昆虫

2018年7月24日 (火)

今日のトンボ

180724_0061_2
 風がほとんど無い川下り、ゆらりゆらりと流れにまかせて漂うような川下りでした。そんなカヌーの上に、同じようにゆらゆらと飛んできたトンボが一休みしています。

 トンボの名前の由来は、「飛ぶ」「羽(バ)」なのだっけとか思いながら見ていると、羽だけでなくて胴体もあるぞ!と言い残して飛んでゆきました・・・・ような気がしました。

180724_0021
 色んな形の雲がある青空の下、ゆらりゆらりと流れた、今日の川下りでした。
 太陽も、青空も、雲も、みんな偉大だ!!

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2018年7月 3日 (火)

今日のホザキシモツケ

180703_0011_2
 釧路湿原の夏の花、ホザキシモツケが咲き始めました。一昨年の台風の影響で昨年の花はいまひとつでしたが、今年はいかがでしょうか。力強い植物なので、昨年より今年、今年より来年・・・・と盛り返してくれるはずです。

 真ん中の花にはハナアブがやってきています。「蜜があるのでうれしいな~!」と大喜びで、蜜を吸っている間に足や身体に付いた花粉を他所の花へ運んでいます。本人は花粉を運んでいることには気がついていないでしょうが、知らず知らずに役に立っていることってあるものなのだと、ハナアブを見ながら夢想しました。

 ゆっくりと夏です。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2018年6月19日 (火)

今日の釧路川

180619_0061
 昨日と比べて、最高気温が約5℃、最低気温が約3℃が高くなった今日、青空も出ています。いよいよ夏がゆっくりとですが、やってきたようです。先日の雨をタップリと吸い上げたのか、緑も綺麗な釧路湿原、釧路川です。

 大阪北部を震源とした地震で被災された皆様にお見舞い申し上げます。余震も続いていますが、くれぐれもご用心ください。
 私のふるさとに近いことから、多くの方々からご心配のメッセージをいただきました。ありがとうございます。
 大きな災害が起きた時、いつも思うのは「自分に何ができるか」です。しっかり考え行動したいと思います。小さなことでも、役立つであろうことをやりたいと思います。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2018年1月25日 (木)

今日の抜け殻

006_2
 木道の上を歩いている私が見上げるくらいの高さだから、約3メートルのところ幹に残っていたセミの抜け殻です。6月ごろに大合唱していた一員と思われます。

Semi2_2
 こちら知人の家の基礎にへばりついていた、セミの抜け殻。地上から30cmに残っていました。
 果たして土の中から地上に出てきて、30cmでよい場所と思ったのか、3mで無ければと考えたのか。この2匹のその後の生き方は知る由もありませんが、きっと違う生き方をしたのではないかと妄想を膨らませてしまいました。
 夏以降強い風も吹きましたが、しっかりしがみついている、セミの抜け殻2つでした。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然とあそぼう!R[アール]

|

2017年7月10日 (月)

今日のセミ

Semi
 一昨日7月8日、鶴居村の最高気温33.2℃。7月としては観測史上最高記録だったそうです。暑かったはずです。7日から本日まで4日連続で30℃を越える真夏日でしたが、4日間も真夏日が続いたことは大変珍しいことと思います。つい先日まで寒いよ~と言っていた身体には、ちょっと堪える暑さでした。でも、明日は少し落ち着くようです。
 30℃越えたくらいでゴチャゴチャ言うな、と言わない下さい。北方仕様の身体は解けやすいのです。

 物置の扉にしがみ付いていた、セミの抜け殻です。きっと、私が歩き回っている土の下に数年(セミの幼虫期間は詳しくはわかっていないようです。3,4年ほどかな?)暮らしていたのでしょう。
 羽化して成虫になると1週間ほどで寿命が尽きるようですが、幼虫の期間を考えると昆虫としては、寿命が長い種類だといわれています。
 この写真を写したのはしばらく前のこと、抜け殻を残して飛んで行ったセミも次の世代を残せたのかな。暑い日中ボーっとしながら、抜け殻を見ながら、長く過ごした土の中のこと、出来てきたときのこと、飛んだときのこと、お相手を見つけたこと・・・セミの一生を想像しました。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2017年4月16日 (日)

今日の福寿草

170415_004
 2週間ほど前に福寿草が咲き出しました、とブログに書きましたがただ今満開です。気温が低めのせいか、ゆっくりゆっくりと咲いているようです。

 パラボラアンテナのように開いた花の中は温かいのだそうです。その暖かさに誘われて、虫達が花の中に集まっています。そう暖かい場所を虫達に提供して、集まった虫達に花粉を運んでもらうのだとか。考えてやっているわけではありませんが、上手くやっています。

