生活

2022年6月14日 (火)

今日の花

001_20220614200601 「今日の花」と題しておきながら、今日の川下りです。日照時間が0だった数日、曇りに雨だったのですが、今日は晴れ!文句なしの晴れ、時には快晴、雲一つも無しだった今日(14日)です。会う人会う人と「暖かくなったね」と笑顔の本日でした。

 庭の花色々です。
1001_20220614200601 アブラナ科の花です。ポツポツと咲いています。

1002_20220614200601 クリンソウ(九輪草)、サクラソウの仲間です。緑の中でアクセントのように咲いています。

1004_20220614200601 アマドコロ。風に揺られると、涼やかな音がしそうな気がします。大きな葉の下で、うつむき加減で咲いています。

1003_20220614200601 エゾキスゲ。ここしばらくは我が庭で咲き続けます。徐々に株が大きくなり、立派なエゾキスゲが増えてきました。

1005 蕗の葉の上にエゾノコリンゴの花びらです。花が咲いていた時の様子はこんな感じ。
2001_20220614200601 一週間前のエゾノコリンゴです。

S220613-012 花ではないけど、ミツバです。よし決めた!明日は摘み取ってお浸しにして食べてやる、待っとけよ!

 明日は今年で一番夜明が早い日、午前3時41分です。良い子は早く寝て、日の出を見なくては・・・・・嘘です。しっかり寝てると思います。

↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然と遊ぼう!R[アール]

|

2022年5月23日 (月)

今日の色々

220503-004 時々必要に迫られて、サツマを入れます。ここでも何度か書きましたが、サツマとはロープを解いてロープを編み込んで輪っかを作ったり、繋いだりする技術です。久しぶりに入れてみましたが、解き直すことなくできました。こういう細かい手仕事、好きです。

220523-0011 お隣りさんとの境界辺りに、♪咲いた 咲いた チューリップの花が♪です。こんなところに球根を植えることなんてないので、カラスがどこかの球根をほじくって、持ってきたのが活着したのかもしれません。偶然が重なって咲いた花、あれこれ想像して見ていると嬉しくなります。

S220523-006 必要に迫られて(さっきも言いました)、長い間使ったスマホを買い換えました。ショップにて、親切なお姉さんにあれやこれやと教えてもらいながら初期設定を済ませ、家に戻ってあーだこーだ。こういう背中を丸めての細かい指仕事、苦手です。写真は新しいスマホで撮った、最初の写真です。緑がワシワシ増えてきました。

220523-0031 そんな、あれこれジタバタしてる私を見ている、キタキツネ君。

↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然と遊ぼう!R[アール]

|

2022年4月22日 (金)

今日の行者にんにく

S220421-002 先日のブログで紹介した行者にんにく、その料理第二弾です。(第一弾は撮ってなかったけど)
 刻んだ行者にんにくとひき肉を捏ねて、包んで、焼いて、食べて、呑んで、食べて・・・止まりません。ニラよりも辛く、香りも強いのが、肉料理にも合うのでしょう。この季節、この山菜を獲りにたくさんの方が山に入り、ワシワシ食べています。

 はじめて行者にんにくを見たのは、30年近く前の長野でした。山の中を歩いていると、「行者にんにくの自生地です。希少植物なので、採取禁止」と看板にありました。山菜に詳しい同行者は、美味しいのだけど採れないのは残念と言っていたのを覚えています。その後、北海道で暮らすようになると、それー!とばかり皆さん採っては食べ、採っては食べです。地域によって希少種であったり、無かったりです。
 また、毒を持つスズラン、バイケソウ、イヌサフランと似ているので、毎年中毒の事故が起きています。くれぐれもご注意を!

 とか書いていますが、頂き物の行者にんにくの上に、ビールを準備して食べただけだった私・・・ご馳走様、もう一杯。どこかで顔を出しているか、探しに行きたいと思います。

 ギョウジャニンニクギョウザ、早口言葉です。

↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然と遊ぼう!R[アール]

|

2022年4月20日 (水)

今日のR[アール]

S220420-004 今から25年前の今日、1997年4月20日にR[アール]を立ち上げました。

 釧路川に出会い、釧路湿原や道東の自然に魅せられて、この地が好きだという一念からガイドを始めました。新しいことを始める昂ぶりや期待、そして不安も含めてのスタートだったと覚えています。

 たくさんの人と出会い、たくさんの出来事があり、上手く行ったことも行かなかったことも含め、私の経験であり糧です。R[アール]をご利用いただいたお客様、仲間たち、出会った全ての人々、全ての出来事に感謝しています。ありがとうございます。

