昆虫

2017年4月16日 (日)

今日の福寿草

170415_004
 2週間ほど前に福寿草が咲き出しました、とブログに書きましたがただ今満開です。気温が低めのせいか、ゆっくりゆっくりと咲いているようです。

 パラボラアンテナのように開いた花の中は温かいのだそうです。その暖かさに誘われて、虫達が花の中に集まっています。そう暖かい場所を虫達に提供して、集まった虫達に花粉を運んでもらうのだとか。考えてやっているわけではありませんが、上手くやっています。

170415_006
 場所によっては、写真のように群生しているところもあります。この場所は数年前から観察していますが、少しずつですが花が増えているようです。福寿草にとって増殖しやすい場所のようです。

 春のスタート告げる福寿草、もうしばらくは楽しめそうです。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]


  

 

|

2016年12月 8日 (木)

今日の抜け殻

161208_004
 落ち葉を片付けていると、中からセミの抜け殻が出てきました。森を歩いていると、幹にしがみついたままの抜け殻を見つけることがありますが、こ奴は幹で羽化した後に落ちたのか、この低いところで羽化して飛んでいったのか、調べる術は知りませんが、この近辺で生まれ、何年も土の中で暮らし、羽化して最期の1週間くらいは行動範囲を広げたのでしょう。そんな成虫もいまはもう次の世代に命をバトンタッチしているはずです。昆虫に詳しい方に話を聞くと、セミは成虫である期間が短いと知られていますが、土の中で暮らすのが長いので、昆虫の中では長命な種なのだそうです。そうなんだ!と妙に納得した話でした。

161208_007
 日当たりの良いところで、干からびてしまっていたカマキリ。暖かい思いをしていてウトウトしてそのままだったのか。そう思って見ると、そんな風にも見えます。

 こんなセミやカマキリの姿もしばらくすると雪の下になります。全てか雪に覆われます。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然とあそぼう!R[アール]

|

2016年9月21日 (水)

今日の赤

20160921_004_2
 5時過ぎに目覚めると、窓の外が赤くなっています。上の画像ではオレンジ色ですが、実際はもっと赤かったような・・・気がします。昨日夕陽も赤かったのですが、今日の朝陽も♪真っ赤に燃えた太陽だから♪空も赤くなっていました。赤い太陽に、牧草地の向こうの湿原には薄っすらと放射霧が溜まっていました。ほんのひと時の美しい風景でした。

160921_006
 「飛び疲れたので、ちょっと休ませてください」赤トンボが川下りをしてるカヌーに休みに来ました。どうぞ、のんびりしていってください、と言うのが聞こえたのか、10分ほど休んだ後「では、また」と飛んでゆきました。
 そんな赤トンボを見ながら思い出したのが、あかとんぼの唄(非あのねのね)。夕焼けは分かるが、「こやけ」ってなんだ?と高校生の頃調べた覚えがあります。辞書や辞典を調べたものの分からず、しばらく「こやけ」を探しました。今はネットの中にあってすぐ出てきますが、いろいろ調べたり、人に聞くのも面白いことでした。

160921_0211
 少し暗くなった散歩道で見つけた赤、マユミの実です。いつもならもっと赤いのに、この1ヶ月の天気のせいでしょうか、少しくすんでいるようにも思えます。でも種はしっかりと入っているので、きっと新たなマユミが育つことでしょう。実りの秋、少しずつ深まってゆきます。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
 自然と遊ぼう!R[アール]

|

2016年8月 4日 (木)

今日の青空

160804_0101
 今日は朝から晴れ、青空、正しい夏の雲、そんな一日でした。トンボも青空に飛び込んでいます。

 先週末辺りから雨が降って、気温が上がって来てと北海道にしては珍しくムシムシとしていましたが、この晴れで気温は夏らしくなり、湿度は解消されるでしょう。ようやく、東の端でも夏が本気を出してきたようです。

160804_018_2
 今日出会った、釧網本線を走る観光列車・くしろ湿原ノロッコ号、乗客は満員だったようです。見知らぬ方に手を振られたり、写真を撮られるのは恥ずかしいですが、お互い笑顔でやり取りしてるとき、とても平和な気持ちになります。

 いつでも、どんな時でも、そっちはどう?楽しい?気をつけて、とお互いを思いやれるような気持ちでいたいなと、手を振りながら思うのでした。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
 自然と遊ぼう!R[アール]

|

2016年6月20日 (月)

今日のミヤマクワガタ

160620_003
 屋外の流しを、ミヤマクワガタが歩いていました。シンクの壁は滑るので、登れないようです。助けてやろうとしたところ、生意気にも顎を開いて、前足を伸ばして威嚇してきましたが、山へお帰りとなりました。5,6年前にもここに落ちていて、3年前には家の中で捕獲されたミヤマクワガタ、同じヤツではないでしょうが、我が家に寄り付きたい家系なのかもしれません。

 雨だった今日、ミヤマクワガタの頭にも雨粒がのっています。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
 自然と遊ぼう!R[アール]

|

2016年6月15日 (水)