170415_006
 場所によっては、写真のように群生しているところもあります。この場所は数年前から観察していますが、少しずつですが花が増えているようです。福寿草にとって増殖しやすい場所のようです。

 春のスタート告げる福寿草、もうしばらくは楽しめそうです。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]


  

 

|

2016年12月 8日 (木)

今日の抜け殻

161208_004
 落ち葉を片付けていると、中からセミの抜け殻が出てきました。森を歩いていると、幹にしがみついたままの抜け殻を見つけることがありますが、こ奴は幹で羽化した後に落ちたのか、この低いところで羽化して飛んでいったのか、調べる術は知りませんが、この近辺で生まれ、何年も土の中で暮らし、羽化して最期の1週間くらいは行動範囲を広げたのでしょう。そんな成虫もいまはもう次の世代に命をバトンタッチしているはずです。昆虫に詳しい方に話を聞くと、セミは成虫である期間が短いと知られていますが、土の中で暮らすのが長いので、昆虫の中では長命な種なのだそうです。そうなんだ!と妙に納得した話でした。

161208_007
 日当たりの良いところで、干からびてしまっていたカマキリ。暖かい思いをしていてウトウトしてそのままだったのか。そう思って見ると、そんな風にも見えます。

 こんなセミやカマキリの姿もしばらくすると雪の下になります。全てか雪に覆われます。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然とあそぼう!R[アール]

|

2016年9月21日 (水)

今日の赤

20160921_004_2
 5時過ぎに目覚めると、窓の外が赤くなっています。上の画像ではオレンジ色ですが、実際はもっと赤かったような・・・気がします。昨日夕陽も赤かったのですが、今日の朝陽も♪真っ赤に燃えた太陽だから♪空も赤くなっていました。赤い太陽に、牧草地の向こうの湿原には薄っすらと放射霧が溜まっていました。ほんのひと時の美しい風景でした。

160921_006
 「飛び疲れたので、ちょっと休ませてください」赤トンボが川下りをしてるカヌーに休みに来ました。どうぞ、のんびりしていってください、と言うのが聞こえたのか、10分ほど休んだ後「では、また」と飛んでゆきました。
 そんな赤トンボを見ながら思い出したのが、あかとんぼの唄(非あのねのね)。夕焼けは分かるが、「こやけ」ってなんだ?と高校生の頃調べた覚えがあります。辞書や辞典を調べたものの分からず、しばらく「こやけ」を探しました。今はネットの中にあってすぐ出てきますが、いろいろ調べたり、人に聞くのも面白いことでした。

160921_0211
 少し暗くなった散歩道で見つけた赤、マユミの実です。いつもならもっと赤いのに、この1ヶ月の天気のせいでしょうか、少しくすんでいるようにも思えます。でも種はしっかりと入っているので、きっと新たなマユミが育つことでしょう。実りの秋、少しずつ深まってゆきます。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
 自然と遊ぼう!R[アール]

|

2016年8月 4日 (木)

今日の青空

160804_0101
 今日は朝から晴れ、青空、正しい夏の雲、そんな一日でした。トンボも青空に飛び込んでいます。

 先週末辺りから雨が降って、気温が上がって来てと北海道にしては珍しくムシムシとしていましたが、この晴れで気温は夏らしくなり、湿度は解消されるでしょう。ようやく、東の端でも夏が本気を出してきたようです。

160804_018_2
 今日出会った、釧網本線を走る観光列車・くしろ湿原ノロッコ号、乗客は満員だったようです。見知らぬ方に手を振られたり、写真を撮られるのは恥ずかしいですが、お互い笑顔でやり取りしてるとき、とても平和な気持ちになります。

 いつでも、どんな時でも、そっちはどう?楽しい?気をつけて、とお互いを思いやれるような気持ちでいたいなと、手を振りながら思うのでした。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
 自然と遊ぼう!R[アール]

|

2016年6月20日 (月)

今日のミヤマクワガタ

160620_003
 屋外の流しを、ミヤマクワガタが歩いていました。シンクの壁は滑るので、登れないようです。助けてやろうとしたところ、生意気にも顎を開いて、前足を伸ばして威嚇してきましたが、山へお帰りとなりました。5,6年前にもここに落ちていて、3年前には家の中で捕獲されたミヤマクワガタ、同じヤツではないでしょうが、我が家に寄り付きたい家系なのかもしれません。

 雨だった今日、ミヤマクワガタの頭にも雨粒がのっています。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
 自然と遊ぼう!R[アール]

|

より以前の記事一覧