お天気

2020年9月20日 (日)

今日の雁

200920-0141 釧路川を下っていると、グワァァグワァァと鳴き声が聞こえてきました。雁の小さな群れ12羽が頭上を飛んでゆきました。季節が動いてゆきます。
 先日ラジオを聞いていると、春の花は気温の変化や気温の積算で花が開くが、秋の花は日照時間によって咲くので、秋は例年同じころに花が咲くという話をしていました。渡り鳥は何を目安に渡るのか、気温や湿度、風の向きや風力などを感じて渡りを行うようです。写真の雁たちも何かを感じて、南下して釧路湿原にやってきたのでしょう。
 今日の表題に書いた雁、雁というのはカモ目カモ亜科の水鳥の総称だそうです。上空高くマガンか、ヒシクイか分からない時には雁というのが無難なようです。
 雁というと、昔(いや今でも)切手を集めていた方はご存じの「月に雁」、きっと今でも高額(だったかな?)で人気がある切手なのでしょうね。この写真は「太陽に雁」です。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2020年9月17日 (木)

今日の収穫

 この十日ほどの間に、真夏日があったり、例年より早くに最低気温が10℃以下(もちろんプラスです)になったり、パキっと晴れない日が続き、「何を着たらいいのだろう?」と迷ったりしています。
 でも、ビニールハウスの中はまだまだ夏のまま、

200915-012 黄色いのやら、

200915-0111 赤いのやら、

200917-0141 これから食べ頃になるヤツやら、新鮮野菜、朝採りというか採られたトマトたちが採られたことに気付く前に食べています。茎についたまま熟したトマトは、甘くて味がしっかりしています。

200916-002 台所に置いてあるとちょいと摘まんだりして、美味しくいただいています。それにしても、トマトの種類色々あるものです。トマト、楽しませてくれます。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2020年9月 9日 (水)

今日の釧路湿原

 釧路湿原の空です。

200908-0021 秋らしいうろこ雲、正式名称は巻積雲。台風の影響で南から入った暖かい湿った空気のお陰で昨日は真夏日でした。鶴居の9月の最高気温を更新した、32.0℃でした。ちなみに最も遅い真夏日は9月10日、昨年2019年に記録しています。

 しばらくして焼けると、
200908-0201 夕焼けに焼けた雲、暑かったことを忘れそうになるくらいの美しい色でした。

200909-0021 雲を見て、ああだ、こうだと妄想します。あの雲があれで、あれがこれで、まとめる能力があれば物語が作れそうです。

200909-0131 海霧が入ってきた釧路湿原、細岡展望台より。阿寒の山々は見えないけれど、霧と釧路湿原は絵になります。

200908-0091 昨日の日没30分前。雲に隠れた太陽がうれしくなるような、暑い日でした。

 昨日、今日の釧路湿原や湿原の空、色々でした。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2020年9月 5日 (土)

今日の釧路川

200905-0061  青空、雲、霧も少しの全体的に良い天気で、川下り後は暑くなるような、今日1日でした。

 昨日と本日は公的機関のイベントのお手伝いとなり、いつもと違って、
200905-0021 大人数の参加者で川を下り、(私は撮影隊カヌー)

200904-0101 こんな葦をかき分け歩いたり、説明を聞いたりしました。

S200905-0021 カヌーの師匠(教えたっけ?とか言いますが)でもある先輩ガイドと久しぶりに一緒に仕事となりました。写真は厳しい反省会の後「お互い変わりまへんなぁ」と言っているとこです。

 たまには違ったスタイルの仕事も楽しいものだと思った、二日間でした。

 

===祝 2000回!!===
 今回の記事で、東の端から「こんにちは!!」が2000回目の記事となりました。2006年3月から書き出して14年半、自分の手の届くところ、目の届くところを書いてきました。三日坊主な私が続けてこれたのも、気負わずに好きなことを書き、それを読んでくれる方々居るからだと思います。これからも、クスっと笑ったり、へぇ~そんなんだと思ったり、時には考えていただけるようなことを書いてゆきたいと思います。
 今まで読んで頂いてありがとうございます。そして、これからもよろしくお願いいたします。 R[アール]氏原英和

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2020年9月 3日 (木)

今日の別寒辺牛川

200901-0011 天気が良かった長月初日、別寒辺牛川を下りました。この川を好きなのは、山の間を下り、

200901-0051 曲がりくねった川を下り、

200901-0071 広くなってゆったり流れる。2時間半くらいの間で、川の上流、中流、下流の風景が楽しめます。きっと1000年、2000年そんなに風景は変わっていないのでしょう。

200901-0091 川下りを終えて、片付けているとこんな看板が!ちゃんとカヌー乗降場として整備されている場所なのですが・・・そうなんだ川下りはあそびじゃないんだ!生き様なんだ!とか言ってみました。

 冗談はさて置き、別寒辺牛川、とても良い川です。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

 

|

2020年8月31日 (月)

今日のトリカブト

 本日(31日)の20時現在、今日の最低気温10.8℃、最高気温16.9℃となっています。夏からいきなり秋が深まったような気がします。でもまた気温が高くなる予報も出ています。猛暑の地域の方には羨ましがられますが、暑かったり、涼しかったり、寒かったり、身体がついてゆけません。

