生活

2016年12月26日 (月)

今日の釧路湿原

20161225_001p              写真をクリックすると大きくなります。

 昨日の朝、最低気温がもう少しでマイナス20℃というところまで下がりました。(気象庁発表の鶴居)

 22日から23日にかけて降った雪で白さが増した釧路湿原、昨日の朝は川からの水蒸気が凍って樹の枝に着く霧氷で一段と白くなりました。

20161225_0101
 陽に当たると解けてしまう霧氷、つかの間の美しさです。

20161225_007_2
 美しいくもあり、これから厳しくなる冬の訪れ前触れでもあります。でも、冬が寒いのは当たり前、寒いからこそ見ることが出来る風景も楽しみです。

 今年も残すところ5日間、あれもこれもしなければが、あれはこれは出来ないなぁ~となってしまいそうです。お願いだから、今年中は雪は降らないでちょうだい、除雪をする時間の余裕がありません!!
 いつもどおり慌しい年末です。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2016年12月23日 (金)

今日の雪

161223_0051
 昨日午後から降り始めた雪、寝る前に外を見て「早起き、除雪」と心に刻み込んで寝ました。思ったとおりにしっかり積もっていました。30cmちょっとの積雪でした。車の通り道を確保して、玄関周り、あそことここもと雪をかき、ライフラインの薪小屋へ道を付けに行くと!!

161223_0071
 薪が崩れていました。傾いてもいなかったし、風も強くなかったし、なんで~!?と立ちすくみました。幸いにもたいした量ではなかったので、ヒョイヒョイと積み直して片付けを終了。雪かきに戻ったのでした。
 暖をとるのに電気も灯油も必要ないですが、薪の確保に薪運び、切ったり割ったり積んだり、崩れたの直したり、手が掛かりますが、楽しみながら温まっています。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2016年12月14日 (水)

今日のタンチョウ

20161214_0221_2
 少し降っては解けて、解けては少し降っての雪でしたが、先週の金曜日に降った雪が根雪になりそうです。いよいよ冬本番です。(あれ?しばらく前にも言ったっけ??)

 自宅前の牧草地にタンチョウのつがいがやってきていました。給餌場へ行こうか、まだ自分達でエサを獲ろうか、あそこの湧き水のところなら魚もいるし・・・などと2人して話をしているのかもしれません。

 バックに見えるのは釧路湿原、寒い季節になりますが、湧き水は絶え間なく湧き続けています。湿原は生きている、そこに暮らすたくさんの生物、それをエサとする動物や鳥たち。たくさんのみんなが湿原の扶養家族です。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2016年12月 3日 (土)

今日の兄弟・再会

161123_0031
 薪の兄弟のお話です。

 3年前に、パカンと割った薪に顔があったので、その片割れを見てみると、兄弟の顔がありました。(2013年12月9日
 その後、薪小屋に積み上げられるときに、離れ離れになった薪兄弟はそれぞれの場所で乾燥され、ストーブへ向かう直前に私と片方が再会しました。(2015年11月24日

 そして、薪小屋から取り出していると、もう片方が出てきて、再会の記念撮影が上記の写真です。初めて出会ったときから3年、薪にするだけに良い具合に枯れてきていますが、間違いなくあの兄弟です。ひとシーズンに大量の薪を使いますが、特徴があったので再会となりました。

 物語だと生き別れた者は、善と悪、富と貧、清と濁・・・と別々の道をたどるのですが、こちらのご兄弟はどちらも暢気に乾いていたようです。まあ、成り立ちが金太郎飴のようだから、それもまた然り・・・・・・・・なんてことを考えて、薪を見つめたり、写真を撮ったり、妄想したりしていると冬の準備が進みません。冬が来てしまった今、雪が来る前に!!です。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然とあそぼう!R[アール]

|

2016年11月18日 (金)

今日のアカゲラ

20161118_0321
 庭で作業をしていると、コツコツ、コツコツといたるところで音がしています。シジュウカラにゴジュウカラ、アカゲラもやってきました。鳥たちも冬支度のため、樹の中の虫を探して食い溜めしているようです。虫がいるかどうか、コツコツと叩いて調べています。

20161118_0361
 隙間に虫がいるのでしょう。首をねじって、ウントコショと食べています。首、大丈夫?
 鳥たちがたくさんやってくるのは、エサとなる虫がいるからです。枯れた枝を見つけてると、ついつい片付けたくなりますが、枯れた枝には虫がいる・・・と思うと残しておいてやろうと思ってしまうので、なかなか片付けが進みません。

161118_0011
 2002年6月に、カナダのユーコン川を下りました。 10日間のソロ・ツーリングはとても思い出深い日々であり、今でも時おり思い出しています。
 ツーリングの前に準備をしているときにお世話になったのは、ホワイトホースのお宿the Beez Kneez Bakpakers (良いお宿です。お勧めします!!)でした。つい先日そのオーナーと当時のヘルパーと、数奇な運命に導かれ我が家で再会しました。決して「遊びにおいでよ」と誘っていらしたのでは無く、偶然に偶然が重なり人と人の繋がりで出来た再会でした。こんなことも、あるものだ!!

Ykona065
 14年前のお宿の外観。

Ykona077
 私が泊まって、ツーリングの準備をしたコテージ。

 14年前のことを、ついこの間のことのように思い出したひと時でした。ユーコン、また行きたくなりました!!行きたい人いませんか~!!

 それにしても、偶然が重なって出来た再会。地球は自分が考えているよりも狭いのではないか!?