 R[アール]はまだまだ続きます。これからも、この地の自然や文化、様々なことを楽しく面白く、時には少し考えて頂けるようなご案内を続けて行きます。これからもよろしくお願いいたします。

 何よりも健康第一、元気一杯で過ごしましょう。

 改めて、ありがとうございます、これからもよろしくお願いいたします。

氏原英和

 

↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然と遊ぼう!R[アール]

|

2022年4月19日 (火)

今日のヤマゲラ

 ここ2週間ほど、けたたましく「キョーキョキョキョ キョーキョキョキョ」と鳴き声が聞こえます。ヤマゲラが鳴いているようです。声は聞こえるのに、姿はあまり見かけないなと思っていると、
T220415-0031庭の樹にとまりました。家の中から観察です。この樹には、アカゲラやコゲラなどのキツツキ以外にもゴジュウカラなどのカラ類もよくやって来て樹を突いています。エサの虫が多くいるのでしょう。・・・庭木、大丈夫か?
 庭では鳴きませんでしたが、挨拶に来たのかヤマゲラ、頭が赤くないようなのでメスなのかな?この辺りで営巣するのかもしれません。

 ヤマゲラもキツツキの仲間で、日本では北海道だけに暮らします。北海道以外に暮らすアオゲラとよく似ていて、キツツキ科アオゲラ属の仲間です。北海道のヤマゲラをシマアオゲラと呼んだこともあるそうです。
 と、お話すると、どこに縞があるのかと尋ねられることがあります。シマフクロウや人気のシマエナガなんかもシマが付きますが、縞はありません。こちらのシマとは漢字で書くと島、北海道周辺を蝦夷島(えぞがしま)と呼んだことから、島のアオゲラ、島のフクロウ、島のエナガということで付けられた名前だそうです。なお、日本ではほぼ北海道でしか見られない、北海道に渡ってきて営巣するシマアオジは、身体の側面に褐色の縦縞があることからつけられたので、縞青鵐(シマアオジ)なのだから、ややこしいです。そんなややこしいのも、面白く好きです。

S220417-003 「もう採ったか?」とご近所さんが、出始めたばかりのギョウジャニンニクを持って来てくださいました。まだです、まだですと頂きました。まずは初物をどのように頂くか、ちょうど下幌呂産の卵を頂いたところだったのです。卵とじで頂きました。旨い!春の辛み、頂きました。料理が無いのは、温かいものは温かいうちに、というより香りに負けていただきま~す、旨い、もう一杯だったという、いつもの事でした。自分でも採りに行かねば!!

↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然と遊ぼう!R[アール]

|

2022年3月31日 (木)

今日の野田知佑さん

 昨夜、野田知佑さんの訃報が届きました。

 BE-PAL 野田知佑さん逝去 カヌーイスト・作家

 カヌーの愛好者、カヌーに関わる仕事をしている多くの方々が野田さんに憧れ、影響されていることと思います。私もその一人です。
 ガイドを始める以前、本州で趣味で漕いでいた時に長良川で初めてお会いしたこと、数年後釧路川のガイドに成ってお会いしたこと、釧路川で幾度かお会いしたこと思い出しています。果たして、私の名前を覚えて頂いていたかは分かりませんが、釧路川でガイドしている奴と認識していただいていたようです。

 思い出深いのは、ガイドに成ってすぐの頃、とあるイベントでお会いして、そのまま呑み会に突中。私が釧路川でガイドを始めたことを話させていただくと、「自分の好きなことを仕事として続けるのは大変だけど、好きなことを仕事にすることは大切なことなんだ。頑張りなさい。」と力づけていただいたこと、今もしっかりと覚えています。
 もうお会いできないことは寂しく残念ですが、お書きになった物、頂いた言葉は宝物です。

 謹んで故人のご冥福をお祈りいたします。

110923-017 2011年9月 釧路川源流にて

↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然と遊ぼう!R[アール]

 

|

2022年3月 6日 (日)

今日の雪景色

 昨夜(5日)4時間ほど雪が降りました。雪の量は大したことはありませんが、湿った重い雪、春らしい雪です。

 目覚めると、
001_20220306171301 朝陽が昇ると、雪から霧が立ち上がります。空気中の水蒸気が、積もった雪に冷やされて霧を発生させたようです。幻想的です。