 夏の終わりの花です。
200831-0151  トリカブトです。
 殺人事件にトリカブトの毒が使われたこともあるので、良くないイメージがありますが奇麗な花です。漢方でも利用されますし、狩人はこの毒を使って獲物を得ていたそうです。また、トリカブトの毒である附子にまつわる狂言「附子」という演目もあるので、毒として知られるだけでなく、もっと身近にあったものなのかもしれません。

200831-0181 花、葉、茎、実、特に根に毒があります。花の蜜にも毒があるようですが、写真のアブには毒が効かないのでしょう。毒を含む花ですが、使い方によっては人の役に立つトリカブト、一般人は奇麗な花を観賞して楽しむのが良いようです。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2020年8月27日 (木)

今日のミンク

200826-0051 暑い、暑い、川に飛び込みたいぞ!と思いつつ川下りしていると、カヌーの前を横切る黒い影、ミンクです。水に浸かって気持ちいい!と思っているわけではないでしょうが、心地よさそうに泳いでいるように見えます。飛び込みたい。
 ミンクは元々は日本、北海道には居なかった動物ですが、昭和の初期に毛皮を得るためにアメリカから移入させたのが始まりで、戦後は北海道各地で飼育されていたそうです。私が暮らしている地域にもミンクの飼育場があり、その前にあるバス停の名前は15年くらい前までは「ミンク」でした。今は違う名前になりましたが、可愛いバス停の名前だったので写真に撮っておけばよかったと悔やんでいます。
 アメリカから移入されたミンク、今では特定外来生物などと言われて駆除の対象となっていますが、ミンクが入って来たのではなく、人間が持って来た動物です。外来種の問題は、人間の問題と改めて思うのでした。

 それにしても、暑い日でした。
200817-0011 変温動物(ヘビ)だって、暑いと泳ぎたくなります。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2020年8月25日 (火)

今日の細岡

 川下りのスタート地点の塘路湖で準備をしていた時のことです。川下りを終えたであろう、私より10歳ばかり年上のお二人が私に声を掛けてきました。なんでも、塘路湖を出て3kmほどのところが危険なので注意するように!ということです。前日下った時には何とも無かったけど、状況が変わったのか?変わるような何かあったか?と思いながら礼を言うと、初めてなら無理しないようにアドバイスまでいただいてしまいました!私の見た目そんなに心元無かったのか?釧路川のガイド25回目の夏です。・・・・・で結局心配されるような変化はなかったのですが。きっと倒木があるところで大変な思いをされたのでしょう。ありがとう、私は無事です。

444 釧路川の細岡カヌーポートです。ここしばらくの風景を集めてみました。空の色様々、雲の色や形も様々、風が吹いたり吹かなかったり、日没間近、正午の太陽などなど、一瞬たりとも同じ風景はありません。だから何度見ても見飽きません。

 ここでタンチョウクイズ!!9枚の写真のどこかにタンチョウがいます。どの写真に何羽いるでしょうか。よ~く見てください。答えは数行後!!

 

 

 

 

 

 

200822-0201 中央の写真です。左側の真ん中辺りに白い点が2つ。拡大すると・・・

200822-0211水際で草を突いたり、土を突いたりしています。水生の虫でも食べているのでしょう。二羽で仲良くやっているようです。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2020年8月22日 (土)

今日の暈

200822-0121 午前中、釧路川を下っていると、何かに見られているような気配が・・・、空を見上げると大きな目玉がこちらを見ていました。太陽の周りに虹がかかったような、暈(かさ)、ハロとも呼ばれます。太陽に薄い暈がかかることはそう珍しくありませんが、ここまではっきりと、そして長い時間(2時間ほど)かかっているのは、珍しいように思います。
 暈ができるのは、雲を作っている氷晶が六角柱で、プリズムのようになって、反射して・・・だいたいそんな風に出来ています。科学が発達した現代では暈のでき方も、出来やすい気象状況も分かっていますが、昔々は不思議な出来事、大切な太陽がいつもの違って見えること、吉兆を占ったりしたのかもしれません。大きな目玉に睨まれながら、きっと守られてる、良いことが起きるぞ!と能天気に眺めて川を流れていました。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2020年8月16日 (日)

今日のトマト

Onndo 真夏日が続いた3日間、最高気温が21℃、18℃の2日を挟んで今日は28℃。午前のドピーカンから午後3時頃よりそこそこ激しい雨で気温もぐっと下がっています。身体が気温の変化について行けないこの夏です。

200816-0221 そんな天気はともかく、ビニールハウスの中ではトマトが次々色づいています。朝一に捥いで朝食にいただいています。きっと、トマト自身も捥がれたことに気付く前に食べている、新鮮トマトです。スーパーで売られているものは、緑のうちに収穫して流通途上で赤く熟すのだとか。茎についたまま熟したトマトは甘く、味が深いように思います。

200816-001 色々な種類のトマト、しばらくの間は美味しさを楽しめます。自然の実り、ありがとう!

==追記==
 記事を書きながら急にスペクトラムのTOMATO IPPATSUを聴きたくなり、Youtubeで探して聴いてみました。うーん、いい曲だし演奏も素晴らしいけど、詞の力が抜けた感が・・・、それが良かったのかな?
 よろしかったら、TOMATO IPPATSU→→→
https://youtu.be/FoHcUQ7GezI

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

より以前の記事一覧