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2016年11月 1日 (火)

今日のパーム

161031_0031
 7月に 草刈馬として我が家にやってきたポニーのパーム、庭の笹をほとんど食べ尽くして、「仕事は終えたぜ」と言いつつ、レンタル期間満了で実家へ戻ってゆきました。本当によく食べてくれました。

161031_012
  迎えに来た、本物馬主の友人にトラックに乗せられるパーム・・・・・と見ていると、本物馬主は「自分ちに戻るだけだから、肉になるわけじゃないですよ」と。そうそう、にわか馬主兼牧童見習いのくせに、ドナドナな気分でトラックに乗ったパームを見ていました。

 毎朝、笹を食べてもらう場所へ連れて行って繋ぎ留めたり、飲み水を準備したり、夜は馬場に入れるので夜用の草を準備したり、柵を修理したりとやることも多かったですが、約4ヶ月間草刈に励んでくれて、我々も楽しく大きな動物を暮らすことが出来ました。
 綱が緩んで追いかけること2回、ちょっと目を離した隙に開いていた馬場から逃げること1回、大雨の期間もありましたが、無事に我が家で働いてくれました。ありがとう、とても良い経験が出来ました!!

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2016年10月30日 (日)

今日のハーフマラソン

161030_0011
 3年前から参加している「フードバレーとかちマラソン」、無事にハーフマラソンを完走しました。真剣に上を目指して走っているわけではありませんが(当たり前だ~!)、ちょっとくらい早くなれたらな~と、夏場の練習不足を嘆きつつ、いろいろとやってみています。タイムが大幅に変わらないのは、まあ何とか維持しているのだと、良いように捉えています。

 今回のレース中の思い出です。
・昨年も同じ声援がありましたが、スタート直後の「ラスト20!」に、よし!と応える人2名、ずっこけそうなる人多数。
・ナスに抜かれました。スーツを着てカバンを持ったサラリーマンにも抜かれました。バニーガールとビールの前でゴールしました。オレンジ色の魔女には抜きつ、抜かれつでした。何の大会に出たのだ、俺。
・中学の頃から、下手なりに何かスポーツをしていました。きつい練習の時や試合の時の緊張感、後頭部が痺れるような感覚、今日も感じましたが嫌いではないのだと思います。
・献身的なスタッフやボランティアの皆様ありがとう!皆さんのお陰で、楽しく走れます。
・ヘロヘロで走っている見知らぬオッサン(私です)に、たくさんの頑張れの声援ありがとうございます。大きな力になります。
・今は足が痛いけれど、きっと来年も参加するのだろうな~。

 マラソン人気で、大都会の大会では申し込みも抽選だそうですが、このとかちマラソンは、もっと参加者を増やしたいのだそうな。北海道の秋の味覚を楽しみつつ、ご参加されることをお勧めします。一緒に走りましょう!!

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2016年10月27日 (木)

今日の雲海

Un
 昨日の夕飯が出てこないのに、ほぼ半世紀前の風景、記憶に上書きをされつつ覚えています。
 初めて雲海というものを見たのは、幼稚園に入って直ぐの頃。確か滋賀県の伊吹山にゴンドラ(ロープウエイ?)で登り、宿泊した次の朝だったと思います。眼下に雲が広がる素晴らしい光景は今でも覚えています。その後、山に登ったり、飛行機に乗ったり、雲を上から見るとその時のことを思い出します。

 写真は標高わずか30mからの風景、雲ではなく霧による雲海です。釧路湿原に溜まった霧を小高い丘の上から見ました。画像中心は宮島岬です。

Hisikui
 湿原にある渡り鳥の休息地から飛び立ったのでしょう。ヒシクイがギャハハン、ギャハハンと鳴きながら飛んでゆきました。

161027_0031
 雲海の湿原と全く反対を見ると、青空。道東の秋から冬にかけてよく見られる、正真正銘の青空です。鳥や動物も忙しく、風景もいろいろ、冬の準備も少しずつ進めて・・・・します。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2016年10月25日 (火)

今日の馬

161024_001

161024_002
161024_003
161024_004
 朝、牧草地に連れて行き、繋いだところです。「ありがとう!」と言えとはいいませんが、私がそばに居ることを忘れたように、牧草を食べています。霜が降りてちょっと冷たいかなと思うのですが、お構い無しで食べています。近くでアカゲラが樹を突いていても、タンチョウが鳴き合っていても、エゾシカがラッティング・コールをしていても、耳をクルリと回すだけで食べています。牧草、おいしいのだろうね。

 俄か馬主兼牧童見習い、おまけに間借り牧草地でやっていますが、こちらのポニー(パーム♀)もあと少しで実家に帰ります。もうしばらくは仲良くやりましょう、と声をかけましたが牧草に夢中のお馬さんでした。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2016年10月 7日 (金)

今日の牧草地

161007_010
 今朝の鶴居の最低気温は0.9℃、道北では平地でも雪が降ったそうです。体育の日を前にして、ぐっとやってきました。

 7月のブログ に書きましたように、にわか馬主兼見習い牧童を続けています。庭の草(馬の好きなものに限る)は、ほぼ食べ尽くし、少し育ってきた草を食べては「もうないぞ~!」とブヒブヒ言うので、お隣の今は牧草地として使っていないところを、地主さんにお願いして食べさせていただくことにしました。バラ線を切って、扉をつけて、そこを通って通勤させることになりました。「バラ線の向こうに、こんな天国のようなところがあったんや~!!」と喜んで食べています。季節も移り、馬の暮らしも変わります。

 そんな牧草地で見つけた、

161007_003
今年最後かもしれないタンポポ。「寒いけど、咲きたかった!!」と言っていたとか。空にはヒシクイが群れを成して飛んでいます。そろそろハクチョウたちもやってくる頃。冬の準備を考えないといけない時季になりました。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

より以前の記事一覧