お天気

2017年2月17日 (金)

今日のオバQ

001
 雪の森を歩いていると、色んな足跡などがついていますが、先日見つけたオバQです。オバQと聞いて、おおそうだ!と思った方はそれなりの年齢で、オバQってなに?と思った方はそういう年齢です。オバQをご検索ください。

 もちろんですが、オバQではありません。では、何でしょうか???

002
 もう少し後ろから見るとこんな感じ。右側に薄っすらと・・・・・

003
 薄っすらと、細い線があります。細い線は羽先の痕のようです。辺りを見るとネズミの足跡がいくつも残っています。

 オバQにの痕に見えたのは、どうやらフクロウのようです。
 ネズミにとっては修羅場ですが、フクロウにとってはご飯!ご飯!と言ったところでしょう。
 食物連鎖、自然の厳しさの一旦を見た、雪の跡でした。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2017年2月13日 (月)

今日のエゾシカ

20170212_0081
 湿原で出会ったエゾシカ、角の具合からするともうすぐ3歳の男の子のようです。隠れたつもりのヨシがあまり茂っていないのですが、動くと見つかると思っているようで、動かずじっとしています。それならば、こちらもだまされてやろうと、彼の居る方を見ずに近寄ってみてました。
 角は一人前にですが、まだまだ幼い顔をしているようです。そんな顔としばらくにらめっことなりましたが、お互い笑うことなく引き分けとなりました。

 2月の中旬というのに、暖かいです。この時期は日ごとの平均気温が例年だとマイナス7℃ほどですが、本日の最低気温がマイナス1.7℃。1ヶ月くらい早いようです。もちろんそのまま春になるわけは無く、明後日からは平年並みになるようです。突然の暖かさ、暖かいを通り越してプラスの気温が暑く感じました。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2017年2月10日 (金)

今日のタンチョウ

Turu
 暖かくなると、と言っても最高気温が僅かにプラスになるとか、最低気温がマイナスの一桁になると、暖かく感じます。鳥や動物達、野生生物たちも、暖かくなったのが嬉しいのか、春を感じているのか、ウキウキ、ワクワクしているようです。
 給餌場に集まるタンチョウたちも、小競り合いをしている奴を尻目に、カップルで楽しくなっているのやら、それに釣られて周りで楽しくなるのやら、求愛のダンスが見られます。クルクル回って、首を出したり引っ込めたり、一人で回って、背伸びして・・・・・楽しそうです。

 昨夜外に出てみると、キツネのギャンギャンと鳴く声が聞こえてきました。鳥たちの声も、なにやら楽しそうです。
 本格的に暖かくなるのはまだ先ですが、季節が行ったり戻ったり、ゆっくりと変わって行きます。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2017年2月 8日 (水)

今日の夕陽

20170208_1371
 12月のはじめ頃南の近くで沈んでいた夕陽が、西へ西へ沈む位置を変えています。午後から雲が多かったので、今日の夕陽は見えないかと思いましたが、西の空を埋めていた雲の下から夕陽が出てきて、すぐ下へ沈みました。沈む少し前から空をオレンジ色に染めていて、雲と雲の間の空、オレンジ色です。

20170208_1041
 その少し前、湿原の川をほんのひと時赤い色にして、夕陽は沈んでゆきました。
 次々に色が変わる、釧路湿原の西の空でした。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2017年2月 5日 (日)

今日の流氷

20170204_010
 2月2日、網走に流氷が接岸しました。知床半島北側に流氷が一杯とい言うことで、昨日出掛けました。
 濃い青空の元、ウトロの近くの海は流氷で詰まっていました。どこまでも歩いてゆけそうな、ユーラシア大陸へ行けそうなくらいしっかり詰まっています。

S170204_006
 知床自然センターから15分ほど歩いて、フレペの滝です。しっかりと凍っています。

20170204_012
 滝に水が流れている様子がホロホロと流れていることから、「乙女の涙」とも呼ばれています。「君の瞳には涙は似合わない」とか言ってみました。

170204_013

 この海を知床の羅臼側から知床岬を回って、こちらウトロ側へシーカヤックでツーリングしたのはもう9年も前の事。知床シーカヤックエクスペディション093

 知床半島から網走に向かっていると、突然流氷が無くなり真っ青な海となりました。

20170204_026
 西風が吹き、流氷は東へ東へ。東から西の網走に向かっていた私とすれ違いになったところでした。網走の港付近には全く流氷は無くなっていました。水に浮いた流氷、その名のとおり風や潮に流されます。

 今年は流氷が早く、しっかりきているそうです。ぜひ、ご覧になってください。
 第一管区海上保安部の流氷情報サイトです。
http://www1.kaiho.mlit.go.jp/KAN1/drift_ice/ice_chart/ice_calendar.html

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2017年1月28日 (土)

今日の釧路湿原

20170127_045p_3
 昨日から風が強い釧路湿原です。昨日は南風が強かったせいか気温が上がり、日中は8℃(なんとプラス!!!)となり、暑さのあまり脳内お花畑が一斉に開花したようでした。でも今日はまた真冬日、まだまだ冬です。