002_20220306171301 さらに陽が昇ると、樹々についた湿った雪が青空をバックに美しく輝きます。

003_20220306171301 家の前を歩くと雪の上に不思議な文様です。何が描いたのか分るでしょうか?答えは下の方※

004_20220306171301 明るい青空が雪の白とマッチします。春らしい、寒くない(氷点下ですが)雪景色です。

006_20220306171301 オオカミの末裔が雪の上を駆け抜けたようです。

008_20220306171301 気温はどんどん上昇するので、朝のしばらくの間だけの枝に積もった雪です。正午近くにはほぼ解け落ちてしまいました。

009_20220306171301 夕方になると再び雪です。一時は前が見えないような雪でしたが、日没頃には雪は止み一旦明るくなった後、太陽が沈んで行きました。写真の光の粒は降っている雪です。右上にクリオネ(のような粒)を見つけられると良いことがあるかもしれない・・・知らんけど。拡大するといます。

 夕方に降った雪、明日の朝にはまた素晴らしい雪景色を、朝のひと時に見せてくれるはずです。明朝も楽しみです。

 ※上から3枚目の「棒のような」文様は、電線に積もった湿った雪が凍り、積もった雪の上に落ちたものでした。雪国の方には馴染みの風景です。

↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然と遊ぼう!R[アール]

|

2022年2月22日 (火)

今日の日暮れ

220222-0011 今日の午前中です。一昨日のブログの写真と同じ風景です。真っ白の世界から、青空の風景に戻ってきました。

 一昨日あれほど降った雪は昨日は降らず、でも昨日は風が強く、風で飛ばされた雪が痛いくらいでした。そんな中除雪機を使って除雪したのですが、ちょっとしたミスで除雪機が使えず、改めて今朝(22日)の朝から上の写真のような青空の下、除雪を終了しました。

20220222-006 昨日は自分のミスでバタバタしたり、風に飛ばされた雪粒に痛めつけられたりしましたが、今日は低いところに広がっている雲に包まれながら、庭のすぐ先を太陽がゆっくりと沈んでゆきました。

↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然と遊ぼう!R[アール]

|

2022年2月20日 (日)

今日の雪

220220-0041 前回しっかりと雪が降ったのは、1月12日でした。一か月と少しぶりの本格的な雪、重いです。1月に降った雪が解けて行くのを見ながら、これでは終わらないと思っていましたが、いきなりやって来た雪です。もう1,2回やって来るのではないでしょうか。
 広大な借景も一気に雪化粧しました。画像に見える光の粒は、降っている雪です。明日の朝は晴れの予報、どんな雪の景色を見せてくれるのか楽しみです・・・・でも除雪もしないと、今日は雪の中出掛けていて何もしていないし・・・。ただ今の鶴居の積雪(18時現在)60cm、しっかり準備運動して、心して掛かります。

20220220-0051 氷と陸地の隙間にいる白鳥たち。白鳥たちも雪の中。

↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然と遊ぼう!R[アール]

|

2022年2月14日 (月)

今日の魚

 ここ数日の間に食べた魚(肴)三種です。

S220213-010 チカの南蛮漬け。チカは後で出てくるワカサギと同じく、キュウリウオ目キュウリウオ科の魚です。本州では三陸海岸以北と北海道にしかいないので、多くの方には馴染みがないかもしれませんが、あっさりと美味しい魚です。
 キュウリウオの名は、キュウリのような香りがするからだそうですが、特に嫌な香りではありません。アユも同じキュウリウオ目、スイカの香りがすると言われます、キュウリウオ目特有の瓜の香りなのでしょう。

S220210-0021 カスベのほっぺの唐揚げです。ほっぺとはそのまま口元の肉の事、見た目はこんな肉です。柔らかく美味しい肉です。口元のホッペだけでなく、魚体の煮付けや唐揚げも美味しいです。
 ・・・・・で、カスベってなんだよ~と言う方も多いと思います。カスベとはエイの北海道方言です。エイのアイヌ語であるカスンべが語源と言われていますが諸説紛々。

S220209-005 先にも出てきました、キュウリウオ目キュウリウオ科のワカサギです。チカと比べると魚体は小さいです。佃煮にしていただきました。レシピよりも砂糖を控えめにして、生姜を多く入れるのが好みです。日本酒が、ご飯が進みます。

 どこかの酔人の名言「酒の肴は魚(ぎょ)に限る」そんな3種でした。

 ==お願いします==
 上に書いた「酒の肴は魚に限る」というのを誰かのエッセイか何かで読んだのですが、出典を覚えていません。ご存じの方がいらっしゃいましたら、教えてください。

↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然と遊ぼう!R[アール]

|

より以前の記事一覧