今日の温根内

F01
 数日前、鶴居村の南にある温根内の木道を歩きました。
 ミツガシワ、たくさん咲いていました。ミツガシワと聞いて、土佐藩山内家が出てくる方は、よほどの幕末好きです。
 ハナアブたち懸命に蜜を吸っています。まさか受粉請負人を任されているとは思ってもいないでしょう。

F02
 緑の中のカキツバタ。よく見てみるとつぼみがたくさんです。しばらくの間、次々に咲くことでしょう。
 自宅の近くの散歩道にはアヤメが咲いています。カキツバタ、アヤメ、ショウブ、この季節になるとどこがどうちがうか、復習する毎年です。

F03
 高層湿原ではイソツツジが咲いていました。磯でも無いのにイソツツジとは、蝦夷つつじが間違って伝わったとか?動植物の名前の語源、調べてみると面白です。

F04
 天気が良くなると一斉に鳴き出すエゾハルゼミ。多くの仲間と離れて、低い草の間にいました。離れたのか、これから皆のところへ行くのか。我が家の畑のニラについていたこともあります。

 プラプラ歩いて見つけた、いろいろでした。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
 自然と遊ぼう!R[アール]

|

2016年6月13日 (月)

今日の釧路湿原

160612_006p               (画像クリックで大きくなります)

 今日は朝から小雨がずっと続いている、釧路湿原です。雨が降ったら水分をたくさん取って、陽を浴びて、緑がグングン広がってゆきます。上の画像は昨日の釧路湿原、緑のところとまだ茶色のところがありますが、もうしばらくすると緑一色になります。画像は昨日の釧路湿原です。

 湿原の中に入ってみると・・・・・・・

Midori
 昨年の枯れたヨシがまだすっくと立っていて、その下から今年の新芽が伸びてきています。ひと月もすると、緑の新芽がさらに伸びて、茶色の枯れた茎を隠してしまいます。

 新芽の根元にはたくさんの枯れた植物があります。昨年枯れて倒れた茎、その前の枯れた茎、気温が低いこの地では、分解がゆっくりと進みます。また湿原の水の中に入って泥炭になるもの、天候や地形や地質が様々重なって釧路湿原は保たれています。

 高いところから、オジロワシの目線で見る釧路湿原、水の高さから見るカモの目線、いろんな目線で見てみると見え方が違って見えて、楽しいです。お試しください。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
 自然と遊ぼう!R[アール]

|

2016年6月 3日 (金)

今日の花

Korin
 記録的な寒気が入ってきて、曇って寒かったり、今朝の最低気温が0.9℃だったのがすでに(午前9時)12℃まで上がっていたり、明日は雨の予報だったり。めまぐるしい天気のこの頃です。

 それはそれとして、花が次々に咲きます。エゾノコリンゴ、ずいぶん咲いていますが、またつぼみが控えています。

Miyama
 ミヤマザクラ、白い桜で花が小さいので寂しいという方もいますが、静かに咲いた感じが好きです。

 先日暑くなったときに鳴いていたエゾハルゼミ、ここ数日寒かったので鳴き止んでいましたが、今日の陽気に誘われて再び鳴き出しました。土から出ようとしたのを一旦止めて、仕切りなおして出てきたのかな?

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
 自然と遊ぼう!R[アール]

|

2016年2月17日 (水)

今日の痕跡

160215_016

 先日(14日)の雨による雨氷、次の日の朝も輝いていました。枯れたホザキシモツケの花も氷の中。

160215_004
 有刺鉄線も氷の中。

160215_044
 肉眼ではさほど輝いているように思わなかったのですが、写してみると電飾のようです。

 天候による現象で現れた美しい風景でした。

 そして、森へ。

160216_002
 樹の皮が当たり一面に散乱しています。それも大きな樹の皮です。見上げて樹を見ると、

160216_003
 しっかりと皮が剥がれています。剥がれた樹は虫に食べられていました。たくさんの虫たちが、樹を食べて皮の裏で休んでいるところをキツツキに樹の皮を剥がされて、食べられたのでしょう。剥がれている皮の大きさからして、きっとクマゲラです。大きなクマゲラが暮らすことができる、森です。

 森の中でも、陽の当たらないところでは、数日前の雨氷が残っていました。

160216_016

160216_0211_3
160216_0231_4
 森の中を歩いて、動物や鳥の痕跡を見つけて、美しい風景を見て、歩いて立ち止まって、ゆっくりゆっくりと森の中を楽しみました。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
 自然と遊ぼう!R[アール]

|

2015年9月27日 (日)

今日の赤トンボ

150923_012
 川下りをしていると、「一休みさせてください」と無断乗船してきた赤トンボです。しばらく休んだ後、「ありがとうございます」と言って飛んで行きました。
 ガイド仲間と話すのは、トンボが少ない、赤トンボが遅いということです。しっかりと数えたり、記録を取っているわけではないですが、どうやら少ないようです。気温、天候、その前の年のトンボ達の事情などなどが影響するのでしょう。

 赤色つながりです。

150926_005
 R[アール]農場のビニールハウスの中では、まだもう少し収穫があります。トマト各種もう少し楽しませてくれます。茎についたままでの完熟トマト、美味しいです。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
 自然と遊ぼう!R[アール]

|

より以前の記事一覧