 釧路湿原の今です。黒く見える樹は湿原でもっとも多いヤチハンノキ、河畔にはヤナギが育っています。薄茶色の部分はヨシです。2m近い高さがあるので茶色に見えますが、根元には60cmの雪がまだまだ積もっていて、またふることでしょう。川はいうまでも無く釧路川、しっかりと蛇行しています。屈斜路湖から流れ出し、後10数キロで釧路の海に注ぎます。写真右上の小高い部分は宮島岬です。細岡展望台から見た冬の釧路湿原でした。(写真をクリックすると大きくなります)

170125_002
 近くの小学校で行われるタンチョウコミニティの「タンチョウのエサ作り活動」、コーンほぐし作業のお手伝いをしました。昨春種を撒き、秋に収穫したデントコーン(飼料用のとうもろこし)を乾燥させて、ほぐします。↑↑↑これが、

170125_008
こうなって、全部で・・・

170125_010
 196kgとなりました。例年と比べると量が少なかったので、児童の間で残念の声もありましたが、「昨年は台風で雨が多く、天候のせいで収穫が少なかった」と冷静に考察し大人を感心させる場面もありました。素晴らしい!!

 コーンほぐしの様子は、タンンチョウコミニティのブログ (←←こちらをクリックしてください)に詳しくあります。子供達の作業の様子をぜひご覧下さい。そして、興味を持たれた方、いつかご参加ください!!!

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2017年1月25日 (水)

今日の鶴見橋

170124_003
 新釧路川の河口近くの鶴見橋です。ご覧の通り、川面は凍っています。一昨日は多少暖かく最低気温は氷点下の一桁でしたが、ここしばらくは氷点下二桁の後半が続いています。しっかりと、氷が張っています。

 この鶴見橋の面白いのは、

170124_0051 (画像をクリックすると大きくなります)

赤丸で囲んだ街灯、黄丸で囲んだ欄干がタンチョウをモチーフにしています。街灯の鶴が左右で16羽、欄干の鶴が街灯の間にあるので14羽です。さらに親柱(橋の入り口出口の部分)の左右にリアルな鶴が5羽ずつデザインされているので20羽。街灯と欄干と親柱のタンチョウを合計すると50羽が橋にいることになります。通ることがあれば数えてみてください。(運転中はダメだよ!)

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2017年1月23日 (月)

今日のオオワシ

20170122_0031
 じっと樹の上で何かを見つめているオオワシ、昨日の午前中に出会いました。思うのは、まだ見ぬ相方のことか、遠く離れたふるさとのことか・・・と考えるのはあまりにも擬人化しすぎですね。先ほど逃したエサのこと、次に狙うエサのこと、これからの天気のこと、そんなことかもしれません。

 午後から雪が降り始めました。

170122_0041
 天気が荒れる前日は、動物も鳥もたくさん食べるようです。天気予報を聞けるわけもありませんが、ちゃんと解っているのかタンチョウたちいつもに増して食べているようでした。

 昨日午後から降り出した雪は朝までに、30cmほど積もりました。昨日会った上のオオワシやタンチョウ、一体どうしていたのか。除雪をしながら思い出しました。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]  

|

2017年1月20日 (金)

今日の霧氷

20170120_0221
 昨夜天気予報をみていると、釧路地方に濃霧の予報が出ていました。気温の寒い時期に濃霧となると「霧氷」です。
 太陽が昇ると同時に、樹の枝にワサワサと霧氷が着き始めました。

 展望台から、釧路湿原を見ると、

20170120_0601
 曇りの空でしたが、午前9時前から天気が良くなり、様々な色がはっきりとし出しました。

20170120_0401
 写真で切り取るのが残念なくらい、釧路湿原一面に霧氷が広がっていました。

20170120_0631
 ヤチハンノキも真っ白となっていました。

 気温が上がるまで、ほんのひと時の美しい湿原の風景でした。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2017年1月15日 (日)

今日のフロストフラワー

170115_0021_2
 厳冬期に現れるフロストフラワー。川からの水蒸気がいきなり凍って作り出される、自然が作った芸術品です。気温が上がるまで、しばらくの間見ることが出来ます。ここはごく僅かでしたが、大きな湖では早朝には大規模に現れることも・・・それも時の運のようです。でも、行かねば見れない、でに寒い朝・・・もどかしいところです。

170115_0071
 スノーハイキングを楽しんでいると雪。強くない風に舞う雪は綺麗だといいながら、じっと見ていると頬が痛くなる風の中の氷点下10℃、気持ちが引き締まります。

 寒波のせいで、ここ鶴居村は最低気温が氷点下20℃を下回る日が5日間続いています。冬将軍、やる気になっています。
 また、この寒波で全国各地では、いつになく雪が降ったり積もったり、気温もずいぶんと低い様子です。くれぐれも事故や体調不良などになりませんように、お気をつけ下さい。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

より以前の記事一覧