お天気

2020年7月11日 (土)

今日のオシドリ

200706-0121 オシドリを探せ!写真の中にオシドリの母親とヒナが写っています。全部で何羽いるでしょうか。答えはこの記事の終わりにあります。

 上の写真をクリックして大きくすると分かりますが、オシドリの母親、メスの特徴は目の周りが白く囲まれて、白いアイラインが後頭部に長く引かれているようです。涼しい目という感じです。
 オシドリ夫婦とか言いますが、オシドリはツガイを作る時期と繁殖期以外は一緒に暮らさず、せいぜい1年の内4,5か月しか一緒に暮らさず、毎年相手を変えています・・・偶然同じ奴とツガうこともあるだろうけど。メスはご覧のように地味な保護色ですが、雄は繁殖期になると目立つ色合いとなります。あまりにも目立ち、その時ツガイが一緒なので「オシドリは夫婦仲が良い!」と思われたのカモしれません(カモ科だけに)。

 オシドリを探せ!答え合わせです。

 

 

 

 

200706-0122 赤丸が母親、青丸がヒナたちです。枯れ枝の近くにいるのヒナと母親と重なっているヒナが分かりにくいですね。母親の保護色だけでなく、ヒナたちが分かりづらいのは、彼らが生き残ってゆくための術なのでしょう。卵は一度に10個前後産むようですが、この時ヒナは6羽。事情は分かりませんが、色々あったのかもしれませんし、これからも色々あるのでしょう。自然の中で生きて行くのは厳しいものと、大きくなるにつれて数が減るオシドリやその他のカモを見ながら思います。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2020年7月 8日 (水)

今日の庭の花

 つい先日までにぎわっていたエゾキスゲは時期が過ぎ、花もほんの少し残るだけで、周りに他の雑草に覆われて始めています。他の植物よりも早く咲いて、これからは根に栄養を貯めるのでしょう。

 今日は朝から霧のような、雨のような。植物にとっては恵みの雨。しっとり水滴がついていました。只今庭に咲いている花を三種。名前は後から。

20200708-0051 蕾はピンクでしたが、花になると薄くなり白い花です。

200708-0041 北海道と言えば!

200708-0021 同じく北海道の歌にも出て来る!

 

 

 1枚目は、シャクナゲです。シャクナゲはピンクの花ですが、こちらのハクサンシャクナゲはご覧のように白い花を咲かせます。7,8年前、釧路の友人が暫く留守にしていた初冬の我が家に「良かったら育ててあげて」と置いて行ったものです。家に戻った時は地面が凍り始めていましたが、何とか穴を掘り春になれば定着するよな!と声を掛けながら見守った樹です。毎年ちゃんと花を咲かせています。

 2枚目は、ジャガイモの花。アンデスから右回りに地球を回って北海道へ。今では世界中で食べられている野菜です。意外と知られていませんが、ナスの仲間です。(ナス科ナス属)

 3枚目は、ハマナスです。ガイドを始めた頃、ハマナスだと説明したところ、「正式名称はハマナシ!!牧野富太郎先生がハマナシとおっしゃっている!!」と力説というか、説教されビビった覚えがあります。仕舞いには、「森繁久彌が知床旅情など唄って間違いを広めた!!」と森繁さんまで槍玉に上がっていました。ハマナスを見るたびにその時のことを思い出します。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2020年7月 6日 (月)

今日の青空

200706-047 朝早くには雨が降っていましたが、徐々に晴れて行き、思わず笑ってしまいたくなるような青空です。

200706-013 川の中にも空があります。風の無い川下り、ついつい漕ぐ手が止まります。

200706-0211 赤帽さんと黄帽さん、黄帽さんでトンボが一休み。どうぞどうぞ、ゆっくりしていってください。

200706-0531 展望台に上がると、緑の中で川が蛇行を繰り返し、それを青空が見守っているかのようです。

 夕方から霧が出てきましたが、今日の青空を思い出して、ビール、ビール!!

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2020年7月 5日 (日)

今日のホザキシモツケ

200705-003  久しぶりの青空です。薄い雲はあるけれど、夏らしい青い空です。本日の最高気温22.8℃、少々暑いくらいですが、心地よいです。

200703-0231 湿原の夏の花、ホザキシモツケが咲き始めました。一番に咲いた花、まだまだ蕾の物、夏の間次々に咲き、緑の葉と桃色の花を楽しませてくれます。

200703-019 ケバケバした姿から、一部地域ではデンブ花、桜デンブに似ているからだそうですが、当たり前のことながら、甘くはありません。また、このケバケバしたのは、花弁の倍ほどの長さで50本もあるオシベです。メシベは花弁の中で短く5本あります。
 ずいぶん前に実際本数を確認したメシベ、今日確認してみようと目を凝らしてみると・・・・なんとか5本確認できました。

 気温が上がって行くにしたがって、ホザキシモツケが湿原に増えてきます。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2020年6月18日 (木)

