団カンタービレを観た」とお知らせください。「到割引き」いたします。

 東の端からR[アール]は、加山到、劇団カンタービレを応援しています。

 ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
 
自然と遊ぼう!R[アール]

|

2015年5月22日 (金)

今日の庭の花

150522_013
 暖かくなったかと思うと寒い朝夕です。安定しない道東のこの季節の天候です。でも、今日は良い天気!!庭の花たちも、今だ!とばかりに花びらを広げています。アブたち昆虫は大喜びで、花へ向かっています。

 サクラソウ、青紫の花がいくつもいくつも集まって咲いています。

150522_001
 釧路の友人から頂いたクロフネツツジ。この花の名前を調べて、黒船とはどんなものなのか、幕末にやって来た船だけではないと知りました。理科と国語、社会、繋がっている学問なのだと気付かされた花です。←ちょいとオオゲサです。

150522_010
 シバザクラです。少しずつですが、繁殖してシバザクラ面積を増やしているようです。

150522_018
 オオバナノエンレイソウ。昨年より少し増えたかな?散歩のコースにこの花の群生地がありますが、我が家の庭もいつかはそんな風になる、かも!楽しみです。

Siitake

 花ではないけれど、自家栽培のシイタケ。少し前の写真です。できる時は、セーノとばかりに一斉にできるので、ただ今乾燥させています。いつか戻して、美味しくいただきます。

150521_008
 昨夜は北上して、弟子屈町川湯へ。ガイド仲間の小川清史が、昔のバンド仲間の木暮shake武彦さんとのライブをやったので、観に行きました。
 バンドの頃とは違った、それぞれの今のスタイルの演奏は、二人の今なのだなーと思ったり、昔の曲を聴くとイェィ!なんて盛り上ります。
 とても気持ち良いライブでした。ガイドで宿主でミュージシャンのキヨシ!時々カッコ良く見えてしまった~!!!!

 ライブ情報  http://goo.gl/9jRyku
「オンボロの車をころがしてツアー2015春in北海道」

 ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
 自然と遊ぼう!R[アール]

|

2014年8月20日 (水)

今日の空

Sora_2
 午前中はポツリポツリと雨が残りましたが、正午ころには夏が勢い良く戻ってきたように気温が上昇、久しぶりに25℃を越えました。秋を感じる風が吹くこともありますが、まだまだ夏。これからしばらくは、夏と秋を行ったり来たりの東の端です。

 友人の加山到が舞台に立ちます。今年は舞台が続いているな~と喜びながら観には行けない気持ちを、恒例となりました「加山到 応援企画」です。

 conne-colle公演 「見よ、飛行機の高く飛べるを」
日程  8月22日~26日
場所  下北沢GEKI地下LIBERTY
詳細は→→加山到のハマッ子雑貨飯店

 こちらの舞台をご覧になった方、R[アール]のプログラムにご参加の際は「加山到の舞台を観たよ」とお知らせください。割引いたします・・・そして感想をお聞きしたいと思います。よろしくお願いいたします。

 東の端から、「加山到」とconne-colle公演 「見よ、飛行機の高く飛べるを」を応援します!!

   ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
 自然と遊ぼう!R[アール]

|