今日の砥ぎ

200516-0041
 天気の良くない日は、家の中での仕事です。切れが悪いかなと思っていた、包丁2丁を砥ぎました。
 20数年前に友人が、切れなくなったからと何気なく包丁を砥いでいるのを見て、教えて頂戴!と教えてもらいました。コツを教えてもらい最後にいわれたのが、「実際に砥いでみて、何回も試してみるといいよ。良い包丁なら下手に砥いでも、いざとなれば砥ぎ士に¥2000くらいで直してもらえる。良くない包丁(安物)なら買い直せばいい」とのこと。そういうもんだと思い、同じ包丁を今でも砥ぎながら使ってます。上手い人にみせると、形が変わってるのでしょうが、問題なく使えているのは、砥ぎが良いのか包丁が良いのか。
 で、この話を砥ぎを教えてくれた友人に話すと「そんなこと言ったっけ?」と数年前に言われたときにはびっくりしました。思いっきり納得していたのに。
 それはともかく、包丁が切れにくいと思っている方、砥ぐことをお勧めします。砥ぎ方はたくさん動画で見ることが出来るし、必要なのは砥石はホームセンターで¥2000くらい。20年使っています。ぜひ!!

 村の先輩方と話していても、包丁はもちろん農作業の道具の砥ぎ方や、鉈の砥ぎ方、チェンソーの砥ぎ方、それぞれやり方があるようで聞いていると楽しいです。時には、当人たちにとっては当たり前のことなのでしょうが、マニアックな話になり、鉈の「ハマグリ」は分るのですがノコギリの「アサリ」の調整となると気が遠くなってしまいます。その道に長けた方のお話、面白いです。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2020年6月16日 (火)

今日の牧草地

200613-001  先日エゾシカが隠れていた牧草地、角度を変えるとこのように牧草が伸びています。青空の下、太陽を浴びて伸びています。

200615-004 そして次の日、刈り倒します。(牧草を刈り、倒しておくという意味です)刈った牧草を筋状に集めておきます。家の前の7haくらいの牧草地が2時間弱で刈り倒されました。

200616-0011 左の機械がハーベスタと呼ばれるもの。筋状になっている牧草を巻き上げ、並走するトラックに積んで(吹き込んで)行きます。ハーベスタとトラックのチームワークのなせる技です。トラック一杯になると、クラクション一声でトラックは牧場へ走って行き、次のトラックの積み込みとなります。

200616-0021 積み込んでいる後ろで、追い掛けながら順番を待つ黒いトラック。間髪入れずにハーベスタと並走します。
 トラックが常に数台待っているときもありますが、今日はトラックの台数が少なかったのか、牧場へ行き戻ってくるまでハーベスタが停車していることもありましたが、2時間半ほどで全て積み込み終了。見ていてもアッと言う間の作業でした。

 それにしても緑色の牧草を食べて(配合肥料と言われる穀物も与えられています)、栄養たっぷりの白い牛乳が出来るのか?知識として仕組みは知っているけれど、不思議なものです。
 牛の皆様には、ワシワシ食べて美味しい牛乳を作っていただきたいです!!

 いったい7haの牧草地から、どれくらいのミルクが出来るのだろう?   皆様もご想像ください。答えは次回!

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2020年6月14日 (日)

今日のエゾシカ

200612-0071  朝の散歩をしていると、私の行く手を横切ったエゾシカ2頭、茂った牧草地から頭を出して、私を伺っています。先日のキツネに引き続いて、「後ろ足だけで立って、バランス悪~」と思っているのか?ピーピー鳴きながら牧草の中、彼らにとってはご馳走の中を跳ねて行きました。
 通り道をおおよそ分かっているので、罠を仕掛ければ(シカだけにね)きっと獲れるだろうな~、でも罠にかかったエゾシカをどう仕留めるかと思うとなかなかどうしたものか~、などと彼らの後ろ姿を見ながら妄想していました。(実際には狩猟免許・わな猟免許が必要です)

 日の出時間のお話です。只今一年の内で最も早く日が昇ります。この地域はなんと午前3時42分!に日の出です。秒単位まで見ると、今日明日が最も早い日の出となります。昼の長さは15時間21分ほどです。なお、今日14日の日没時間は午後7時3分ですが、もうしばらく遅くなり6月末ごろは午後7時6分となります。
 ここは北の東端なので、南の西端(石垣市)の時間も調べてみました。同じく今日が最も早い日の出で午前5時54分、こちらよりも2時間12分遅い日の出となります。また石垣市の最も遅い日没時間は、同じく6月末ごろで午後7時36分、こちらと30分しか変わらないのです。どうしてそんなことが起きるのかは、地球の地軸が傾いて太陽の周りを公転しているから・・・中学の理科第2分野でやったはずです。ぜひ思い出して下さい。
 なお、最も早い日没時間については、冬至の少し前(冬至十日前)辺りに書く予定・・・たぶん。
 日の出時間、日没時間の計算は下記URL先を参照しました。
https://keisan.casio.jp/exec/system/1236677229
 ぜひ、ご自身のお住まいの場所も確認してみてください。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール

|

2020年6月 5日 (金)

今日のカッコウ

 昨夜は恐ろしいほどの雨に雷でした。カーテンの隙間から稲光が何度も見えました。子供の頃、「雷が鳴っているときにお腹を出してると、雷様におヘソを取られる」と言われたことがありました。雷が鳴る→暑かったのが急に気温が下がる→暑かったまま裸ん坊でいると身体が冷える→身体を壊す→服を着なさい、ということだったのだなあと思います。言い伝えにもそれなりに理由があって面白いです

 自宅窓からです。午前遅くから天気は良くなり、庭でカッコウが「昨日の夜はビビったね」と言い合ってるのかな(な訳無いですが)、よく鳴いています。


 10日ほど前からカッコウが鳴き出しました。「カッコウが鳴いてから種を蒔け」と言われていますが、カッコウが鳴き出すころようやく霜が降りなくなると言われています。実際、鳴き出すのが遅かった年に遅霜が降りたこともありました。この言い伝えも、ある程度信用できるもののようです。ここ数日は20℃を越える日が続いています。東の端の遅く短い夏に向かって行きます・・・時々休むだろうけど。
 カッコウの鳴き声は動画でなくて静止画です。先日のツツドリの時とほぼ同じ場所ですが、ずいぶんと緑が広がりました。

Buratamori
https://www.nhk.jp/p/buratamori/ts/D8K46WY9MZ/episode/te/MXLPQ7WR78/

 SNSでもお知らせしていますが、明日(6月6日)夜7時30分よりNHKの「ブラタモリ」、昨年放送された釧路湿原の再放送です。お時間のある方は覧になって、無い方は録画なさって、予習、復習なさってください。また、近くの方に観るようにお勧めいただけると嬉しいです。皆さん、ご覧になってぜひいらして下さい。詳しくは画像をクリック!!

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2020年6月 1日 (月)

今日の海の幸

20200531-0081 一昨日の異常な高い気温ほどではありませんでしたが、昨日も夏日の東の端でした。
 そんな気温の中、極秘任務を携えてさらに東にある厚岸に出掛けました。赤い橋の向こうが厚岸湖、こちら側が厚岸湾。陸から流れて来る栄養と海の栄養が合わさって、美味しいアサリや牡蠣のみならず沢山の水産物を水揚げしています。(厚岸漁協水揚げ高Top20)

200531-0011 「かきめし」です。厚岸駅前、氏家待合所のかきめしを購入、海の見えるところで頂きます。

200531-0031 牡蠣、あさり、ツブ、ひじき、フキ、シイタケ、ひとつひとつが美味しい!!それらをアテにして日本酒を呑み、締めに味が染みたご飯もいいいな、と思うものの、極秘任務と車の運転もあります。ここは、純粋にお弁当をいただきます。

200531-0061 帰り道で寄った厚岸漁協直売店エーウロコにて、大きな鰯を2パック購入6尾で約¥300。立派なイワシ、決して弱くなさそうだぞ!!

Ss200531-0071 大阪産の極辛梅干しと煮て、頂きました。旨い!日本酒の肴は魚(うお・ぎょ)!!これ大事!!

Ss200531-0031 もちろん、直売店で購入した牡蠣、生で頂きました。牡蠣の味によっては赤ワインやウィスキーも!!

 暑い一日でしたが、海の風に当たり、たくさんの美味しい海の恵みをいただいた、五月最終日。いろいろあるけど、次のステップへいざ発進!!

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2020年5月31日 (日)

今日の花

S200526-0131 只今我が家の庭で最も多い花、エゾオオサクラソウです。笹を刈ったところから次々に花が咲き、年々数が増えて、株も大きくなっているようです。

S200526-0111 江戸時代には武士たちが好んで栽培したそうな。そのため江戸時代で150種以上の種類、今では300を越えるサクラソウがあるそうです。このエゾオオサクラソウ、野生の物です。

200529-0101 家の入口に大きく咲いている、クロフネツツジ。釧路の友人から頂き、10年位育っています。どんどん花が増えて来るので喜んでいましたが、ツツジに詳しい方によると間引くと大きな花が咲くそうな。間引いて見栄えの良い樹にするもの良いかなと思案中です。
 江戸時代初期に朝鮮半島から渡ってきた樹木です。黒船というとペリーなど江戸時代末期を思い浮かべますが、室町時代の頃よりやってきた外国の船は防腐剤にタールが塗られていたので、その頃から外国船を黒船と呼んだそうです。

S200531-0031 先日のブログにも書きました、オオバナノエンレイソウです。群生地とは言えませんが、庭にもずいぶんと増えました。この花が咲いた所にはいいことがあるという言い伝えがある地域があるようです。言い伝え、信じましょう!!

 昨日の鶴居村の最高気温31.5℃!!5月としては昨年の35.0℃に次いで2番目に高い気温となりました。通りで昨夜はビールが進んだはずです。この季節の高温は身体が慣れていないので、なかなか厳しいものです。暑さが厳しくなってきます、皆さん気を付けましょう!!・・・でも、そう言った途端冷え込んだりもする東の端、様々油断が出来ません。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

より以前の記事一覧